ホーム > 研修への助成金活用のご案内

研修への助成金活用のご案内

厚生労働省の「人材開発支援助成金」を活用して人材育成

人材開発支援助成金の活用で
貴社の若手人材を計画的にスキルアップ

トレノケートの研修では、多くのお客様が助成金を
活用なさっています。

2020年度の新入社員研修での助成金活用も、
実績豊富なトレノケートにぜひご相談ください。


トレノケートグループの研修受講時にご利用いただきやすい助成金

① 特定訓練コース 若年人材育成訓練

研修開始日において、雇用契約締結後5年以内かつ35歳未満の方が、外部研修(トレノケートグループの研修)を受講する場合、助成が受けられる制度です。
10時間以上の外部研修を受講する場合、申請可能です。
トレノケートグループの定期開催コースご受講時はもちろん、多くのお客様が新入社員研修で「若年人材育成訓練」を活用しています。


② 特定訓練コース グローバル人材育成訓練

海外関連の業務に従事する方が、外部研修を受講する場合に助成が受けられる制度です。
トレノケートの研修はもちろん、トレノケートグループのクインテグラルの研修受講時にご活用いただくケースもございます。


助成額・助成率

  賃金助成
(1人1時間あたり)
経費助成
中小企業 760円 45%
中小企業以外 380円 30%

助成額・助成率

  10時間以上
100時間未満
100時間以上
200時間未満
200時間以上
中小企業 15万円 30万円 50万円
中小企業以外 10万円 20万円 30万円

* 1事業所が、1年度に受給できる上限額は、最大1,000万円です。


トレノケートの定期開催コースでの助成金活用例


活用例1 若手エンジニアがPythonプログラミングを修得

訓練カリキュラム
コースコード PRC0103G
受講料 88,000円(消費税10%込)
研修時間数 13時間

中小企業のお客様への助成金見込額

経費助成 39,600円
賃金助成 760円×13時間(100円未満切捨) 9,800円
助成見込額 49,400円

大企業のお客様への助成金見込額

経費助成 26,400円
賃金助成 380円×13時間(100円未満切捨) 4,900円
助成見込額 31,300円

*本試算例は、助成金の支給を保証するものではありませんのでご了承ください。
*助成金の受給時、100円未満は切り捨てられます。
*中小企業の定義:本助成金では、情報通信業のお客様は、資本金5,000万円以下あるいは企業全体で常時雇用する労働者の数が100人以下のいずれかにあてはまると中小企業分類となります。


↑ページの先頭へ戻る


活用例2 新入社員がHTMLの基礎を学ぶ

訓練カリキュラム
コースコード WSC0022G
受講料 132,000円(消費税10%込)
研修時間数 21時間

中小企業のお客様への助成金見込額

経費助成 59,400円
賃金助成 760円×21時間(100円未満切捨) 15,900円
助成見込額 75,300円

大企業のお客様への助成金見込額

経費助成 39,600円
賃金助成 380円×21時間(100円未満切捨) 7,900円
助成見込額 47,500円

*本試算例は、助成金の支給を保証するものではありませんのでご了承ください。
*助成金の受給時、100円未満は切り捨てられます。
*中小企業の定義:本助成金では、情報通信業のお客様は、資本金5,000万円以下あるいは企業全体で常時雇用する労働者の数が100人以下のいずれかにあてはまると中小企業分類となります。


↑ページの先頭へ戻る

人材開発支援助成金制度について

人材開発支援助成金は、厚生労働省が定めている制度です。事業主等が、雇用する労働者に対して、事前の計画に沿って職業訓練等を実施した場合、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等が助成されます。
制度内容や申請方法等の詳細につきましては、下記リンク先(厚生労働省のWebサイト)をご覧いただくか、各都道府県の労働局内助成金窓口におたずねください。

人材開発支援助成金※厚生労働省のWebサイト

↑ページの先頭へ戻る

2020年の新入社員研修で確実に助成金を利用するために今からご準備を!

お問い合わせ

人材開発支援助成金は、新入社員研修でのご利用がもっとも多い制度です。2020年度の新入社員研修での助成金活用をご検討の場合、年内に研修内容を決定し、申請準備に入ることをお薦め致します。
トレノケートの研修を活用なさり、質の高い研修を、コストを抑えて実施なさる為にも、まずはトレノケートへご相談ください。

資料請求・お問い合わせ