ホーム > eラーニング 教材一覧 > [ASP]Javaで開発するコンソールアプリケーション ~開発工程とドキュメントを学ぶ~

[ASP]Javaで開発するコンソールアプリケーション ~開発工程とドキュメントを学ぶ~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
標準学習時間 5時間提供元 トレノケート
価格(税込)  13,200円(税込)備考 ---
提供形態/付帯教材種別

ASP

メンタリング

商品コード JAX0061G

ワンポイントアドバイス

本コースでは、Javaのコンソールアプリを作るために必要な基礎知識や実際の開発課題例を使った内容を学習します。ハンズオンで実際にコーディングしながら開発工程やドキュメントなど実践的項目を身につけます。

重要なご連絡・ご確認事項

・受講期間はID発行より90日間です。

対象者情報

対象者
・新人の開発エンジニアの方
・開発工程を学習したいSEの方
・設計を学習したい方
・クラス図、クラス定義書などドキュメントを学習したい方
前提条件
    □Javaの基本文法、オブジェクト指向を学習済みである
    □データベースに関する基本知識を持っている

学習内容の詳細

コース概要
本コースでは、Javaの基本文法(データ構造やオブジェクト指向)を身につけた方が、より実践的な開発を学んでいただけるよう構成しています。

最初に簡単なコンソールアプリ開発を通して、クラス図、シーケンス図の基本を学び慣れることころから始めます。次に「社員管理アプリ」というデータベースとも連動したより本格的なアプリ開発を行うことで開発工程を理解します。

開発におけるドキュメントを学習できることに重点を置いています。要件定義から設計、クラス図、シーケンス図、クラス定義書、メソッド定義書など開発に必要となるドキュメントを確認しながら進めていきます。

最後に、単体テストを行い開発したアプリのテストを行います。プログラミング学習の中でこれまでに体系的に学ぶことの難しかった学習内容を初心者向けに丁寧に解説しています。

※開発エンジニアだけでなく設計やドキュメントを学習したいSEの方にもおすすめの内容となっています。
※ユニットテストを体系的に学ぶ場合はJUnitというフレームワークを扱ったコース(「Javaで学習するユニットテスト入門 ~JUnitで理解するテスト手法~」)を別途ご受講ください。
学習目標
● データベースと連動した簡単なシステム開発ができるようになる
● 開発に必要となるドキュメントに関する基礎知識が身につく
● 社員開発アプリの開発を通して設計に関する基礎知識を理解する
● 単体テストを体験できる
学習内容
1章 コンソールアプリとは
-コンソールアプリとは
-環境構築 Eclipse,MySQLインストール手順書

2章 簡単なコンソールアプリを作る
-クラス図を知る
-同じロジックを書かないようにしよう
-クラス図とシーケンス図を確認
-コンソールからの入力:プログラム概要
-仕様変更に耐えられるようにしよう
-ハンズオン:実行時のパラメータの渡し方

3章 社員管理アプリを作る~仕様分析・設計作業・実装・テスト~
-社員管理アプリ 開発の流れ
-要件定義の内容
-設計:方式設計の確認
-設計:クラス図の確認
-設計:シーケンス図の確認
-設計:クラス定義書
-設計:メソッド定義書
-社員管理アプリ テストの内容
-単体テスト実行方法

4章 社員管理のコンソールアプリを作る~課題解答例~
-実装の解答例の説明
-ハンズオン:社員管理アプリ
-社員管理アプリ 単体テスト:テスト項目

ご注意・ご連絡事項

・受講期間はID発行より90日間です。
・本製品はASPサービスで提供するため、インターネットに接続できる環境が必要です。