ホーム > ウイルスバスター コーポレートエディションTraining for Certified Professionals 実践活用編

ウイルスバスター コーポレートエディションTraining for Certified Professionals 実践活用編

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル ウイルスバスター コーポレートエディションTraining for Certified Professionals 実践活用編
コースコード SCC0212V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習+試験
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 65,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年12月17日(月) ~ 2018年12月17日(月)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2019年2月15日(金) ~ 2019年2月15日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年3月22日(金) ~ 2019年3月22日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年5月8日(水) ~ 2019年5月8日(水)

新宿LC

  空席あり

2019年6月26日(水) ~ 2019年6月26日(水)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースは最終日に認定試験を行います。
試験結果はトレンドマイクロ事務局から連絡いたします。
 ・合否連絡:メール
 ・認定証:郵送

そのため、以下の情報が必須となりますので、お申し込み時にご連絡いただけますようお願いいたします。
 〇受講者氏名、会社名、部署名、会社住所(郵送先)、電話番号、メールアドレス

対象者情報

対象者
ウイルスバスターTMコーポレートエディションを運用されているエンジニア

学習内容の詳細

コース概要
本コースは、トレンドマイクロ認定プロフェッショナルトレーニングです。
ウイルスバスター™ コーポレートエディションをご使用の方を対象に、昨今の脅威に対抗できる機能の活用方法やバージョンアップの手順など、運用に必要なスキルの習得が可能です。
学習目標
昨今の脅威に対抗できる機能の活用方法や、バージョンアップの際に必要とされるスキルの習得
学習内容
1. 最新の脅威と話題の対策
  - 企業を取りまく脅威
  - ランサムウェア
  - 昨今の脅威と対策
  - AI 技術と成熟した技術のブレンド
  - ウイルスバスターCorp.XG の入手方法・ライセンス

2. ウイルスバスターコーポレートエディション
  - データベース
  - スマートスキャン
  - Web レピュテーション
  - 挙動監視機能
  - 標的型攻撃対策機能
  - 脆弱性対策機能
  - 機械学習型検索機能

3. 運用編
  - サイジング
  - バージョンアップ手順
  - バージョンアップ計画時の考慮点
  - 上書きバージョンアップについて
  - 移行バージョンアップについて
  - トラブルシューティング
  - Corp.ログ活用の基本
  - すぐに役立つ情報源

4. 組み合わせによる対策
  - 標的型サイバー攻撃
  - 未知の脅威への対策

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
実習1. スマートスキャン
実習2. Web Reputation Service
実習3. 挙動監視と脆弱性対策
実習4. 機械学習検索機能
実習5. バージョンアップ手順
実習6. 他のトレンドマイクロ製品との連携による標的型攻撃対策(Connected Threat Defense)

関連試験や資格との関連

トレンドマイクロ認定試験との関係 Trend Micro Certified Professional (ウイルスバスター 実践活用編)

ご注意・ご連絡事項

※本コースは、実際にウイルスバスター™ コーポレートエディション(バージョン9.6以上)をご使用されている方を対象としているため、製品説明やインストールなどの基礎知識は含まれておりません。