ホーム > 会場のご案内 > 他社開催会場

他社開催会場(オンライン)

他社開催会場一覧(50音順)

エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社

SANS


使用ツール 専用プラットフォーム
仕様・推奨環境 詳細は、Live Onlineについてをご確認くださいますよう
お願いいたします。


↑ページの先頭へ戻る



NECマネジメントパートナー株式会社

Zoom利用の場合


使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 Zoomに関する準備手順は、Zoom受講マニュアルよりご確認ください。
また、Zoomの利用に際し、下記が必要となりますので、あらかじめご用意ください。
1.インターネットに直接接続ができるPC
2.Zoomで使用可能なマイク(質問用として使用することがあります)
3.Zoomで使用可能なWebカメラ ※推奨
※電子テキスト+Zoom講師画面共有での説明が行われるため、サブディスプレイのご利用をお勧めいたします(必須ではありません)。


↑ページの先頭へ戻る



株式会社カサレアル

使用ツール 動画配信:Zoom
質疑応答:オンラインチャットシステム
(ご利用になれない場合は、Zoomのチャット機能で代替可能です)
※業務用PCに追加アプリをインストールできない場合は、ブラウザからのご参加をお願いします。
仕様・推奨環境 以下の要件を備えたPC(Windows 10 または macOS)をご用意ください。
●インターネットに接続できること
●Webカメラおよびマイク
※PC本体の他に、モニターやiPad等、画面表示できるものがあると便利です。

演習環境は、受講者様でご用意いただく必要があります。
受講環境がご用意できない場合は、オンラインではなく教室でのご受講で日程をお申込みください。
※必要な環境は、コースごとに異なります。詳細は、各コースの詳細ページにて必要な環境をご確認ください。

お申込み後別途送信されるご案内に従い、開催の前日までに、必ず以下のご対応をお願いいたします。
●PC環境構築(環境構築動画URLを参照)
●オンラインチャットシステムのアカウント登録
●Zoomへのアクセス確認(URLにアクセスし「開始時間までお待ちください」の表示が出ることを確認)
※事前にご対応いただけていない場合、ご受講困難として"キャンセル/日程振替"とさせていただくことがございます。


↑ページの先頭へ戻る



株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

Zoom日程の場合


使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 <Zoomを起動する上でのシステム要件>
● インターネット接続-有線または無線ブロードバンド
● スピーカーとマイク-内蔵、USBプラグイン、またはワイヤレスBluetooth
● ウェブカメラ-内蔵またはUSBプラグイン

サポートされるオペレーティングシステム
● MacOS 10.7以降を搭載のMac OS X
● Windows 10
● Windows 8または8.1

サポートされるブラウザ
● Windows:IE7+、 Firefox、 Chrome、 Safari5+
● Mac:Yosemite (10.10), El Capitan (10.11), Sierra (10.12) , High Sierra (10.13) ,Mojave (10.14) or Catalina (10.15)

プロセッサおよびRAMの要件
● プロセッサ シングルコア1Ghz以上~デュアルコア2Ghz以上(i3/i5/i7またはAMD 相当)
● RAM
4Gb推奨

また、以下の内容もあらかじめご確認ください。
PCCオンライン研修受講実施案内
ITプレナーズオンライン研修概要


WebEX日程の場合


使用ツール WebEX
仕様・推奨環境 <Zoomを起動する上でのシステム要件>
● インターネット接続-有線または無線ブロードバンド
● スピーカーとマイク-内蔵、USBプラグイン、またはワイヤレスBluetooth
● ウェブカメラ-内蔵またはUSBプラグイン

サポートされるオペレーティングシステム
● Windows 8 32-bit/64 ビット版
● Windows 8.1 32-bit/64 ビット版
● Windows 10
● Windows 10 Enterprise LTSB
● Mac OS X 10.13、10.14、10.15
● Linux/Chrome OS
LinuxおよびChrome OSについては、Webexサポートページからご確認ください。

サポートされるブラウザ
● Windows
Internet Explorer 11 (32 ビット/64 ビット)
Edge
Firefox 52 およびそれ以降のバージョン
● Mac OS X
Firefox 52 およびそれ以降のバージョン
Safari 11 以降
● Linuxについては、Webexサポートページからご確認ください。

プロセッサおよびRAMの要件
● Windows
・ Intel Dual-Core CPU 2.XX GHz または AMD プロセッサ (2 GB の RAM を推奨)
・ブラウザーで JavaScript と Cookie が有効になっていること
・Mozilla Firefox および Google Chrome ユーザーは Java を必要としません。

● MacOSX
・Intel CPU ベース (2 GB 以上の RAM)
・ブラウザーで JavaScript と Cookie が有効になっていること
・Oracle Java 6 から Oracle Java 8
・Java が必要です。

● Linux
Linuxについては、Webexサポートページからご確認ください。

また、以下の内容もあらかじめご確認ください。
ITプレナーズジャパン オンライン研修(Webex)受講のための推奨環境
ITプレナーズオンライン研修概要(Webex Training) 


↑ページの先頭へ戻る



株式会社キカガク

使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 お申込に際し以下が必要になります。(必須)
・zoomサイトへのサインアップ(アカウント登録)
ご対応の上、お知らせくださいますようお願いいたします。

講義には以下のツールを使用いたします。
ご準備のうえ、ご参加ください。
オンライン講義ツール「Zoom」
ブラウザ「Chrome」
エラー対応等のチャットツール「Googleハングアウト」

詳細はこちらのpdfをご覧ください。


↑ページの先頭へ戻る



株式会社SHIFT(ヒンシツ大学)

使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 快適なご受講のため、下記の推奨環境をご用意ください。
・システム要件:インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)、マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
・OS:Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X (10.7以降)
・ブラウザ:Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降
 ※ZOOMのアプリケーションのインストールを前提とした場合の推奨環境です。 ・CPU:デュアルコア2Ghz以上
・メモリ:4GB以上
・ディスプレイ:サブディスプレイをご用意いただくことをおススメします。

※Zoomのシステム要件についての詳細は、以下をご参照ください。
Windows、macOS、Linuxのシステム要件

テキスト:受講後のアンケートにお答えいただけると、一定期間公開いたします。


↑ページの先頭へ戻る



株式会社セールスフォース・ドットコム

使用ツール WebEX
仕様・推奨環境 Salesforceバーチャルクラスに関する詳細は、セールスフォース・ドットコム社関連会社のQuip社FAQページをご参照ください。
バーチャルクラスに関するFAQ         


↑ページの先頭へ戻る



株式会社ブレインパッド

使用ツール Zoom、BOX、Slack
仕様・推奨環境 Zoomが使えることをご確認ください。また以下の環境をご用意ください。
・インターネット接続環境
・PC(Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X(10.7以降))
※エクセル、パワーポイントがインストールされていること
・ウェブカメラ・スピーカー・マイク(イヤホン、ヘッドセットがあると更に快適に受講いただけます。)


↑ページの先頭へ戻る



クラウデラ株式会社

使用ツール 準備中
仕様・推奨環境 準備中


↑ページの先頭へ戻る



グローバルセキュリティエキスパート株式会社

使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 詳細は、グローバルセキュリティエキスパート株式会社から直接送信されるご案内にてご確認ください。         


↑ページの先頭へ戻る



日本クイント株式会社

Google Meet日程の場合


使用ツール Google Meet
仕様・推奨環境 • OS:Windows(R)、macOS(R)(最新および2つ前までのバージョン)
• ブラウザ:Google Chrome(R)、MicrosoftEdge(R)、Firefox(R)、Safari(R)(最新バージョン)
• 事前に音声・カメラのテストを行っておいてください。
https://support.google.com/meet/answer/9302964?visit_id=637250999547861769-2119566014&rd=1

【参考:その他のOSやシステム要件詳細】
http://support.google.com/meet/answer/7317473?hl=ja
• その他、使用方法に関するヘルプはこちらをご参照下さい。https://support.google.com/a/users/answer/9282720?hl=ja

オンライン研修、オンライン試験に関する情報は、以下も併せてご確認ください。
オンライン研修、オンライン試験のシステム要件     


Zoom日程の場合


使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 • OS:Windows(R)7、8、8.1、10、macOS(R)Yosemite(10.10)以降
• ブラウザ:GoogleChrome(R)、InternetExplorer(R)7以降、Firefox(R)、Safari(R)5以降
• 事前に音声・カメラのテストを行っておいてください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083-

【参考:その他のOSやシステム要件詳細】
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023-PC-Mac-Linux
• その他、使用方法に関するヘルプはこちらをご参照下さい。https://support.zoom.us/hc/ja

オンライン研修、オンライン試験に関する情報は、以下も併せてご確認ください。
オンライン研修、オンライン試験のシステム要件     


↑ページの先頭へ戻る



日本ヒューレット・パッカード株式会社

使用ツール 専用ツール(HPE MyRoom)
仕様・推奨環境 HPEライブオンライン研修に関する詳細は、HPE ライブオンライン研修をご確認お願いいたします。
試験込みのコースの場合は、オンライン試験についてのページで該当の試験についてご確認ください。         


↑ページの先頭へ戻る



ミランティス・ジャパン株式会社

使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 【ご準備いただくもの】
トレーニングの受講には以下のものをご準備いただく必要があります。
・筆記用具
・PC
カメラ .... トレーニング中の会話用に必要です。
マイク .... トレーニング中の会話用に必要です。
スピーカー・イヤホン ...受講に必要です。
モニター .... 2台が推奨です。
1台目 .... 講義用プレゼンテーションファイル表示用
2台目 .... ビデオ会議システム(Zoom) 画面表示用

● ビデオ会議システム用ソフトウェア Zoom
・トレーニングは、ビデオ会議システム用ソフトウェア Zoomを通じて行います。
・下記サイトより "Zoom Client for Meetings"をダウンロードの上、事前にPCにインス トールしてください。
https://zoom.us/download

● インターネットへの接続環境
・ブロックポートやファイヤウォールをオフに設定
・Webブラウザー。 Google ChromeもしくはMozilla Firefox
・SSHクライアント
 -WindowsではputtyやCygwinなどのSSHクライアント
 -OSXではLinuxではnative SSHクライアント

【オンライン・トレーニング環境への接続方法】
1) 講義
● 講義では、遠隔会議システムZoomを使用します。講義資料も同会議システム上に表示します。
● 講義資料は、研修中に別途Google Driveを通じて配布いたします。
2)実習
実習では、お一人様づつ割り当てられた遠隔実習環境にアクセスして頂きます。
実習用テキストは、Webブラウザーで指定のURLにアクセスして頂きます。
遠隔実習環境アクセスに関する以下の情報を研修中に遠隔会議システムを通じてお知らせいたします。
● 遠隔実習環境 SSHアクセスIPアドレス・ユーザー名・パスワード
● ハンズオン演習用テキストアクセスURL



↑ページの先頭へ戻る



レッドハット株式会社

使用ツール Bluejeans
仕様・推奨環境 1.バーチャルトレーニング(VT)お申し込みの前に事前確認いただきたい事
以下の、接続チェックツールを利用して、 VT環境に接続できることをご確認ください。
 https://rhtapps.redhat.com/compatibility

2.VTの受講にあたって、お客様にご準備いただくもの
1)インターネットに接続可能なPC(Winows, Mac等)
2)以下の該当コースに関しては事前準備下記の準備も併せてお願いいたします。
 DO180 (Version4以降): Introduction to Containers、Kubernetes and Red Hat OpenShift
 DO288 (Version4以降): Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications

1. GitHubアカウントの取得を事前に行ってください。
(URL: https://github.com )
2. Quayアカウントの取得を事前に行ってください。
(URL: https://quay.io )

受講前までに オンラインラボのアクセスに関する通知が送られます。こちらのメールに、VTにアクセスするためのリンク(開催コース毎のユニークなリンク)、およびコーステキスト(PDF)のダウンロードに関するご案内が送信されます。


↑ページの先頭へ戻る



ご質問、お問い合わせはお気軽に!

定期コースのお申し込み方法やご利用方法、一社向けでのご活用など、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ