ホーム > KotlinによるMVVMなAndroidアプリ開発 -ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、Coroutines-

KotlinによるMVVMなAndroidアプリ開発 -ViewModel、LiveData、データバインディング、Room、Coroutines-

期間  2日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  110,000円(税込) 主催  株式会社カサレアル
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  PRC0115R
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

本コースは、オンラインで受講いただける日程が用意されております。

動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム (ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)
遠隔操作:RemoteView

※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
※Zoomのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。
※RemoteViewのシステム要件について、より詳細な情報は、こちらをご参照ください。

RemoteViewへのログインを事前にお試しいただけるアカウントをご用意しておりますので、
以下の手順を参考に、ご確認をお願いいたします。
※『オンライン研修環境』に記載の要件を満たす機材をご用意のうえ、お試しください。

対象者情報

対象者
・MVVMのアーキテクチャでAndroidアプリを開発したい方
前提条件
□『KotlinによるAndroidアプリ開発応用(PRC0105R)』コースをご受講
もしくは、
□同等の技術を習得している

学習内容の詳細

コース概要
Androidアプリ開発をより実践的なものにするためには、モダンなアーキテクチャを適用することが役立ちます。
このコースでは、モダンなアーキテクチャを適用した、Androidアプリ開発の技術を習得します。

モダンなアーキテクチャを用いたAndroidアプリを、Kotlinで開発したい方におすすめのコースです。
本コースでは、様々なAndroidアプリで採用されているMVVMを取り入れた設計で開発する方法を学習します。
Android Jetpackに含まれているライブラリなどのコンポーネントを活用した、Androidアプリ開発が出来るようになります。
より実践的な実装方法を習得したい方に、おすすめするコースです。
コースはハンズオン形式で進めていき、Androidアプリ開発を実際に体験できる多くの機会をご用意しているため、座学で知識のみを学習するよりも深く身につけることができます。
学習目標
● Android Jetpackのライブラリーについて説明する
● MVVMを用いたアプリ開発のアーキテクチャについて説明する
● リアクティブプログラミングを適用した実装方法について説明する
学習内容
1. MVVMの概要

2. ViewModel

3. データバインディング

4. Coroutines

5. LiveData

6. Room

7. 総合演習

※上記スケジュールは予定となり、当日変更する可能性がありますのでご了承ください。
※最新でより良い内容をお届けするため、一部の学習項目を予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。"

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
■ Android Studio
■ Android 4.4~8
■ Android端末
※使用するソフトウェアおよびバージョンについては、予告なく変更する可能性がありますのでご了承ください。

ご注意・ご連絡事項

・本コースは株式会社カサレアルが開催いたします。
・株式会社カサレアル開催コースのキャンセルは9営業日前まで、日程変更・受講者変更は4営業日前までとさせていただきます。