ホーム > キャンペーン情報 > WBSとは?計画のコツを押さえて、段取りベタを改善

WBSとは?計画のコツを押さえて、段取りベタを改善

「デキる仕事計画術」無料受講キャンペーン

仕事の効率化は「段取り」にあり


段取りが出来れば仕事の80%は終了!?

「もっと仕事を効率的に終わらせたい」......ビジネスパーソンであればおそらく、一度は持つ悩みです。なぜ、非効率なやり方になってしまうのか?多くの場合、それは「計画不足」に原因があります。

「段取り八分(はちぶ)」という言葉があります。物事の準備や計画がしっかりしていれば、それで8割方は終わったも同然である、という意味の格言です。

裏を返せば、段取りが出来ていない仕事は、本来であれば残り20%でよかったはずのものが丸々100%残っているということですから、極論、5倍時間がかかってしまうことになります。さすがにこれは大げさな計算ではありますが、「段取りベタ」であるとより仕事に時間がかかってしまうのは皆さんも実感としてあるのではないでしょうか。

いくつ経験がある?段取りベタ「あるある」

では具体的に、「段取りベタ」だとどのようなことが起こるのでしょう?
仕事中に見かける、ありがちな例をご紹介いたします。
経験があるものをクリックして、いくつ当てはまるかご自身でもチェックしてみましょう!


↑ページの先頭へ戻る


段取り上手になるためのお助けツール

計画の立て方の勘所

実はこれらは、ちょっとした計画の立て方のコツを学ぶことで改善できるのです。
次の3点を押さえることで、非効率の原因となる小さなトラブルを未然に防ぐことに繋がります。

1)仕事の内容・進捗を見える化する
2)作業や役割分担の抜け・漏れをなくす
3)スケジュールを明確にする


タスク分解の手法、WBSを活用!

このように、必要な作業を洗い出してスケジュールを立てる、と言葉にするのは簡単ですが、現実にそれを行おうとするとなかなか骨が折れるものです。 そんな時に利用したいのが、WBS。これは、お仕事(Work)の内容を分解(Breakdown)し、構造化(Structure)=見える化したものです。計画を立てるための手法としては最も汎用的な技法と言われています。このWBSを普段の実務に取り入れることで、仕事を見える化し、作業の抜け漏れを防止することができるようになります。

WBSとは?計画のコツを押さえて、段取りベタを改善 WBS

↑ページの先頭へ戻る


仕事の進め方を改善できる、半日コースが登場

「仕事が効率化できるとはいえ、そのために1日以上かかる研修には参加できない」、そんな忙しいビジネスパーソンの方も多いのではないでしょうか。そんな方でも参加いただけるよう、計画時に活用可能なツールや技法を半日にぎゅっとまとめたコースを開発しました。それがこちらです!

デキる仕事計画術 ~プロジェクトマネジメント技法を活かした上手な仕事の進め方~

半日と短い時間ですが、その場で実践する演習も含まれ、実務でもすぐに活用可能!業種・職種を問わず、あらゆるシーンで活用できるスキルを習得できますので、日々の仕事を効率化したい、そんな全てのビジネスパーソンにお届けしたいコースです。


↑ページの先頭へ戻る


仕事に「プロマネ」の知識を取り入れる

プロジェクトマネージャーだけではもったいない

こちらのページでご紹介しているWBSは、実はプロジェクトマネジメントの技法の1つです。
プロジェクトマネジメントは、多くはIT企業でもちられているプロジェクト管理の手法です。その知識体系をまとめたPMBOK(R) ガイドに含まれる技法やツールは、上手く活用すれば多くのビジネスパーソンにも役立ちます。
こちらにその一例をご紹介しますので、ご興味のある方はぜひこちらもご参加ください。


WBSとは?計画のコツを押さえて、段取りベタを改善


プロジェクトマネジメントのエッセンスを含む関連コース

1. 汎用的に活用できる「コミュニケーション・マネジメント」

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
HSC0072G 2日 82,000円
HSC0038G 2日 98,000円
HS0035CG 2日 96,000円

2. チームビルディングに効く「資源マネジメント」

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
ON026 2日 100,000円
HSC0047G 2日 100,000円

3.仕事全体を効率化する 「スケジュール・マネジメント」

コースコード コース名 期間 価格(税抜)
PMC0119G 1日 50,000円

↑ページの先頭へ戻る


ご質問、お問い合わせはお気軽に!

お問い合わせフォーム

定期コースのお申し込み方法やご利用方法、一社向けでのご活用など、まずはお問い合わせください。

お問い合わせフォーム


↑ページの先頭へ戻る