ホーム > 利用規約 > 講習会/自主学習用教材提供規約(オンラインLiveトレーニング)             

講習会/自主学習用教材提供規約(オンラインLiveトレーニング)

第1条 (総則)

  1. 講習会/自主学習用教材提供規約(オンラインLiveトレーニング)(以下「本規約」とします)には、オンラインLiveの提供条件及び当社とお客様との間の権利義務関係が定められています。

第2条 (定義)

本規約において使用する以下の用語は、本規約に別途定めるもののほか、各々以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「利用契約」とは、本規約を契約条件として当社とお客様との間で締結されるオンラインLiveの利用に関する契約をいいます。
  2. 「当社」とは、トレノケート株式会社をいいます。
  3. 「お客様」とは、当社と利用契約を締結してオンラインLiveを利用する個人または法人をいいます。
  4. 「Zoom」とは、ZOOM VIDEO COMMUNICATIONS, INC.及び同社の提供するオンライン配信システムをいいます。
  5. 「Zoomサービス規約」とは、Zoomの使⽤条件を定めたZoom所定の規約(https://zoom.us/jp-jp/terms.html)をいいます。
  6. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
  7. 「当社webサイト」とは、当社がオンラインLiveに関して運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。
  8. 「講習会」とは、セミナー、研修会等名目を問わず当社が提供する知識及び技能等を学習する場のことを意味します。
  9. 「Education Guide Digest」とは、当社が定期的に発行する当社の提供する講習会及びその内容等を記載した文書を意味します。
  10. 「教育ガイド」とは、当社webサイトのうち当社が提供する講習会が掲載されたページ及びEducation Guide Digestを総称したものを意味します。
  11. 「アクセス通知」とは、お客様がオンラインLiveを利用するために必要なID、パスワードその他当社が通知する情報を意味します。
  12. 「オンラインLive」とは、教育ガイドに掲載された講習会をオンライン(Zoomその他のWeb会議等の通信アプリケーションの仕組み等を用いてパソコン、スマートフォン等を通じて受講できる方法)で受講できるサービス(理由の如何を問わずサービスの名称または内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。

第3条 (適用)

  1. 当社のお客様に対するオンラインLiveの提供は、お客様が本規約のすべての条項に同意することを条件とします。
  2. 当社が当社webサイト上で掲載するオンラインLive利用に関するルール(https://www.trainocate.co.jp/gkservices/online-training.html#use)は、本規約の一部を構成するものとします。
  3. オンラインLiveでは、原則としてZoomを利用し、その利用にあたっては、Zoomサービス規約が適用されます。お客様は、Zoomサービス規約にご同意の上、オンラインLiveを申込むものとします。
  4. お客様が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意(本規約への同意を含みます)を得たうえでオンラインLiveを利用してください。また、本規約に同意した時点で未成年者であったお客様が、成年に達した後にオンラインLiveを利用した場合、未成年者であった間の利用行為を追認したものとみなします。
  5. 本規約は、当社の提供する講習会のうち、当社の定める教育ガイドにオンラインLiveとして掲載されたすべての講習会に適用されます。
  6. オンラインLiveの利用をお申込みいただく際は、事前に本規約を十分ご理解いただいた上でご同意いただくものとし、オンラインLiveの申し込みを行った時点で本規約の内容を承諾したものとみなされるものとします。
  7. 当社は、お客様の承諾なく、当社の判断で第26条に基づき本規約を変更できるものとします。
  8. 当社とお客様間で別途の締結された契約、合意等がある場合において、本規約と内容が異なる場合には、当該契約、合意等が優先して適用されるものとします。

第4条 (申込手続き)

  1. オンラインLive の受講を希望する者(以下「受講希望者」とします。)は、当社所定の申込書に必要事項を記入のうえFAX (FAX番号0120-703702) にて送信するか、または当社Webサイト上の申込ページに必要事項を記入のうえオンラインで送信するかのいずれかの方法でオンラインLiveの受講を申し込むものとします。
  2. 当社は前項の申し込み受付後、当社より受講希望者に受講票および請求書を送付します。なお、受講希望者が申し込んだオンラインLiveの提供にかかる利用契約の成立は、本項に定める当社からの受講票の発送をもって成立します。また、満席によるオンラインLive の受付終了等の理由により受講の申し込みを受付できない場合はお客様にその旨通知するものとします。
  3. 受講希望者は、第1項に基づく申し込みに当たり、以下の各号の事由を確認の上、申し込みしなければならないものとします。なお、受講希望者が当社以外の第三者が提供するサービス・アプリケーションを利用する場合、それらのサービスやアプリケーションの利用規約等に従って利用するものとし、当社はこれらの安全性等について一切責任を負いません。
    1. コンピュータ、Webカメラ、マイク、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等本サービスの利用に必要な機器及び環境を準備すること
    2. 通信環境がオンラインLiveの利用に支障がないことを確認すること
    3. オンラインLiveの利用に必要な通信環境の整備に伴う諸経費・通信回線使用料はお客様の負担になること。
    4. 当社は登録希望者に対し、受講可否の審査を行うこと及び審査結果により、オンラインLiveの利用を認められない可能性があること
  4. 当社は、登録希望者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、オンラインLiveの利用を拒否することがあり、またその理由について一切開示義務を負いません。
    1. 当社に提供した事項の全部または一部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
    2. 未成年者、成年被後見人、被保佐人または被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人または補助人の同意等を得ていなかった場合
    3. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、または資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合
    4. 当社が指定した支払方法による料金の支払ができない場合
    5. 過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
    6. その他、利用が適当でないと当社が判断した場合

第5条 (代金のお支払)

  1. お客様はオンラインLive の開催日の7日前までに、当社がお客様に発行した請求書に記載された銀行口座にオンラインLive の代金を振り込んで支払を行うものとします。なお、代金の振込に要する費用はお客様の負担とします。
  2. 前項の支払期限までに代金を支払わない場合、お客様の受講をお断りすることがあります。
  3. 第1項の定めにかかわらず、当社とお客様との間で別途合意し支払い期限を定めた場合には、お客様は、当社に対し、当該期限までにオンラインLiveの代金を当社指定の口座に振り込んで支払うものとします。

第6条 (オンラインLive の開催)

  1. 第4条に基づきお客様と当社間で利用契約が成立しかつ前条に従いお客様が当社に代金を支払った場合、当社はオンラインLive を受講するためのアクセス通知を発行し(電子メールその他の方法により通知します。)、当社はオンラインLive を提供します。
  2. お客様がオンラインLive に参加もしくは出席しない場合または申込の取消等をされた場合であっても、理由のいかんを問わず、代金の返還は行いません(次条により返金を行う場合を除きます。)。

第7条 (お客様による取り消し)

お客様が当社に申し込んだオンラインLive の申し込みの取消、変更または利用契約の解約(以下「解約等」とします。)をする場合は以下に定めるとおりとします。

(1)当社への連絡(下記いずれかの方法)

(2)代金の取扱

お客様が解約等を申し出たオンラインLive の代金の扱いはお客様の申し出日により以下のとおりとします。なお以下の該当日が当社休業日にあたる場合は直前の当社営業日を申し出の期限とします。ただし教育ガイドにて別途取り消し可能期間等を定めたオンラインLive はその定めが本条に優先して適用されるものとし、本号は適用されません。

  申出日 講習会開催日初日より
代金   15日以前 14日以内
支払済 返金 全額お支払いいただくものとします
(返金はいたしません)。
未払い -

第8条 (日程変更)

お客様が当社に申し込んだオンラインLive の日程を変更する場合は以下に定めるとおりとします。ただし教育ガイドにて日程変更可能期間を定めたオンラインLive はその定めが、本条に優先して適用されるものとし、本条は適用されません。

(1)当社への連絡(下記いずれかの方法)

オンラインLive 開催日の2営業日前 (当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日とします)までに下記いずれかの方法で申し出るものとします。

(2)制限事項

1) 日程変更は1回に限るものとします。また日程を変更したオンラインLive の申し込みを取り消す場合は前条の定めにかかわらずオンラインLive の代金の全額をお支払いいただくものとします。

第9条 (所定人数未満のオンラインLive 開催中止)

受講予定のお客様が当社所定の人数に満たない場合には、そのオンラインLive の開催を中止する場合があります。この場合、当社はオンラインLive の提供にかかる利用契約を解除できるものとし、お客様へはオンラインLive 開始予定日1週間前までに、その旨連絡します。なお、すでにオンラインLive の代金を支払済の場合は、中止されたオンラインLive の代金をお客様に返金します。

第10条 (オンラインLive の受講に関する同意事項)

お客様は、オンラインLiveの申込及び利用にあたって、下記事項に同意いただくものとします。

  1. オンラインLive の利用には、当社の定める受講環境が必要であり、必要な受講環境は、お客様が事前に教育ガイド及び当社Webサイトご確認の上、ご準備すること
  2. 当社が案内する受講環境を満たしている場合でも、すべてのコンピュータ、Webカメラ、マイク、スマートフォンその他の機器、ソフトウェア、通信回線その他の通信環境等での受講を保証するものではないこと。また、当社がお客様のオンラインLiveのご利用にあたり必要な受講環境の整備を行わないこと
  3. オンラインLive ご利用に際して行うソフトウェアのダウンロードや通信機器、通信環境の設定、ネットワークの管理は、お客様の責任で実施するものとし、その結果生じる損害について当社は責任を負わないこと
  4. オンラインLiveご利用に必要な受講環境の整備に伴う諸経費・通信回線使用料はお客様の負担になること
  5. 受講に必要なテキストは、電子テキストを利用すること及び電子テキスト利用に関して当社が定める事項(https://www.trainocate.co.jp/reference/tc-ebook.html)。なお、お客様と当社との間で別途合意した場合には、当該合意が優先するものとします
  6. 当社は、当社管理の元、オンラインLive の内容(記録内容には、お客様の受講時の肖像、発言若しくは質問等をされたときの声及びチャット機能等を用いた発言若しくは会話等が含まれる場合があります。)を録画、録音及び保存その他の手段により記録、保管する場合があること及びオンラインLiveの終了後も、一定期間のアクセスが可能となるものがあること
  7. 当社が前号に基づき記録したオンラインLiveの記録データを、当社の講習会その他サービスにおいて利用(当該記録データの編集、有償若しくは無償での提供等の方法が含まれますが、これに限られるものではありせん。)することがあること
  8. オンラインLiveで、お客様のご氏名が他の参加者に表示されること

第11条 (オンラインLive の受講に関する禁止事項)

お客様はオンラインLive の受講にあたり、以下に定める各禁止事項を遵守するものとします。

  1. 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
  2. 当社、オンラインLiveの他の利用者またはその他の第三者に対する詐欺または脅迫行為
  3. 公序良俗に反する行為
  4. 当社、他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
  5. オンラインLiveを通じ、以下に該当し、または該当すると当社が判断する情報を当社またはオンラインLiveの他の利用者に送信すること
    • 暴力的または残虐な表現を含む情報
    • コンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報
    • 当社、オンラインLiveの他の利用者またはその他の第三者の名誉または信用を毀損する表現を含む情報
    • わいせつな表現を含む情報
    • 差別を助長する表現を含む情報
    • 自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報
    • 薬物の不適切な利用を助長する表現を含む情報
    • 反社会的な表現を含む情報
    • チェーンメール等の第三者への情報の拡散を求める情報
    • 他人に不快感を与える表現を含む情報
  6. オンラインLiveのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為
  7. オンラインLiveの録音、録画その他一切の方法での記録行為
  8. 当社が提供するオンラインLive、そのコンテンツ、ソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為
  9. オンラインLiveの運営を妨害するおそれのある行為
  10. 当社のネットワークまたはシステム等への不正アクセス
  11. 第三者に成りすます行為
  12. オンラインLiveの他の利用者のIDまたはパスワードを利用する行為
  13. 当社が事前に許諾しないオンラインLive上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為
  14. オンラインLiveの講師に対する違法行為、勧誘行為、ハラスメント等の行為
  15. オンラインLiveの他の利用者の情報の収集
  16. 当社、オンラインLiveの他の利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
  17. 当社ウェブサイト上で掲載するオンラインLive利用に関するルールに抵触する行為
  18. 反社会的勢力等への利益供与
  19. 面識のない異性との出会いを目的とした行為
  20. Zoomサービス規約その他のオンラインLiveで使用するWeb会議等の通信アプリケーションの規約に違反する行為
  21. 前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為
  22. 前各号の行為を試みること
  23. その他、当社が不適切と判断する行為

第12条 (オンラインLiveの停止等)

当社は、以下のいずれかに該当する場合には、お客様に事前に通知することなく、オンラインLiveの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。この場合、当社は、お客様に生じた損害について、当社の故意または重過失の場合を除き、一切の責任を負わず、返金、代替日の設定及び利用期間の延長等も行わないものとします。なお、当社が損害賠償の責を負う場合には第21条3項の規定を準用するものとします。

  1. オンラインLiveに係るコンピュータ・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
  2. コンピュータ、通信回線等の障害、誤操作、過度なアクセスの集中、不正アクセス、ハッキング等によりオンラインLiveの運営ができなくなった場合
  3. 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力によりオンラインLiveの運営ができなくなった場合
  4. その他、やむを得ない事由により当社が停止または中断を必要と判断した場合

第13条(利用資格の抹消等)

  1. 当社は、お客様が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、オンラインLiveの利用の一時的な停止、お客様のオンラインLive利用資格抹消または利用契約の解除その他の必要な措置をすることができます。
    1. 本規約のいずれかの条項に違反した場合
    2. 登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合
    3. 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
    4. 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して14日間以上応答がない場合
    5. その他、当社がオンラインLiveの利用またはその継続を適当でないと判断した場合
  2. お客様が前項各号のいずれかの事由に該当した場合、当該お客様は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
  3. 第1項の規定は、当社のお客様に対する損害賠償請求を妨げるものではありません。
  4. お客様が死亡した場合、当社は、当該お客様の利用資格を抹消できるものとします。また、お客様が死亡した場合、その時点で、当該お客様が有していたオンラインLiveに関する権利・義務は当該お客様に一身専属に帰属し、相続されないものとします。
  5. 本条に定める事由に該当する場合、既に支払われた代金の返金は行いません。

第14条 (アクセス通知の管理)

  1. 当社がお客様に交付するIDおよびパスワードを含めたアクセス通知は第三者に知られることのないようお客様ご自身の責任で厳重に管理ください。
  2. お客様に付与されたアクセス通知はいかなる第三者にも貸与又は譲渡できません。また、お客様のアクセス通知の管理不十分や第三者の使用による損害の責任については当社は一切責任を負いません。
  3. 当社がお客様に発行したアクセス通知を使用して多数の端末より同時にログインする等アクセス通知が不正に利用されたと当社が判断した場合、お客様はオンラインLive の受講はできません。ただしこの不正使用がお客様の責めによらない場合を除きます。

第15条 (受講証明書の発行)

  1. 当社は以下の発行基準を満たしたお客様に対して受講証明書を発行いたします。ただし教育ガイドで別途受講証明書の発行について定めたオンラインLive はその定めが本条に優先して適用されるものとし、本条の定めは適用されません。
    対象となる講習会 発行基準
    全てのオンラインLive 70%以上の出席
  2. 受講証明書はオンラインLive終了後1週間を目安にお客様に送付されるものとします。 なお、受講証明書の再発行は応じられませんのでご留意ください。

第16条 (取り消し、日程変更、証明書の発行に関する特例)

次表に定めるオンラインLive に関する解約等、日程変更及び受講証明書の発行については、第7条、第8条及び前条第2項にかかわらず、次表に定めるとおりとします。

講習会種別 取り消しの特例 日程変更の特例
Oracle認定コース 無し(本規約のとおり) 講習会開催日の8日前(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日)以降の日程変更には応じられません。
Nutanix認定コース 無し(本規約のとおり) 講習会開催日の8日前(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日)以降の日程変更には応じられません。
Cisco認定コース (特例コース) 別表に定められた期日(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日まで)以降の取り消しは代金を全額お支払いただくものとします(返金はいたしません)。変更期日はコースにより異なります。 別表に定められた期日(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日まで)以降の日程変更には応じられません。変更期日はコースにより異なります。
EC-Council認定コース 講習会開催日の12営業日前(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日)以降の取り消しは代金を全額お支払いただくものとします(返金はいたしません)。 講習会開催日の12営業日前(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日)以降の日程変更には応じられません。
AMAコース 無し(本規約のとおり) 講習会開催日の3営業日前(当該日が当社休業日の場合は直前の営業日)以降の日程変更には応じられません。

Cisco認定コース(特例コース)一覧はこちら

講習会種別 証明書発行の特例
Cisco認定コース 証明書はCisco社より直接発行され当社からは発行されません。なお、証明書の発行には所定の手続が必要となり、具体的な手続方法は講習会内にて説明します。

第17条(オンラインLiveの内容の変更、終了)

当社は、当社の都合により、お客様に事前に通知等することなく、オンラインLiveの内容を変更し、または提供を終了することがあります。

第18条 (個人情報の取扱い)

  1. 当社はお客様がオンラインLive の受講の申し込みにより当社に開示した個人情報(個人情報保護法第2条1項に定めるものをいいます。)を、次項以下に定めるもののほか、当社の定める個人情報保護方針(https://www.trainocate.co.jp/gkinfo/pi_hogo.html)およびプライバシー・ポリシー(https://www.trainocate.co.jp/cart.aspx )に従い取扱うものとし、お客様はこれに同意するものとします。
  2. 当社は、お客様が当社に提供した個人情報、端末情報等及びその他の情報並びにデータ等を、当社の裁量で、オンラインLiveの提供及び運用、サービス内容の改良及び向上等の目的のために利用し、又は個人を特定できない形での統計的な情報として公開することができるものとし、お客様はこれに同意するものとします。
  3. 当社は、お客様から収集した登録情報、端末情報等、その他当該お客様に関する情報を、管理のために委託しまたは当社と提携するサービスの利用に必要な範囲において、当社が提携する個人または法人と共同利用することがあり、お客様はこれに同意するものとします。
  4. 当社は、第2項に定める目的、提携先による提携サービスの提供及び当社以外の第三者が提供する講習会のオンラインLiveでの開催等を目的として、お客様の個人情報及びオンラインLiveを通じて収集・解析した情報に関する統計資料等を、当社の提携先及び講習会を提供する第三者その他の第三者に提供することがあり、お客様はこれに同意するものとします。
  5. お客様が直接当社以外の第三者に対し開示または提供した個人情報については、当該第三者の個人情報の取り扱いに関する規定が適用されるものとします。

第19条 (知的財産権)

  1. 当社はお客様に対し、オンラインLive でお客様に提供するコンピュータプログラム・関連マテリアル・技術情報等(以下「ソフトウェア等」とします)につき、オンラインLive の受講の目的の範囲内でのみお客様に対しオンラインLive 開催期間中に限り、非独占的かつ譲渡不能な使用権を許諾します。
  2. 前項に基づき当社が提供するオンラインLive で使用を許諾するソフトウェア等の知的財産権は当社もしくは開発元その他当社へのライセンサーに帰属します。お客様はオンラインLive の申し込みによりソフトウェア等の知的財産権を取得するものではなく、いかなる形態であれソフトウェア等の全部もしくは一部を複製・改変その他処分をすることはできません。
  3. 前各項に定める他、教材の使用条件は当該教材に付された、または表示される使用許諾条件によるものとします。また当該使用許諾条件の定めと本条の定めが異なる場合は使用許諾条件の定めが本条に優先します。

第20条 (輸出管理)

  1. お客様は、当社から提供又は開示を受ける製品、技術情報 (ソフトウェア等を含み、以下同じ) 等並びにこれらを利用した製品、技術情報等を、必要な日本および米国政府の許認可を取得することなく日本国外に持出し又は輸出を行うことはできません。
  2. 当社は、オンラインLive の実施に関して日本国政府又は米国政府の許可が必要となる場合において、許可が遅延し又は許可されないときは、お客様に通知の上その実施を延期し、又は受講にかかる契約を取り消すことができるものとし、これにより生じた損害については免責されるものとします。

第21条 (保証及び責任)

  1. 当社は、オンラインLiveが、お客様の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、お客様による本サービスの利用がお客様に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、継続的に利用できること及び不具合が生じないことについて、明示又は黙示を問わず何ら保証するものではありません。
  2. お客様は、下記に定める事項に起因または関連して生じた一切の損害について、当社の故意または重過失による場合を除き、当社がいかなる賠償責任も負わないことに予め同意します。なお、当社が損害賠償の責を負う場合には次項の規定を準用するものとします。
    1. オンラインLiveの利用に際し、満足な利用ができなかった場合(以下の状況を含みますが、これらに限定されません)
    2. お客様のインターネット回線の状況、通信機器・デバイスの環境、その他予期せぬ理由により、中断、速度低下、障害、停止もしくは利用不能、または中止等の事態等が発生した場合
    3. 希望する特定の時間帯での受講が受けられなかった場合、またはお客様が講師に行った質問に対し、お客様が希望する時間内に満足できる回答が行われなかった場合
    4. 希望する特定の講師の指導が受けられなかった場合
    5. 第12条各号に定める事由が生じた場合
    6. オンラインLiveの学習効果や有効性、正確性、真実性等
    7. オンラインLiveに関連して当社が紹介・推奨する他社の教材等の効果及び有効性ならびに安全性及び正確性等
    8. オンラインLiveに関連して受信したファイル等が原因となりウィルス感染などの損害が発生した場合
    9. パスワード等の紛失または使用不能によりオンラインLiveが利用できなかった場合
    10. オンラインLiveで提供するすべての情報、リンク先等の完全性、正確性、最新性、安全性等
    11. オンラインLiveで利用した第三者のサービスの完全性、正確性、最新性、安全性等
    12. お客様が作成したプログラムの有効性ならびに安全性及び正確性等
    13. オンラインLiveの利用に関して、お客様がオンラインLiveを利用したことまたは利用できなかったことに起因する一切の事由
  3. 当社は、当社の責めに帰すべき事由により、本規約に違反しお客様に損害を与えた場合には、通常かつ直接の損害に限りお客様が被った損害を賠償するものとし、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負わないものとします。その場合、損害賠償額は、当該損害発生の原因となったオンラインLive の代金として当社が過去6か月間に受領した金額を上限とします。また、お客様の当社に対する損害賠償その他の請求は、当該請求原因が生じた日から2週間以内になされなければならないものとします。なお、本項は、契約責任、不法行為責任その他法律上の請求理由を問わず、適用されるものとします。
  4. オンラインLiveまたは教育ガイドに関連してお客様と他のお客様または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、お客様が自己の責任によって解決するものとします。

第22条(損害賠償)

お客様の行為に起因して当社に損害が発生した場合、お客様は、当社に対し、当該損害の全額(付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害、逸失利益、当社が支払った弁護士費用等を含むがこれらに限られないものとします。)を負担するものとします。

第23条(連絡/通知)

  1. オンラインLiveに関する問い合わせその他お客様から当社に対する連絡または通知及び本規約の変更に関する通知その他当社からお客様に対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとします。
  2. お客様は、自らのメールアドレス(法人の場合には担当者のメールアドレスを含みます。)により当社からの電子メールを受信できるよう設定しなければなりません。
  3. 当社は、オンラインLiveに関する情報等を電子メールでお客様に通知する場合、当社が登録された当該メールアドレス宛に送信した時点をもって、通知が完了したものとみなします。
  4. 当社は、お客様が登録したメールアドレスに不備があったこと、メールアドレスの変更を当社に通知しなかったことまたは適切に受信設定しなかったことに起因して、当社からの電子メールが届かなかった場合、同不到達に対して、一切責任を負わないものとします。なお、お客様は、同不到達に起因して生じるすべての損害等について責任を負うものとし、いかなる場合も当社を免責するものとします。

第24条(利用契約上の地位の譲渡等)

  1. お客様は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
  2. 当社はオンラインLiveにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにお客様の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、お客様は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第25条(再委託)

当社は、オンラインLiveの提供に関して必要となる業務の全部又は一部を当社の判断にて第三者に再委託することができるものとする。

第26条(規約の変更)

  1. 当社は、当社が必要と判断した場合には、本規約を、お客様に対する事前の通知なく変更することができるものとします。なお、当社は、本規約を変更する旨、変更後の内容および効力発生時期を、当社ウェブサイトへ掲載する方法その他の相当な方法により周知するものとします。
  2. 変更後の本規約については、当社が定める効力発生時期または当社ウェブサイト上に表示した時点で効力を生じるものとし、本規約変更後に、お客様が同意した場合又はお客様がオンラインLiveを利用した場合には、お客様は変更後の本規約の内容を承諾したものとみなします。ただし、法令上お客様の同意が必要となるような内容の変更の場合は、当社所定の方法でお客様の同意を得るものとします。

第27条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効と判断された規定の残りの部分は、継続して有効に存続し、当該無効とされた条項またはその一部を、有効とするために必要な範囲で修正し、最大限、当該無効とされた条項またはその一部の趣旨および法律的経済的に同等の効果が確保されるよう解釈されるものとします。

第28条(準拠法等)

  1. 本規約及び利用契約の準拠法は日本法とします。
  2. 本規約または利用契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

-以上-
(2020年8月公開 Version 2.1)

↑ページの先頭へ戻る