ホーム > 会場のご案内 > 他社開催会場

他社開催会場(オンライン)

他社開催会場一覧(50音順)

エヌ・アール・アイ・セキュアテクノロジーズ株式会社

SANS


使用ツール 専用プラットフォーム
仕様・推奨環境 詳細は、Live Onlineについてをご確認くださいますよう
お願いいたします。


↑ページの先頭へ戻る



株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック

使用ツール 準備中
仕様・推奨環境 準備中


↑ページの先頭へ戻る



株式会社キカガク

使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 お申込に際し以下が必要になります。(必須)
・zoomサイトへのサインアップ(アカウント登録)
ご対応の上、お知らせくださいますようお願いいたします。

講義には以下のツールを使用いたします。
ご準備のうえ、ご参加ください。
オンライン講義ツール「Zoom」
ブラウザ「Chrome」
エラー対応等のチャットツール「Googleハングアウト」

詳細はこちらのpdfをご覧ください。


↑ページの先頭へ戻る



クラウデラ株式会社

使用ツール 準備中
仕様・推奨環境 準備中


↑ページの先頭へ戻る



グローバルセキュリティエキスパート株式会社

使用ツール Zoom
仕様・推奨環境 詳細は、グローバルセキュリティエキスパート株式会社から直接送信されるご案内にてご確認ください。         


↑ページの先頭へ戻る



株式会社セールスフォース・ドットコム

使用ツール WebEX
仕様・推奨環境 Salesforceバーチャルクラスに関する詳細は、セールスフォース・ドットコム社関連会社のQuip社FAQページをご参照ください。
バーチャルクラスに関するFAQ         


↑ページの先頭へ戻る



日本ヒューレット・パッカード株式会社

使用ツール 専用ツール(HPE MyRoom)
仕様・推奨環境 HPEライブオンライン研修に関する詳細は、HPE ライブオンライン研修をご確認お願いいたします。
試験込みのコースの場合は、オンライン試験についてのページで該当の試験についてご確認ください。         


↑ページの先頭へ戻る



ミランティス・ジャパン株式会社

使用ツール 準備中
仕様・推奨環境 準備中


↑ページの先頭へ戻る



レッドハット株式会社

使用ツール Bluejeans
仕様・推奨環境 1.バーチャルトレーニング(VT)お申し込みの前に事前確認いただきたい事
以下の、接続チェックツールを利用して、 VT環境に接続できることをご確認ください。
 http://www.europe.redhat.com/test/compatibility/

2.VTの受講にあたって、お客様にご準備いただくもの
1)インターネットに接続可能なPC(Winows, Mac等)
2)以下の該当コースに関しては事前準備下記の準備も併せてお願いいたします。
 DO180 (Version4以降): Introduction to Containers、Kubernetes and Red Hat OpenShift
 DO288 (Version4以降): Red Hat OpenShift Development I: Containerizing Applications

1. GitHubアカウントの取得を事前に行ってください。
(URL: https://github.com )
2. Quayアカウントの取得を事前に行ってください。
(URL: https://quay.io )

受講前までに オンラインラボのアクセスに関する通知が送られます。こちらのメールに、VTにアクセスするためのリンク(開催コース毎のユニークなリンク)、およびコーステキスト(PDF)のダウンロードに関するご案内が送信されます。


↑ページの先頭へ戻る



ご質問、お問い合わせはお気軽に!

定期コースのお申し込み方法やご利用方法、一社向けでのご活用など、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ