ホーム > 代表からのご挨拶

代表からのご挨拶

代表取締役社長兼CEO 早津昌夫

私たちトレノケート株式会社は、"世界を変える「人」を育てる" というVisionを掲げ、IT人材の育成を通じて社会に貢献するべく活動してまいりました。
多くのお客様に支えていただき、25年以上にわたって事業を継続できました。いつもご愛顧賜り誠にありがとうございます。

現在、世の中は大きな変化の時を迎えています。 2019年12月に発生した新型コロナウイルス感染症の影響で、世界は大きく変わりました。 今も、多くの企業や個人が経済活動や日々の生活の中で様々な制約を課せられています。社会や企業の課題が浮き彫りになる一方、ITやデジタルの力が世の中に変革をもたらたす活路を開いています。

ITやデジタルには、世界を変える力があります。ただし、アプリやデバイスはあくまでもツールです。 変革を実現するには、ツールを活用できる人材が必要です。しかし、世の中では「デジタル人材」が不足していると言われています。
過去を顧みれば、「読み書きそろばん」と言われたリテラシー教育が、1990年代「読み書き『パソコン』」に置き換わり始めました。今やパソコンは多くの人が使えて当たり前のツールとなっています。
また、私がIT業界でキャリアをスタートさせた頃、企業システムは中央集権型のホストコンピュータから分散型のオープンシステムへと移り変わる過程にありました。その後もパッケージソフトウェアの隆盛やクラウドの普及など、IT業界では様々な技術の革新が起こりました。
そのたびに、私たちは企業と企業内IT人材へ「学び」を提供してまいりました。そしてまさに今、デジタル・トランスフォーメーション(DX)の潮流に乗って、より多くのお客様から「学び」を求められています。

たとえば、IT部門やIT企業に所属する「IT人材」だけでなく、あらゆる企業内人材を対象とした「IT/デジタルリテラシー」向上のご相談が急増しています。
「業務をデジタル化できないか」「AIで新しいサービスを創れないか」と発想するマインドも必要です。経営層や管理職の方々には、デジタルを戦略的に活用する思考と判断が今まで以上に重要となります。
私たちは、ITの知識やスキルを修得する研修の提供にとどまらず、それをビジネスで活用するための包括的なサービスをご用意しています。
また、お客様の目指す人材育成のゴールは多種多様です。ご一緒に、議論を重ねながら新しい育成プログラムを作り上げていくこともできます。
お客様が考える「人材戦略」「人材像」に合わせて、私たちのサービスを戦略的にご活用いただけるよう努めてまいります。

企業の成長に、人材の成長は欠かせません。人材育成は未来への投資です。私たちはお客様を支援し、人材育成の未来を主導することを目指しています。
お客様、ひいては日本のIT人材不足の解消・デジタル競争力の向上に向けて、トレノケート社員一同、熱意と誇りを持ち、チャレンジを楽しみながら、これまで以上に一層努めてまいります。

代表取締役社長兼CEO
早津 昌夫



↑ページの先頭へ戻る