ホーム > Microsoft SQL Server 2012 データベースの開発 (#10776A)

Microsoft SQL Server 2012 データベースの開発 (#10776A)

  • SA
    SAチケット利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Microsoft SQL Server 2012 データベースの開発 (#10776A)
コースコード MSC0419V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 4日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 220,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年11月13日(火) ~ 2018年11月16日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年2月12日(火) ~ 2019年2月15日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年3月5日(火) ~ 2019年3月8日(金)

大阪LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

■■早割キャンペーン対象コース■■
10月末までのお申し込みで、対象コースが10% OFF !
170コースからお好きな組み合わせでご受講いただけます。



このコースでは、SQL Server オブジェクトの内容を中心に説明します。特にインデックスを使用した、パフォーマンス チューニングを学習したい方におすすめです。



MCP受験バウチャーお取り扱いしております!

ここをクリック

対象者情報

対象者
・SQL Server の管理者、開発者
前提条件
□Windows オペレーティングシステムの基本操作が出来る
□SQL の基本コマンドを理解している
□リレーショナル データベースに関する知識がある
□データベース設計の経験があれば望ましい

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、SQL Server の開発者を対象に、 Microsoft SQL Server 2012 データベースの開発に必要な知識とスキルを、同製品の機能とツールの使用方法に重点を置いて説明します。講義では、US版のテキストと一緒に 日本語版の補助資料を使用します。演習環境は日本語環境です。
学習目標
● SQL Server 2012 の全体像について理解する
● データ型を実装する
● テーブルの設計と実装を行う
● 制約を使用したデータ整合性の実装を行う
● インデックスを計画、作成、および最適化する
● クラスタ化インデックスのアーキテクチャについて理解する
● 実行プランについて理解する
● 非クラスタ化インデックスのアーキテクチャについて理解する
● ビューの実装を行う
● ストアドプロシージャの実装を行う
● MERGEステートメントとテーブル値パラメータの作成を行う
● ユーザー定義関数の実装を行う
● トランザクションとロックを管理する
● エラー処理を実装する
● トリガーを使用したデータ整合性の実装を行う
● マネージコードを実装する
● XMLデータの使用方法について理解する
● XQueryを使用したXMLデータのクエリを行う
● 空間データ型を実装する
● フルテキスト インデックスを使用したデータの検索を行う
学習内容
1. SQL Server 2012 とは 
  - SQL Server とは
  - SQL Server ツールの使用
  - SQL Server 関連サービスの構成

2. データ型の使用
  - データ型の使用
  - 文字列型の使用
  - データ型の変換
  - 特殊なデータ型の使用

3. テーブルの設計と実装
  - テーブルの設計
  - スキーマ
  - テーブルの作成と変更

4. 制約
  - データ整合性
  - ドメインの整合性
  - エンティティと参照の整合性

5. インデックスの設計
  - インデックスの概念
  - データ型とインデックスの関係
  - 単一列インデックスと複合インデックス

6. クラスタ化インデックスを使用したテーブルの実装
  - SQL Server のテーブル構造
  - クラスター化インデックス
  - 効果的なクラスター化インデックスの設計

7. 実行プラン
  - 実行プランとは
  - 一般的な実行プランの要素
  - 実行プランの使用

8. 非クラスタ化インデックスを使用したパフォーマンスの向上
  - 効果的な非クラスター化インデックスの設計
  - 非クラスター化インデックスの実装
  - データベース エンジン チューニング アドバイザー

9. ビューの実装
  - ビューとは
  - ビューの作成と管理
  - ビュー使用時のパフォーマンスの考慮点

10. ストアドプロシージャの実装
  - ストアド プロシージャとは
  - ストアド プロシージャの使用
  - パラメータ化されたストアド プロシージャの実装
  - 実行コンテキストの制御

11. MERGEステートメントとテーブル値パラメータ
  - MERGEステートメントの使用
  - テーブルタイプ型の実装
  - パラメータ化されたテーブルタイプ型の使用

12. ユーザー定義関数の設計と実装
  - 関数とは
  - スカラ関数
  - テーブル値関数
  - 関数の置き換え

13. トランザクションとロック
  - トランザクションとは
  - ロック
  - ロックの管理
  - トランザクション分離レベル

14. エラー処理
  - エラー処理とは
  - エラー処理の実装
  - 構造化例外処理の実装

15. トリガーの実装
  - DMLトリガーの設計
  - DMLトリガーの実装
  - 高度なトリガーの概念

16. マネージコードの実装
  - CLR統合とは
  - アセンブリのインポートと構成
  - CLR統合の実装

17. XMLの使用
  - XMLとXMLスキーマ
  - XMLとXMLスキーマの格納
  - XMLデータ型の実装

18. XQueryを使用したXMLデータのクエリ
  - XMLの取得
  - XQueryとは
  - XMLの細分化

19. 空間データ型の使用
  - 空間データ型とは
  - 空間データ型の使用
  - アプリケーションでの空間データ型の使用

20. フルテキスト インデックスを使用したデータの検索
  - フル テキストインデックスとは
  - フル テキストインデックスの実装
  - フル テキストクエリの使用

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
・Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 Enterprise Edition
・Hyper-V
・Microsoft Windows Server 2008 R2 SP1 Enterprise Edition
・Microsoft SQL Server 2012 Enterprise Edition
・Microsoft Visual Studio 2010 Premium Edition

関連試験や資格との関連

MCSE試験との関係 70-464 Microsoft SQL Server 2012 のデータベースの開発

ご注意・ご連絡事項

・テキストは英語版を可能な限り翻訳した日本語版のテキストを配布します。講義は日本語で行い、演習環境は日本語環境です。
・英語版テキストはデジタルコンテンツの利用が可能です。詳しくは、お配りするコードの付属情報、及び、上記コース関連付加情報より『電子ブックリーダーskillpipeについて』のリンク先をご覧ください。
・本コースはUS版の5日間のコースを4日間に短縮したものです。そのため、内容を一部オプションとさせていただく可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

受講者の声

『学習内容について、現場レベルの例をお話してくださったため、理解度が上がった。』
『過去のバージョンからの違いの説明が役に立ちました。ありがとうございました。』
『実例をもとに非常にわかりやすかったです。』