合同新入社員研修【MIX TRAIN】

mixtrain_main.png

複数社の新入社員が切磋琢磨する、ITエンジニア育成のための新入社員研修

MIX TRAINは、1社向け新入社員研修NEW TRAIN® で実績のある、 ITエンジニア育成のための研修をパッケージしています。 ビジネスマインド・ビジネススキルはもちろん、IT基礎のコースを全て網羅しており、 繰り返しのテストの実施、復習日での弱点補強など確実な知識定着の工夫が随所に施されています。 また、学習内容の総仕上げとして、カリキュラムの最後に総合演習を実施し実践力を養います。

MIX TRAINカリキュラム

MIX TRAINは、業種・職種に合わせて2つのカリキュラムから選択できます。
機材や環境を用意するのが難しい少人数の新入社員研修におすすめです。トラック途中までのご参加も可能です。
東京・大阪・名古屋・福岡の4都市で開催予定です。

インフラ技術者育成【Infraトラック】
 (東京・大阪・名古屋・福岡)

少人数・社内研修では実機環境の用意が困難なネットワークとサーバーシステムについて、構築における一連の流れを豊富な演習を行いながら学習するカリキュラムです。
コース単体でのご受講も可能です。お気軽にお問い合わせください。

アプリケーション開発者育成【Javaトラック】
 (東京・大阪・名古屋)

業務系システムやWebアプリケーションの開発言語として幅広く利用されているJavaを用いて、システム開発における一連の流れを学習するカリキュラムです。
コース単体でのご受講も可能です。お気軽にお問い合わせください。

新入社員研修「MIX TRAIN」の特徴

新入社員でよくあるお悩み・ご相談

CASE.1

  • 新入社員育成に費用があまりかけられない
  • 研修に助成金を使いたいが申請の仕方がわからない

CASE.2

  • 現場で必要とされる技術が増え、OJTだけでは指導しきれない
  • 採用を増やしたが、育成方法が確立されていない

CASE.3

  • 内容や運営サポートの質が低いのではないかと心配
  • テーマごとに講師が変わると引継ぎや情報共有が不安

CASE.4

  • 社会人の基礎的なビジネス力をしっかり身につけさせたい
  • 新入社員の自律性やモチベーションを高めたい

MIX TRAINが解決します!

  • 少人数でもローコスト
  • 助成金申請書類作成サポート付
  • ◆1名様から参加可能
  • ◆10名様以下の場合に大変お得な価格体系
  • ◆キャリア形成促進助成金の申請書類作成をサポート
  • 選べるカリキュラム
  • 実機演習で現場力UP
  • ◆Infraトラック、Javaトラックから選択可能
  • ◆充実の実機演習
  • 一社向け研修と同等の手厚いサポート
  • 専任PMが運営担当
  • ◆一社向け研修サービス同様の運営・学習効果最大化のサポート
  • ◆専任プロジェクトマネージャーが準備、運営、報告まで一貫して担当
  • ビジネスマインド&スキル研修も実施
  • 社外同期と切磋琢磨
  • ◆全カリキュラムで最初に「ビジネススキル&マインド研修」を実施
  • ◆社外同期との切磋琢磨、チーム活動を通じて、モチベーションをアップ

↑ページの先頭へ戻る

MIX TRAINサポートメニュー

PM(新入社員研修プロジェクトマネージャ)制度

専任のMIX TRAINプロジェクトマネージャ(PM)がMIX TRAINの運営と研修効果の最大化をサポートします。 PMは、カリキュラム策定やそれに伴う各種手配から文書作成、報告などを講師と連携し、貴社研修担当者様とコミュニケーションしながら行います。 PMがお客様窓口として対応しますので、カリキュラムごとに講師が交代しても引き継ぎもスムーズ。 縁の下の力持ちとして、研修担当者様と受講者の皆様を支えます。

PM(新入社員研修プロジェクトマネージャ)制度

運営サポートメニュー

1.「研修の手引き」事前配布&研修初日にオリエンテーション実施
  • 研修全体の目的・目標、日程、1日の予定、会場案内、各コース詳細(目標・学習内容)、受講の心構えなどが記載された受講者用「研修の手引き」を事前に配布し、研修初日に「研修の手引き」をもとにしたオリエンテーションを実施します。
  • 全体像の把握や、何をどう学ぶかのマインドセット醸成ができます。
2. 日直制度実施
  • 各トラックの受講者のうち、日替わりで1日1~2名の日直担当者を設定し、あいさつ号令や受講者の取り纏めなどを行って頂きます。
  • 全員がリーダーシップを発揮する機会になるとともに、「研修は新入社員が主体的に行うもの」という意識づくりができます。
3. 「受講日誌」(日報・週報) 記入
  • 受講者は毎日の日報に、その日の学習目標と達成度の自己評価や、学習中の気づきなどを記入します。
  • 記入内容は、毎日講師が目を通しフィードバックします。受講者自身で目標達成度を管理しつつ、講師のフィードバックを受けることで、振り返る習慣を身につけます。
  • 各週の最終日には週報も記入し、1週間の活動成果を報告書形式にまとめます。
4. 確認テスト実施
  • 各ITコース終了時に内容理解度をはかるため、確認テストを実施します。
  • 多くの受講者がつまずいている設問箇所は復習を行います。
  • 終了報告時には、受講者ごとの結果や各社確認テスト結果との比較もご提示します。
5. 構築演習実施
  • 学習内容の総仕上げとして、お客様へのインタビューから要件定義・設計・コーディング・テスト・納品までを疑似体験する構築演習を実施します。
6. 発表会実施
  • 構築演習で自分たちが作り上げたシステムの発表会を最終日に行います。
  • 研修全体を通じて自分たちの学んだこと、気づいたこと、今後やるべきこと等も整理して発表することで、終わりではなく次のステップへ始まりであることを意識づけます。
7.「終了報告書」提示
  • 研修終了後、講師の所感、受講者個人毎のコメント等を記載した「終了報告書」をご提示します。
  • 次年度に向けたご提案なども含まれますので、次年度の貴社新入社員研修設計にお役立て頂けます。

↑ページの先頭へ戻る

MIX TRAINご活用事例

下記ページに「MIX TRAIN」の活用事例をご紹介しております。ぜひご参照ください。

新入社員研修活用事例

↑ページの先頭へ戻る

新入社員研修運営チェックリスト

新入社員研修ご担当者さまの不安を解消!

新入社員研修は通常の研修と比べてボリュームも多く、ご担当の方にとって大きな負担です。

年に一度ということもあり、「前回通り」と言っても状況や関係者が変わっていたり、細かいところまで覚えていられない...ということも多いのではないでしょうか。

そこでお役立ていただきたいのが、トレノケートオリジナル「新入社員研修運営チェックリスト」です。


新入社員研修運営チェックリストとは?

新入社員研修の運営のための確認事項を1冊にまとめました。

  1. チェックリスト:目標設定から運営まで、スムーズに進めるための確認事項
  2. メモ欄:決定事項や検討項目を整理

運営チェックリスト目次

新入社員研修運営チェックリストプレゼント

↑ページの先頭へ戻る

キャリア形成促進助成金を活用して研修費用を大幅削減

「キャリア形成促進助成金」の活用で、研修費用を大幅削減できる可能性

厚生労働省の「キャリア形成促進助成金」を活用することで、研修費用の実質負担額を大幅に削減できる可能性があります。
トレノケートでは助成金に精通した社会保険労務士の支援の下、お客様の申請書類作成のサポートを致します。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

※助成金の受給は条件を満たし、申請が認定された場合に限ります。
※弊社サポートは必ず助成金を受給できることを保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

↑ページの先頭へ戻る

困ったら、無料相談会へ

どの研修を受けさせたら良いか、わからない時は、無料相談会をご活用ください

無料相談会では、人材育成や新入社員研修の経験豊富なスタッフが、新入社員育成に関するご相談を無料でお受けします。
お気軽にご活用ください。

▼新入社員・若手社員育成無料相談会はこちらから▼ 新入社員・若手社員育成無料相談会

↑ページの先頭へ戻る

新入社員研修TOPへ

新入社員研修のご相談・お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

新入社員研修のカリキュラム、ご希望受講人数など、まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ