ホーム > 法人向けサービス事例 > 研修サービス事例: 新入社員研修で社外同期と切磋琢磨

株式会社サザンクロスシステムズ

新入社員研修で社内同期と切磋琢磨

「ITを通して地元 宮崎に貢献したい」との思いを掲げ、2007年東京で事業を開始したサザンクロスシステムズ様。 東京、福岡、宮崎を結ぶ「地域活性化のできる稀有なIT企業」として事業を拡大していらっしゃいます。
トレノケートは、2015年から2018年にわたり、4年連続で新入社員研修を担当しました。

お客様 会社概要

商号:株式会社サザンクロスシステムズ
資本金:3,750百万円
業務内容:医療業務・企業基幹業務システムの企画・設計・開発事業
従業員数:70 名(2018年4月1日 現在)
URL: https://www.scsys.co.jp/




↑ページの先頭へ戻る

今回お話を伺ったのは

社員を大切にし、技術だけでなく「人間」を育てる教育に力を入れるサザンクロスシステムズ様。
トレノケートが4年連続で担当する「新入社員研修 MIX TRAIN(R)」についてお話を伺った。


代表取締役社長永田英一郎様

代表取締役社長
永田 英一郎様

経営企画部 部長 江藤 泉 様

経営企画部 部長
江藤 泉 様



選定の理由

要求分析・開発・テストから納品まで経験できる

-新入社員研修は、以前は自社で内製されていたのですか?

江藤様:
一部を内製していました。その頃、教育担当は新入社員研修に数か月かかりきりでした。研修実施・運営管理だけではなく、教材を改定したりなど他の工数もかかっていましたから大変です。ビジネス基礎力、Java、DBなど複数分野の研修や運営を一括でお任せできることは条件の一つでした。

-弊社の新入社員研修、MIX TRAIN®を採用いただいた理由は?

江藤様:
1つ目は「開発プロジェクトを擬似体験できること」です。要求分析・開発・テスト・納品まで業務を体験できることを最重視しました。2つ目は「他社の新入社員と一緒に学べる経験ができること」ですね。
永田様:
技術だけでなく、人間を育てる教育に力を入れている私達にとって、新入社員が他社と交流し、切磋琢磨できることは大きな魅力です。「社外同期」のメンバーとは今でもプライベートで交流があり、良い刺激になっているようですよ。

↑ページの先頭へ戻る


研修への評価

きめ細やかな指導と利用価値の高い報告書

-弊社のカリキュラム、講師、 運営サポートなどに関しては いかがでしたか?

江藤様:
初心者にわかりやすく、経験者にも復習になる良いカリキュラムだと思います。運営も全体を通してスムーズでした。 特に講師の方が個人の特性を把握して細やかに指導していたのが印象的でした。 別のグループのメンバーに対して、失礼ともとれる態度があった際も、理由を示しながら諭すなど、小さなことも見過ごさずに的確に対応していました。
永田様:
特に報告書はとても役に立ちましたね。 スキル評価が点数化されており、個人別コメントもついていることで、特性や適性がとても分かりやすい。 人事評価や、配属の参考資料にも加えています。


↑ページの先頭へ戻る


研修の効果

リーダーの経験を活かしてスムーズに現場になじむ

- 新入社員の方に、 どのような成長が見られましたか?

インタビュー写真
永田様:
システムを作り上げる喜びを感じ、業界や技術に苦手意識を持たず、前向きに取り組んでほしいという想いがありました。楽しみながら成長できている様子が、何より良かった点ですね。
江藤様:
「リーダーとしての経験ができる」ことも大きな効果です。開発プロジェクト演習を、2 回グループで取り組む経験を通じて、リーダーの苦労が身に沁みます。すると実際に現場に入った後、どう振る舞うべきかが分かるようになるんです。 納期や業務遂行に対する責任感も意識付けできていました。これらは、毎日地道に繰り返すことで身に付いたものだと思います。

- 新入社員の方は、現場にスムーズに移行できましたか?


江藤様:
配属後は、2~3年目の先輩社員によるOJTが行われます。同じ育成プロセスを経験しているのでレベル感や新入社員の気持ちも理解できるため、とてもスムーズに行っています。離職も本当に少ないですね。


↑ページの先頭へ戻る

助成金

無償サポートのおかげで8割の助成金を受給

-助成金のサポートに関してはいかがですか

江藤様:
申請計画や書類の準備のほか、領収書を出していただいたり、おかげで無事に申請が受理されました。 この無償サポートサービスがなければ申請は難しかったと思います。
永田様:
条件がうまく合致したこともあり、8割ほどの助成金を受給できました。

今後の期待

採用の多様化への対応と新規分野への挑戦

-今後トレノケートに期待することをお聞かせください

江藤様:
来年の新入社員は、ITに関する前提知識にばらつきが大きいことが分かっています。特にITスキルが高い社員をより伸ばせるような、難易度の高い自習課題などを用意いただけると有難いです。
永田様:
AIやIoTなど新規分野への挑戦をはじめます。また中途や第2新卒の採用も開始するので、4月以外にも研修の要望が出てきます。これらに関する研修についても相談できたらと考えています。

- 貴重なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。



↑ページの先頭へ戻る

MIX TRAIN® Javaトラック

2018年度新入社員研修のカリキュラム

カリキュラム 日数
Java初級技術者育成 IT基礎研修
Javaプログラミング研修
アプリケーション開発演習(Consoleアプリケーション版)
31
Webアプリケーション
開発技術者育成
JavaによるWebプログラミング研修
アプリケーション開発演習(Webアプリケーション版)
17

複数社合同新入社員研修 MIX TRAIN(R) 詳細はこちら
https://www.trainocate.co.jp/newtrain/mixtrain.html



↑ページの先頭へ戻る

事例ダウンロード

PDFダウンロード

サザンクロス紹介パンフレット表紙

本ページ掲載内容をPDFファイルでダウンロードできます。

事例PDFダウンロード (551kb)


↑ページの先頭へ戻る

ご質問、お問い合わせはお気軽に!

定期コースのお申し込み方法やご利用方法、一社向けでのご活用など、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ