ホーム > 新入社員研修 2019

新入社員研修 2019

世界11の国と地域に展開するトレノケートが、
未来を担う新入社員を育てます

ビジネスのグローバル化、そして第四次産業革命の時代。これからのビジネスパーソンには単一のスキルではなくIT、ビジネス、そしてグローバルに対応できる総合的なスキルが求められます。世界11の国と地域・17拠点に展開し、1000以上のトレーニングラインナップを提供するトレノケートが、貴社の新入社員を、未来を担うITプロフェッショナルに育成します。


新入社員研修 2019


新入社員を育てるにあたって 8つのやるべきこと

8つの基本と実行タイミング

図:採用したい人物像の明確化
1. 採用したい人物像の明確化 2. 内定者フォロー(研修含む) 3. 育成全体の企画会議 4. 新入社員研修キックオフ 5. 新入社員研修の運営 6. OJT制度運営の説明会 7. OJT運営、現場の情報収集とケア 8. 一年目のふりかえり

会社のビジョンを実現できる「人材像」を定義されていますか?「人材像」は抽象度が高くなることが多いため、「何ができる人」など、具体的な行動までが共有できているとよいですね。

内定者研修は、学生の「内定辞退の防止」「リアリティショック※の軽減」に効果的です。せっかくの機会なので、社会人に必要な準備も、少しずつ進めたいところ。

※リアリティショック:思っていた理想と、職場の現実に衝撃を受けること

トレノケートができること

内定者研修の設計、運営をご提案します。演習中心で楽しみながら、同期社員となるメンバとのチームワークを深め、帰属意識を高めさせていきます。学生の負荷にならないよう、社会人スキルを提供する場づくりを行います。

新入社員研修担当者、配属後のOJT担当者共に、育成に関わる人として、合同で新入社員の育成の仕組みを検討しましょう。新人研修担当者と、OJT担当者が異なる場合は、一緒に意識合わせすることで、同じ方向を向きやすくなります。採用した部署と、新人研修を運営する部署が異なる場合は、採用時~内定期間に伝えた情報や、得られた情報の引き継ぎも行います。

トレノケートができること

20年以上の新人研修の実績から、貴社に最適な設計、運営、フォローをご提案します。

新人研修を企画する
  • 新人研修の役割分担や運営ルールの設定
  • 新入社員研修のゴールの設定
  • 教育ベンダの選定 など
OJTの仕組みを検討する
  • OJTの役割分担や運営ルールの設定
  • OJTトレーナーの任命
  • OJT担当者の教育支援(研修含む) など

ここまで準備を進めてきた内容が、どのように決定したか、また今後滞りなく進めるためにどうしていくかを、関係者に情報共有します。社内にはもちろんのこと、必要に応じて各教育ベンダーへも行うことで、新人研修に向けて意識合わせを行います。

トレノケートができること

各社ごとに、研修要件をまとめた「研修の手引き」を作成し、納品します。こちらをもとに、円滑に新人研修を進めるための意識合わせを行えます。

新入社員が確実に成長するよう、事務局、講師が協力し、支援していきます。事務局と講師には、的確な情報共有と、信頼関係が必須です。

トレノケートができること

研修運営には学習効果を高めるための施策(後述)を盛り込み、トレーニング理論に裏付けられた講師が担当します。研修終了時には、ご希望に応じたレベルで報告書を提出します。配属先部門への報告や配属先決定の参考資料にご利用になれます。
運営に関するチェックリストをご希望の方は、お問い合わせ・資料請求よりお申しつけください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

配属先のOJTトレーナー向けに、制度説明や、トレーナーの役割を説明します。ここでしっかりと、OJTトレーナーの意義や、トレーナーをすることのメリットなどを伝えるのがおすすめです。

トレノケートができること

2003年からOJT制度のお手伝いをしている実績があります。OJTトレーナー向けの研修、「後輩の教え方育て方」「OJTトレーナーワークショップ」や、OJTトレーナーの上司に向けての「上司向けセミナー」を行い、「組織全体で新人を育成する」お手伝いします。

OJTが進んでいくと、OJTトレーナーにも、新入社員にも、不満や不安が出てくるものです。
トレーナーが「人事から丸投げされた」と感じることのないよう、しっかりとフォローの体制を整え、支援していくことが必要です。新入社員にも、コミュニケーションをとるとよいです。アンケートを取るなら、OJTトレーナーと、新入社員の両方をとるのがおすすめです。

トレノケートができること

2003年からOJT制度のお手伝いをしている実績があります。OJTトレーナー向けに「OJTフォローアップ」を行い、OJTトレーナーの情報共有と、必要スキルの提供の場づくりを行います。

OJTが終了し、いよいよ新入社員は独り立ちします。この後、期待する人材として活躍するために、気持ちよく後押ししたいものです。また、制度を見直し、次年度に反映するための準備も、この時期にします。

トレノケートができること

新入社員およびOJT担当者に向けたフォローアップ研修を行います。新入社員には、「新入社員フォローアップ」や「トランジション・マネジメント」の研修で、この一年をふりかえり、次のステージに行くための機会を提供します。OJTトレーナーには確実に独り立ちさせるための「OJT手離れワークショップ」がおすすめです。このワークショップで得た情報は、次年度の制度に取り入れることができます。

↑ページの先頭へ戻る

3つのタイプの育成ラインナップ

↑ページの先頭へ戻る

学習効果を高めるための施策

講師や教材、環境や運営などさまざまな要素を工夫することで新入社員の学習効果は大きく変わります。トレノケートでは下記のような施策を基本として、コース運営や教材づくり等に取り組んでいます。

学習効果を高めるための施策 演習動画の一部をVR化し体験可能 研修の内容の定着度を高める工夫をする
  • 全体的な学習効果を高める工夫をする
    1. 研修の目的や目標を受講者に説明し理解をうながす
    2. 目標へのマイルストーンや現在地の理解をうながす
    3. 楽しく学べる工夫をする
    4. 安心して学べる雰囲気をつくる
    5. トレーニング中の体調管理や眠気対策を行う
  • 研修の内容の理解度を高める工夫をする
    1. 受講者の前提知識や状況を考慮し、知識の段階的な積み上げを行う
    2. 概念や機能などは図解してイメージできるようにする
      NEW:演習動画の一部をVR化し体験可能
    3. 目標と手段、原因と対策のようにつながりのある理解をうながす
    4. 受講者の理解度を把握し対策をとる
  • 研修の内容の定着度を高める工夫をする
    1. 学習内容を忘れる前に復習を行う
    2. 実践を想定したトレーニングを行う
    3. 習得したことを様々な形でアウトプットする
    4. 定期的な振り返りと改善を行う
    5. 適切なフィードバックを随時行う
資料請求・お問い合わせ写真

「どの研修を選べばいい?」
「助成金の活用はできる?」


まずはお気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る

人材育成の専門企業 トレノケート

ITスキル、ビジネス推進力、グローバル対応力など、多様なスキルが求められる時代です。トレノケートは、人材育成を通じてお客様のビジネスの成長を支援します。

トレノケート新宿ラーニングセンター

トレノケート 新宿会場ロビー

世界11の国と地域に展開するグローバルな企業

私たちトレノケートグループは、世界11の国と地域、17拠点で事業を展開する 「グローバルIT人材育成のリーディングカンパニー」です。世界の最前線で活躍するITプロフェッショナルの育成を支援します。

世界11の国と地域に展開するグローバルな企業

ITベンダーから選ばれる人材育成企業

トレノケートはITビジネスを牽引する世界有数のベンダーの正式な認定研修機関です。ITベンダーがトレーニングサービスを国内外で展開する際のパートナーとしてトレノケートが選ばれています。また、各社からのアワード受賞実績も多数あります。

アワード受賞履歴を見る

世界11の国と地域に展開するグローバルな企業

人材育成専門企業として20年以上の信頼と実績

人材育成専門企業として20年以上の経験をもとに、さまざまな分野のITトレーニングとビジネストレーニングを開発・提供しています。ハイレベルのテクニカルスキルとティーチングスキルを兼ね備えた講師陣によるトレーニングは、お客様から大変好評をいただいております。

提供コース数1000以上

画像:提供コース数

お取引リピート率90%以上

画像:提供コース数

お取引企業約1,700社

画像:お取引企業

↑ページの先頭へ戻る

講師紹介

[Photo] 山内 翼

山内 翼(やまうち たすく)

IT系企業に15年間在籍。エンジニア、プロジェクトマネージャ、社内教育の企画立案/運営/講師にて活動。現在はプロジェクトマネジメントとヒューマンスキルの講師を担当。
これら2つの融和性を高めた研修をIT業界に限らず幅広く提供している。
新入社員研修は講師にとっても一期一会の機会。「大切な新入社員の大切な未来創りを全力でサポート」することをモットーとしている。

資格・認定
PMI®認定PMP®
CPCC(CertifiedProffesionalCoactiveCoach): CTI認定コーアクティブ・コーチ
一般財団法人 日本教育推進財団 認定 コミュニケーション・トレーナーなど
[Photo] 岩淺 こまき

岩淺 こまき(いわあさ こまき)

トレノケートが提供する新入社員研修サービスの企画・運営に参画。
また、新入社員研修内容の開発から研修講師・運営まで、内定者研修、新入社員研修、講師養成、OJTトレーナー育成研修など、新入社員を育てる一連のプロセスに関わる。
「ビジネス/ヒューマンスキルに長けている人はトクをする」を実感してから10年、受講者が効率よく効果的にビジネス/ヒューマンスキルを学べるように、活動し続けている。
研修中は、「どのように相手と関わりあい、フィードバックすると、お互いの成長につながるのか」を大切にしている。

資格・認定
産業カウンセラー
[Photo] 古賀 聖人

古賀 聖人(こが まさと)

IT系企業に10年間在籍し、Webアプリケーション等の開発・保守に従事。
また、都内私立大学に非常勤講師として勤務。
現在は、ITインストラクターとして主にクラウド関連トレーニングを担当。
トレーニングの実施だけでなく、新入社員研修も含めニーズに合わせたトレーニングコースの提案・開発など幅広く活動している。
Google Cloud Platform 認定トレーナー。

資格・認定
Google Cloud Certified - Professional Cloud Architect
[Photo] 神田 直也

神田 直也(かんだ なおや)

金融系SIerでネットワークを中心に設計・構築を担当。
実務経験を活かし、現在はネットワークやITインフラの設計、構築、運用管理に必要な幅広い技術のトレーニングを担当。
「システム全体を俯瞰できるエンジニア」の育成に注力している。

資格・認定
Cisco認定インストラクタ
CCNP Routing & Switching
情報処理安全確保支援士
[Photo] 森 理子

森 理子(もり あやこ)

外資系SIerに10年間在籍。保険会社を中心に要件定義から導入までのシステム開発や開発/運用フローの標準策定、進捗管理などを実施。
現在はプログラミング言語や要求定義、品質管理などのシステム開発に必要な幅広い技術トレーニングを担当し、コース開発、研修実施、運営まで行っている。
研修では、学習内容を実務で応用できるように、「なぜ」必要なのか、「なぜ」そうなっているのかを伝えるように心がけている。

資格・認定
Oracle認定インストラクタ他
[Photo] 廣岡 雅人

廣岡 雅人(ひろおか まさと)

IT系企業に7年間在籍。金融系企業のシステム開発・保守のエンジニア、プロジェクトマネージャとして、要求定義から設計、プログラミングまで幅広く担当し技術を取得。
これらの経験を活かし、現在はJavaプログラミング研修やデータベース、IT基礎研修講師を担当。
新入社員研修では、知識として身につけるだけでなく、自ら考え現場で活かせるように、考え方を丁寧に伝えることを心がけている。

↑ページの先頭へ戻る

新入社員研修での豊富な助成金申請サポート実績

2019年度新入社員研修で「人材開発支援助成金」を利用できる可能性があります。
中小企業で約半額、大企業でも研修費用の1/3程度が助成される、大変お得な制度です。
トレノケートの研修では、多くのお客様が助成金を活用なさっています。
申請方法や留意点など、新入社員研修での助成金活用は、実績豊富なトレノケートにぜひご相談ください。

人材開発支援助成金「若年人材育成訓練」の助成率・助成額

図:人材開発支援助成金「若年人材育成訓練」の助成率・助成額

↑ページの先頭へ戻る


新入社員研修運営チェックリストをプレゼント

新入社員研修ご担当者さまの不安を解消!

新入社員研修は通常の研修と比べてボリュームも多く、ご担当の方にとって大きな負担です。

年に一度ということもあり、「前回通り」と言っても状況や関係者が変わっていたり、細かいところまで覚えていられない...ということも多いのではないでしょうか。

そこでお役立ていただきたいのが、トレノケートオリジナル「新入社員研修運営チェックリスト」です。

イメージ「新入社員研修運営チェックリスト」

新入社員研修運営チェックリストとは?

新入社員研修の運営のための確認事項を1冊にまとめました。

  1. チェックリスト:目標設定から運営まで、スムーズに進めるための確認事項
  2. メモ欄:決定事項や検討項目を整理

新入社員研修のCHECK POINT

  • まずは体制を決めましょう!
  • 新入社員研修の目的について
  • 前年度新入社員研修の振り返りについて
  • 新入社員研修の環境について
  • 新入社員研修の受講者とクラス運営について
  • 新入社員研修の出勤方針について
  • 研修ベンダーの体制について
 
  新入社員研修運営チェックリストプレゼント
  
    
 

↑ページの先頭へ戻る