ホーム > Oracle Database 12c: SQL 基礎 I

Oracle Database 12c: SQL 基礎 I

コース基本情報

コースタイトル Oracle Database 12c: SQL 基礎 I
コースコード RAC0086V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 214,200円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年9月2日(月) ~ 2019年9月4日(水)

新宿LC

  空席あり

2019年11月18日(月) ~ 2019年11月20日(水)

新宿LC

  空席あり

2020年2月12日(水) ~ 2020年2月14日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

★「eKit」のお知らせ★
テキストは電子ファイル教材「eKit」で提供します。受講当日に教室でテキストを配布しませんので、ご注意ください。eKitの詳細については、「eKitのご案内」よりご覧になれます。


★バウチャ付きのコース(RAC0087V)もございます★


対象者情報

対象者
・データベース開発者および管理者を問わず、これからOracleデータベースに関わっていく方
・ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c の取得をお考えの方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

学習目標
● リレーショナル・データベースの基礎を理解する
● Oracle Database 12cの概要を理解する
● SQL言語を理解する
● このコースで使用するデータベースおよびスキーマを説明する
● このコースで使用する開発環境を理解する
● DMLおよびDDLを理解する
● 基本的なSQL関数を理解する
● 副問い合わせを使用する
学習内容
1. はじめに
  - コースの目的、コースの講義項目およびこのコースで使用する付録
  - Oracle Database 12cと関連製品の概要
  - リレーショナル・データベース管理の概念と用語の概要
  - SQLと開発環境
  - Oracle SQL Developerの概要
  - Oracle SQL DeveloperからのSQL*Plusの起動
  - Human Resources (HR)スキーマ
  - このコースで使用する表
  - SQL SELECT文を使用したデータの取得

2. SELECT文の機能
  - SELECT文の算術式とNULL値
  - 列別名
  - 連結演算子、リテラル文字列、代替引用符演算子、DISTINCTキーワードの使用方法
  - DESCRIBEコマンドの使用

3. データの制限とソート
  - 行の制限
  - 式内の演算子における優先順位の規則
  - 置換変数
  - DEFINEおよびVERIFYコマンドの使用方法
 
4. 単一行関数を使用した出力のカスタマイズ
  - 単一行関数と複数行関数の違い
  - SELECT句およびWHERE句における文字関数を使用した文字列の操作
  - ROUND、TRUNCおよびMOD関数を使用した数値の操作
  - 日付データを使用した算術の実行
  - 日付関数を使用した日付の操作

5. 変換関数と条件式の使用方法
  - 暗黙的および明示的なデータ型変換
  - TO_CHAR、TO_NUMBERおよびTO_DATE変換関数の使用
  - 複数の関数のネスト
  - データへのNVL、NULLIFおよびCOALESCE関数の適用
  - SELECT文における条件IF THEN ELSE論理の使用

6. グループ関数を使用した集計データのレポート
  - グループ関数
  - データのグループの作成
  - グループの結果の制限

7. 結合を使用した複数の表のデータの表示
  - 結合の概要
  - 結合のタイプ
  - 自然結合
  - 自己結合
  - 非等価結合
  - 外部(OUTER)結合

8. 副問合せによる問合せの解決方法
  - 副問合せ
  - 単一行副問合せ
  - 複数行副問合せ

9. 集合演算子の使用
  - 集合演算子
  - UNION演算子およびUNION ALL演算子
  - INTERSECT演算子
  - MINUS演算子
  - SELECT文の一致
  - 集合演算子でのORDER BY句の使用方法

10. DML文を使用した表の管理
  - データ操作言語
  - データベース・トランザクション

11. データ定義言語の概要
  - データ定義言語

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows
Oracle Database 12c

関連試験や資格との関連

ORACLE認定試験との関係 1Z0-061J 12c SQL基礎

ご注意・ご連絡事項

・オラクル認定コースにお申し込みいただいた方・申込責任者の方の個人情報は、第三者である日本オラクル株式会社と共有させていただきます。あらかじめご了承ください。
・この研修コースのテキストは、電子ファイル教材「eKit」で提供します。

受講者の声

『SQLの動作など不明点をすぐ確認していただき大変助かりました。オラクルマスター試験の内容に精通されている印象を受け、安心できました。オラクルマスター試験で出題されるポイントなども併せて教えていただきとても助かりました。12cなどの、新しい機能について、出題されることが多いとのことでしたので、網羅的に新機能を教えていただく場がほしかったです。』
『すごく丁寧で説明も上手なので、理解しやすかった。メモしている間は講義を進めるのを待ったり、気配りも抜群でした。』