ホーム > レガシーアプリのコンテナ環境への移行 -コンテナ化、データの永続化、Kubernetes Operator-

レガシーアプリのコンテナ環境への移行 -コンテナ化、データの永続化、Kubernetes Operator-

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  66,000円(税込) 主催  株式会社カサレアル
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  NFC0503R
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年9月15日(木) ~ 2022年9月15日(木)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

2022年11月15日(火) ~ 2022年11月15日(火)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

2023年2月24日(金) ~ 2023年2月24日(金)

カサレアル(オンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

<オンライン研修環境>
■使用ツール
動画配信:Zoom
質疑応答:Mattermost
 ※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
 ※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。  

■システム要件
・WiFi環境(以下に制約が無い事をご確認ください。)
 構築いただく環境にサーバ証明なしのhttp://でのアクセスや、3000番・8080番などのポートを使う場面がございます。
・マイク
・拡張ディスプレイをご用意いただくと、効率良くご受講いただけます。
 (1つはZoomで受講用、もう一つは演習作業用)

■操作PC
・macOS
・Windows10以降
・Chromebook

■Webブラウザ
 ・Chrome、もしくはFirefox
 ※最新バージョンを推奨します。

対象者情報

対象者
・今後、クラウドネイティブ(AWS、Docker、Kubernetes)環境を使用した業務(開発・運用・保守)を担当する方
・これまで、オンプレミスでの業務(開発・運用・保守)に携わったことがあり、クラウドネイティブ(AWS、Docker、Kubernetes)の導入に興味がある方
・クラウドネイティブ(AWS、Docker、Kubernetes)を試してみたい方
前提条件
□『オンライン研修環境』に記載のツール、機材のご用意が可能な方
□オープン系システム開発プロジェクト(基盤構築、アプリケーション開発、運用業務のいずれか)に携わった経験がある方
□基本的なLinuxコマンド操作が行える方
□基本的なTCP/IP(IPアドレス、ポート番号など)の知識がある方

学習内容の詳細

コース概要
現代のエンタープライズ・システムでは、Docker、Kubernetesなどの技術を取り込み、よりスケーラブルで堅牢なシステムの構築、運用が可能となるクラウドネイティブなシステムの活用が進められており、この クラウドネイティブに関する技術要素が急速に拡充しています。

しかし現状、オンプレミス環境で実行されているアプリケーションを、クラウドネイティブ環境へ移行するためのロードマップは、まだまだ事例が少ない上に、ますます複雑化しているといった課題があります。


本コースでは、この課題の対策として、オンプレミス環境で実行されているレガシーアプリケーションをクラウドサービス上(※)のコンテナ環境へ段階的に移行する方法を、随時ハンズオンを織り交ぜながら体験していきます。

本コースを受講することで、オンプレミスのレガシーアプリケーションをコンテナ環境に移行するための基礎を体験することができます。


※本コースでは、 クラウド環境としてAWSを使用します。
学習目標
● オンプレミスのレガシーアプリケーションをコンテナ環境へ移行するロードマップを理解できる
● Docker、Kubernetes*1でのデータ永続化方法を理解できる
● クラウドサービスのネットワークファイルシステム*2の利用方法を理解できる
● クラウドサービスのDB*3の利用方法を理解できる
● Kubernetes Operator*4の概要を理解できる

*1:本コースでは、AWSEKSを使用します。
*2:本コースでは、AmazonEFSを使用します。
*3:本コースでは、AmazonRDSを使用します。
*4:本コースでは、KubeDBを使用します。
学習内容
1. 概要と準備
  - 使用するAWS環境のセットアップ
  - オンプレミスアプリのアーキテクチャ(Tomcat、PostgreSQL、Javaバッチ)

2. コンテナ化とDocker上での実行
  - DB、Tomcat、Javaバッチ
  - 永続化、環境変数化

3. Kubernetes上での実行
  - StatefulSet
  - KubeDB
  - CronJob

4. マネージドサービスの利用
  - RDSの導入、移行
  - EFS

※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
■ 操作PC(macOS、Windows10以降、Chromebook)
■ Webブラウザ
(ChromeもしくはFirefoxのいずれかで、最新バージョンを推奨します。)
■ オンライン受講(Zoom)
● クラウドサービス(AWS)
(研修で使用するAWSアカウントは、カサレアル社で用意したアカウントを使用していただきます。)
● 統合開発環境(AWSCloud9)
(AWSCloud9は、ブラウザのみでコードを記述、実行、デバッグできるクラウドベースの統合開発環境(IDE)です。)
● コミュニケーション(Mattermost)
(Slackライクな本コース内受講専用のチャットシステムを用意しております)

※ページ上段記載の <オンライン研修環境> の内容もご確認、ご準備ください。
※使用するソフトウェアおよびバージョンについては予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。