ホーム > 実戦の前の “実践” - VR研修による3つの学習効果

実戦の前の


VRとは、仮想現実(Virtual Reality)の略であり、人間の五感に働きかけ、現実ではないがまるで現実のように感じられる環境を人工的に作り出すテクノロジーの総称です。
トレノケートは実践力を高めるためにVRを活用した研修を提供しています。

VR研修の学習効果

3つの学習効果

じっくり見て学ぶ

vr_leaning.PNG

「じっくり見て」学ぶ 実際に起こり得るシチュエーションにおいて、知りたいポイント自分の視点でじっくり見て学ぶことができます。

繰り返して学ぶ

vr_repeat.PNG

同じシチュエーションを十分に理解できるまで、繰り返し学ぶことができます。

VR・360°動画を使用すると

vr_360view.png

360°視点

様々な立場の視点を体験できる。自ら視点を動かすことが可能でありゲーム性も持たせやすいため、主体的に学習でき理解度が深まりやすい。

コンテンツの例

VR研修によって何が変わるのか

これまではビジネスマナーを学ぶ際に「座学+演習」の形式で行っていました。 これからは「座学+VR体験+演習」の形式で、より体験的に学習することができます。

身だしなみ

身だしなみの手本となる例をVRにより受講者がより理解しやすくなっています。間違い探し形式の設問で楽しく正誤を理解することができる力を身に着けます。

名刺交換

名刺交換で新入社員が最も迷ってしまう手元の所作・一連の流れを、名刺交換している人の視点で確認できるようにしました。またよくある間違いも体験して学習することができます。

会社訪問

会社訪問した際にお客様側からはどう見えているのかを体験しながら学びます。
他人からどう見えているのかを確認することができるため、立ち居振る舞いへの意識が高くなります。

コンプライアンス

オフィスエリアを想定したVRで、どの部分が不適切であるのか間違い探しをしながら学習することができます。SNSに慣れ親しんだ新入社員には当たり前でも、コンプライアンスとして誤っていることを体験学習できます。

動画をご視聴いただく際は以下のブラウザを推奨いたします。
その他のブラウザでご視聴の場合、動画を快適にご視聴できない場合があります。
(推奨ブラウザ〉
・Google Chrome(最新版)
・Mozilla Firefox(最新版)
・Opera(最新版)


対応コース一覧

ビジネスマナー

↑ページの先頭へ戻る



特記事項

  • ※ゴーグルを使用することでご気分が悪くなることもございます。
  • ※ゴーグルを使用する際には、座席にお座りのままの状態で使用します。仮にゴーグルを使用したまま移動するとケガの恐れがあります。
  • ※本内容は、現在のサービスレベルとなります。内容は予告なく変更される場合がございます。


↑ページの先頭へ戻る



無料セミナーやキャンペーンの情報をお届けします!

トレノケートの最新情報を毎週1回メールマガジンでお届けしています。
PC、タブレット、スマートフォンなど、いつもの端末でお気軽にお読みになれます。

メールマガジンを登録する