ホーム > 集合研修 分野別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:人工知能(AI)) > Introduction to DX ~DX人材になるための基礎知識~

Introduction to DX ~DX人材になるための基礎知識~

期間  1日間 時間  9:30~17:30
価格(税込) 1社様向け 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+デモ+グループワーク(オプション) コースコード  NFC0496G
このコースは定期開催しておりません。1社様向け研修としてご要望にあわせて開催いたします。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

お客様のご要望に応じて、「学習内容」から必要な項目をピックアップしてご提供します。

対象者情報

対象者
・これからDXの取り組みを始める方
・DXに関する基礎的な知識を学びたい方
・DXに取り組まれている企業の新入社員
前提条件
□特にありません

学習内容の詳細

コース概要
DXとは何か、なぜ必要なのか、どのようなデジタル技術をどのように使うことができるのか、を1日でコンパクトに学ぶことができるDXの基礎コースです。
DXを推進するための基本的な枠組みやプロセス、ユーザー企業とSIベンダーに求められる関係、イノベーションを発想する考え方などについても学習します。
学習目標
● DXとは何か、何を目的とし、なぜ必要なのかを説明できる
● DXで活用できる各種のテクノロジーの概要と、どのような仕方で活用できるのかを説明できる
● DXを推進するために何が必要か、どのような人材が求められるかを説明できる
学習内容
1. DXとは何か、なぜ必要なのか

- なぜDXが必要なのか?
     - ビジネスの加速化・グローバル化
     - デジタル ディスラプション
     - 2025年の崖
     - 労働人口の減少による労働力不足
     - COVID-19とDX
     - DXの背景 etc.

- DXとは
     - DXの定義
     - デジタイゼーションとデジタライゼーション
     - 従来のIT活用とDXの違い
     - DXの対象領域 etc.


2. DXを支えるテクノロジー

- DXにおける課題とITの関係

- クラウド
     - クラウドとは
     - クラウドのサービスモデルとビジネス用途
     - SaaS 利用とリソースの再配分
     - クラウド利用による先端技術の導入
     - クラウド利用目的の変化 etc.

- データ分析
     - データ活用のパターン
     - データ処理基盤の概要
     - 顧客接点のデジタル化
     - データレイク、データウェアハウス、ETL、BI
     - 付加価値データの有償提供
     - データ活用のファーストステップ etc.

- AI/マシンラーニング      
     - マシンラーニングの概要
     - マシンラーニングでできること(教師あり学習、教師なし学習、強化学習)
     - 画像・音声のデジタル化の活用
     - 学習済みモデルの利用
     - モデルの作成と学習 etc.

- IoT      
     - モノからコト(サービス)への転換
     - モノと情報のあいだの架橋
     - IoT とデータ分析・マシンラーニング

- XR      
     - XRの種類
     - メタバース
     - Society 5.0


 3. DXの推進とこれからのビジネス

- DXの推進
     - 日本のDX推進状況
     - DX推進の枠組み
     - DXプロジェクトの基本的な推進プロセス
     - DXを推進する人材 etc.

- ユーザー企業のIT導入とSIベンダーの役割
     - ユーザー企業のIT導入:内製と外部連携か
     - ユーザー企業とITベンダー企業の新しい関係 etc.

- ビジネスに直結する開発
     - 価値を創出するビジネスに直結する開発
     - DevOps
     - アジャイル開発、マイクロサービス・アーキテクチャ
     - DevOpsのためのチーム体制 etc.

- サービス/ビジネスモデルの変革
     - 製造業、流通・小売業、金融業
     - DXにおけるサプライチェーンの変化
     - SaaS型サブスクリプションモデルと今後のトレンド

- イノベーションを考える
     - テクノロジーによるイノベーション
     - イノベーションの考え方

- グループディスカッション:イノベーション機会の探求

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
グループワーク:イノベーション機会の探求
講義で学んだ内容(DXとは何か、利用できるデジタル技術、イノベーションの考え方など)を踏まえて、新しいビジネスモデルやサービスなど価値提供のためのイノベーションをディスカッションを通して構想します。
(※ PoCやPoBなど具体的なビジネス構想をするわけではありません)

・デジタル技術を活用したビジネスのアイデアを挙げる
・そのアイデアが、どのようなデジタル技術を用いてどのような価値を顧客に提供するかを説明する
・ディスカッションを通して、それが「業務プロセスの変革」「新しい顧客価値の創出」「新規市場の開拓」「新規ビジネスの創出」 のどれに該当するかプロットする


デモの例
・クラウドのサービスを用いた、ECサイトの購買履歴データのリアルタイム分析
・学習済み機械学習モデルの使用 (画像分析、音声分析、自然言語分析)
・簡単な画像識別モデルの作成

※デモの内容は予告なく変更されることがあります。