ホーム > 【PDU対象】プロジェクトマネジメント(後編) ~成功するプロジェクト管理実践~

【PDU対象】プロジェクトマネジメント(後編) ~成功するプロジェクト管理実践~

期間  2日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  121,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  PMC0133G

対応チケット/ポイント等

  • Select6
    Select6
  • 14 PDU (Technical)
    PDU対象コース
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年11月4日(木) ~ 2021年11月5日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年11月15日(月) ~ 2021年11月16日(火)

新宿LC

  残りわずか

実施確定

2021年12月9日(木) ~ 2021年12月10日(金)

名古屋LC

  空席あり

2021年12月13日(月) ~ 2021年12月14日(火)

新宿LC

  空席あり

2021年12月16日(木) ~ 2021年12月17日(金)

大阪LC

  空席あり

2021年12月23日(木) ~ 2021年12月24日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月11日(火) ~ 2022年1月12日(水)

新宿LC

  空席あり

2022年1月24日(月) ~ 2022年1月25日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月27日(木) ~ 2022年1月28日(金)

大阪LC

  空席あり

2022年2月7日(月) ~ 2022年2月8日(火)

新宿LC

  空席あり

2022年2月21日(月) ~ 2022年2月22日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月7日(月) ~ 2022年3月8日(火)

新宿LC

  空席あり

2022年3月10日(木) ~ 2022年3月11日(金)

名古屋LC

  空席あり

2022年3月24日(木) ~ 2022年3月25日(金)

大阪LC

  空席あり

2022年3月28日(月) ~ 2022年3月29日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年4月14日(木) ~ 2022年4月15日(金)

新宿LC

  空席あり

2022年4月25日(月) ~ 2022年4月26日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年4月27日(水) ~ 2022年4月28日(木)

大阪LC

  空席あり

2022年5月9日(月) ~ 2022年5月10日(火)

新宿LC

  空席あり

2022年6月2日(木) ~ 2022年6月3日(金)

オンラインLive

  空席あり

2022年6月6日(月) ~ 2022年6月7日(火)

新宿LC

  空席あり

2022年6月9日(木) ~ 2022年6月10日(金)

名古屋LC

  空席あり

2022年6月23日(木) ~ 2022年6月24日(金)

大阪LC

  空席あり

2022年6月27日(月) ~ 2022年6月28日(火)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

◆ ◇ ◆ プロジェクトを成功に導くための必須スキルが身に付きます ◆ ◇ ◆


このコースは、「プロジェクトマネジメント(後編) ~成功するプロジェクト管理実践・PMBOK(R)Guide第5版対応~(コースコード:PMC0101G)」の後継コースです。PMBOK(R)Guide第6版に対応しています。

重要なご連絡・ご確認事項

【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています


会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。


  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャ、およびその候補者
・プロジェクト管理の社内標準を作成する方
・プロジェクトマネージャの資格・認定を取得しようと考えている方
・システム開発に携わり、より高度な手法の導入を考えている方
前提条件
□「プロジェクトマネジメント(前編) ~しっかりした計画作り~」(PMC0132G)を受講または同等の知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースはプロジェクト管理の標準化を推進し、プロジェクトの合理的な管理を可能とすることを目標にしています。
プロジェクトの実行、監視・コントロール、終結に主眼を置き、解説、演習を行います。
プロジェクトの実行、監視・コントロール、終結の手順を修得します。
リアルな事例に基づいて、プロジェクトの進捗状況、予算の消化状況を把握する演習をグループで実施します。
その上で、プロジェクト立て直し策を策定していただきます。その過程で、アーンド・バリュー・マネジメントの手法や進捗を取戻す手法を身に付けられます。予算の予測も行います。
立て直し策に潜むリスクも見出します。
その対策を立てることで、本当に立て直しできる力量を身に付けていただき、プロジェクトの成功を勝ち取る力をつけます。
学習目標
このコースを修了すると次のことができるようになります
● プロジェクトを実行する
● プロジェクトを監視・コントロールし、成功に導く
● プロジェクトを終結させ、教訓を将来に活かす
学習内容
1. 実行のプロセス
  - プロジェクト作業の指揮・マネジメント
  - 品質のマネジメント
  - 資源の獲得
  - チームの育成
  - チームのマネジメント
  - コミュニケーションのマネジメント
  - リスク対応策の実行
  - 調達の実行
  - ステークホルダー・エンゲージメントのマネジメント

2. 監視・コントロールのプロセス
  - プロジェクト作業の監視・コントロール
  - 統合変更管理
  - スコープの妥当性確認
  - スコープのコントロール
  - スケジュールのコントロール
  - コストのコントロール
  - 品質のコントロール
  - 資源のコントロール
  - コミュニケーションの監視
  - リスクの監視
  - ステークホルダー・エンゲージメントの監視

3. 終結のプロセス
  - プロジェクトやフェーズの終結

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
引越しプロジェクトのケースを用いてグループ演習を行います。
グループワークとディスカッションを行うことで、実務において最も基礎となる項目(アーンドバリュー分析、プロジェクト計画の変更等)について理解を深めます。

ご注意・ご連絡事項

・PMP(R)受験前提のための受講時間として、14時間算入できます。
・リラックスして受講できるよう、軽装(カジュアルウェア)でお越しください。
・PMI、PMP、PMBOKは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute, Inc.)の登録商標です。

おすすめのコースフロー図を見る