ホーム > マルチクラウド時代のエンジニア育成

マルチクラウド時代のエンジニア育成

マルチクラウド時代のエンジニア育成


クラウドの利用は「マルチクラウド」が主流に

マルチクラウドとその目的

マルチクラウドとは、単一のクラウドだけではなく、クラウド事業者のパブリッククラウドや、自社で構築したプライベートクラウドを複数組み合わせて利用する形態のことです。

一般的に、ビジネスニーズに合わせて異なるベンダーのサービスを利用したい場合や、1社のインフラに依存するリスク回避や障害対策のために導入されます。
反面、サービス選定や管理が複雑になり、システム構築・運用の難易度が上がるため、エンジニアには高いスキルが求められるという側面も持っています。


エンタープライズ企業のクラウド戦略

米国RightScale社の2017年の調査では、マルチクラウドを利用する企業の割合が年々拡大し、2017年では全体の85%に達しました。
先進的にクラウドを活用している企業も、ビジネスニーズに合わせてマルチクラウド戦略に舵を切っています。今後、マルチクラウド化を見据えた活用戦略がより重要になることが予想されます。


↑ページの先頭へ戻る

エンジニアに求められるクラウドのスキル

豊富な選択肢の中から、最適な設計・構築・運用ができるエンジニアへ

ITインフラの構築において、すでにクラウドファーストは浸透していますが、いまだ技術・費用面の制約からクラウドに実装できない、または実装しないほうが良いシステムも存在します。
そのためビジネスニーズに合わせて、豊富な選択肢の中から柔軟にソリューションを設計・構築・運用できるスキルを持つエンジニアが求められています。

クラウドインフラのスキルを効率的に修得するには

オンプレミスの知識をベースに、クラウド特有のシステム設計や運用の知識を学習したのち、パブリッククラウドを学習すると効率的にスキルが修得できます。
一つのパブリッククラウドにとどまらず、複数ベンダーのサービスを学び知識を深めることで、より最適なソリューションを選択できます。


イメージ画像:クラウドインフラのスキルを効率的に修得するには

↑ページの先頭へ戻る

トレーニングガイド

足りないスキルを見極め、ステップを踏むと学習効果が高まります。

STEP1: オンプレミスの知識を修得

オンプレミスの知識を強化したい場合は、ITインフラ関連コースの受講を推奨します。


コースコード コース名 期間 価格(税抜)
NFC0294G ITインフラ構築実践1 ~要素技術を横断的に捉え、ITインフラを構築する~ 3日 210,000円
NFC0080G ITインフラ構築実践2 ~可用性、拡張性を考慮したITインフラを構築する~ 3日 240,000円
NFC0301G ITインフラ運用実践1 ~ツールを活用して運用管理を自動化する~ 2日 130,000円

STEP2: クラウド共通の知識を修得

※ 各ボックスをクリックすると、提供コースの詳細をご覧になれます。


マップ:クラウド共通の知識を修得 クラウドコンピューティング概要 クラウドアーキテクト・ファーストステップ 実践クラウドデザインパターン クラウド導入のためのセキュリティ概要

STEP3: ベンダー別パブリッククラウドの知識を修得

職種や用途に合わせて、各ベンダーのパブリッククラウドのスキルが修得できます。


マップ:AWS パブリッククラウドの知識を修得 AWS Technical Essentials 1 AWS Technical Essentials 2 Advanced Architecting on AWS AWS認定ソリューションアーキテクト - プロフェッショナル資格対応 Architecting on AWS AWS認定ソリューションアーキテクト- アソシエイト資格 対応 Developing on AWS AWS認定デベロッパー - アソシエイト資格 対応 Systems Operations on AWS AWS認定 Sys Opsアドミニストレーター - アソシエイトレベル DevOps Engineering on AWS AWS認定DevOpsエンジニア - プロフェッショナルレベル資格 対応 SecurityEngineering on AWS Data Warehousing on AWS Big Data on AWS

アマゾン ウェブ サービス(AWS)の認定トレーニングはこちら


マップ:Azure パブリッククラウドの知識を修得 Windows Server システム管理基礎(前編) Active Directory最小構成 実践 Hyper-Vの構成と管理 Microsoft AzureによITインフラの拡張 Microsoft Azure による LAMP 環境のホスティング  Microsoft Azureによるサイト間ネットワークの構築 Microsoft Azure インフラストラクチャソリューションの実装(#23533) 70-533  試験対応 Microsoft Azure Web Apps と SQL Database によるアプリ開発入門 Microsoft Azure ソリューションの開発 (#23532)70-532 試験対応 Microsoft Azureによる災害復旧手法 ディープラーニング ハンズオン Chainerコース

Microsoft Azure関連のトレーニングはこちら


マップ:GCPパブリッククラウドの知識を修得 Google Cloud Platform Fundamentals:Core Infrastructure Architecting with Google Cloud Platform: Infrastructure
Associate Cloud Engineer 資格対応 Architecting with Google Cloud Platform: 
Design and Process Professional Cloud Architect 資格対応 Developing Applications with Google Cloud Platform  Google Cloud Platform Fundamentals: Big Data and Machine Learning Data Engineering on Google Cloud Platform

Google Cloud Platform認定のトレーニングはこちら


↑ページの先頭へ戻る

トレノケートのクラウド関連トレーニングの特徴

トレノケートは、クラウドベンダートレーニングと、ベンダーに依存しない汎用のクラウド関連トレーニングを多数開催しています。


クラウド共通スキルトレーニングの特徴

イメージ画像

クラウドスキルの「コア」を強化

ベンダーに依存しないクラウドの特性や
基本の考え方を 学ぶことで、
視野の広いエンジニアを育成できます。

イメージ画像

豊富なラインナップ

基礎から応用まで、
段階的に学習できる
実践的なコースラインナップがあります。

一般的なクラウド人材の育成はこちら


クラウドベンダー別トレーニングの特長

イメージ画像:

多数の認定資格対応のコース

認定資格を取得すると、
個人・企業の技術力の証明になります。

イメージ画像:

全体感が分かる

独学では必要な部分だけを学ぶことになりがち。全体を見渡すことで、複数サービスを組み合わせ、便利な使い方を見つけることができるようになります。

イメージ画像:

最新情報を効率よく修得

日々新しいサービスが出てくるのがクラウドの宿命。
最新情報をベンダー認定されたプロ講師から最速で吸収できます。


クラウドベンダー別の人材育成・研修はこちら

↑ページの先頭へ戻る


無料セミナーやキャンペーンの情報をお届けします!

DM・メルマガ

トレノケートの最新情報を毎週1回メールマガジンでお届けしています。
PC、タブレット、スマートフォンなど、いつもの端末でお気軽にお読みになれます。

メールマガジンを登録する

↑ページの先頭へ戻る