ホーム > Oracle R Enterprise エッセンシャルズ

Oracle R Enterprise エッセンシャルズ

コース基本情報

コースタイトル Oracle R Enterprise エッセンシャルズ
コースコード RAC0136R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 157,080円(税込)
主催 日本オラクル
コース日程が決定次第、ご案内いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

対象者情報

対象者
・データ・アナリスト
・データ・サイエンティスト
前提条件
□統計分析に関する基礎知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Oracle R Enterprise の活用方法を説明します。ORE を使用することで、R 言語による分析を行うための実行環境として Oracle Database を活用することができます。R 実行エンジンのメモリ制約を解消し、データを準備、分析してグラフ化することで膨大なデータセットから ORE を用いて予測モデルを作成する方法を講義と演習を通して学習することができます。

学習内容:
• R 言語の基礎知識
• R の起動、ORE のロードおよび Oracle Database への接続
• ORE 透過レイヤーの使用方法
• ORE の埋め込み R 実行の使用方法
• ORE 予測分析パッケージの使用方法
• ROracle の使用方法

このコースの利点
このコースで学習する内容を活用することで、R 言語を使用して Oracle Database に格納されたデータにアクセスし、予測分析を行うための知識とスキルを習得することができます。また、R インタフェースや SQL インタフェースを使用して R スクリプトを個別、データ・パラレル、またはタスク・パラレルにデータベース・サーバー・マシンで実行する方法を学習できます。

Oracle R Enterprise (ORE) について
オラクルは、データ・アナリストおよびデータ・サイエンティストによる統計データの分析、高度なグラフの生成の実行を支援する言語および環境としてRを採用しました。
Oracle R Enterprise は、Oracle Database Advanced Analytics オプションのコンポーネントの1つです。OREによって、オープン・ソースのR統計プログラミング言語および環境がエンタープライズおよびビッグデータに対応するようになります。
学習目標
● R 言語の基礎
● R の起動、ORE のロード、および Oracle Database への接続
● ORE 透過レイヤーの使用
● ORE の埋め込み R 実行の使用
● ORE 予測分析パッケージの使用
● ORE 透過レイヤーの使用
学習内容
1. Oracle R Enterprise の概要
  - R の使用: 概要、使用者および理由
  - R のユーザー・インタフェース
  - R に関する Oracle の戦略

2. ORE の基礎
  - ORE を使用するための前提条件
  - R の起動と ORE のロード
  - データベースと ORE と基本的な対話

3. R 言語および環境の概要
  - R ヘルプへのアクセス
  - R 言語の基本
  - R でのデバッグ

4. R および ORE でのグラフ作成
  - R のグラフ・タイプ
  - R グラフィック・パッケージ
  - ORE でオーバーロードされた関数

5. ORE 透過レイヤー パート1
  - 透過レイヤーの概要
  - Oracle Database の操作
  - ORE パッケージ、クラス、および関数
  - 一般的なデータ変換とデータ型のマッピング

6. ORE 透過レイヤー パート2
  - オブジェクト永続性
  - 順序付けフレームワーク
  - データベース内サンプリングおよびランダム
  - ケース・スタディ

7. ORE 埋め込み R 実行: R インタフェース
  - 埋め込み R 実行の存在理由
  - 埋め込み R 実行
  - 埋め込み R 関数からのデータベースへの接続
  - 埋め込み R 関数内でのグラフの生成

8. ORE 埋め込み R 実行: SQL インタフェース
  - 埋め込み R 実行
  - データベース・リポジトリ内の R スクリプト
  - rq*Eval 関数を使用した出力の生成
  - 埋め込み R スクリプトのパラレル実行

9. ORE 予測分析の使用 パート1
  - OREdm パッケージでの関数の使用
  - OREmodels パッケージでの関数の使用

10. ORE 予測分析の使用 パート2
  - データベースの R モデルでのデータスコアリング
  - 時系列データの準備
  - 時系列データの予測のための指数平滑化

11. ROracle を使用したデータベースへの直接アクセス
  - ROracle の概要
  - 認証
  - 表へのアクセス方法
  - 問い合わせの実行
  - ロールバック

ご注意・ご連絡事項

・本コースをお申し込みの場合、上記の「日本オラクル開催コースの規約」を必ずご覧ください。

・オラクル認定コースにお申し込みいただいた方・申込責任者の方の個人情報は、第三者である日本オラクル株式会社と共有させていただきます。あらかじめご了承ください。
日本オラクル株式会社開催コースの受講お申し込みは8日前まで、キャンセル・日程変更の受講料の扱いは以下のとおりです。

コース開始日の7日前までにコース申し込みを取り消しまたは日程変更した場合 受講料の請求なし
コース開始前6日以内にコース申し込みを取り消しまたは日程変更した場合 受講料の50%を請求
コースに欠席またはコース当日に取り消した場合 受講料の全額を請求
・この研修コースのテキストは、電子ファイル教材「eKit」で提供します。