ホーム > AMA

AMA (American Management Association)

AMA

AMAとは

American Management Association(AMA)

AMA (American Management Association)は1923年、企業の成長に必要な "マネジメント" や "リーダーシップ" 能力をどうすれば効果的に教育できるか?といった実務家たちの熱い思いから誕生した世界最大のグローバル人材育成コンサルティング組織です。


AMAの歴史 アメリカで設立されてから1世紀

1923年

ビジネスリーダーが意見交換を行う場としてAMAをニューヨークに創設。

AMA創設


1949年

グループディスカッションを含めた少人数ワークショップ形式を開始。

少人数ワークショップ


1993年

AMA日本支社が営業開始。
※写真は、AMAの終身顧問 ピーター・ドラッカー氏が、オープニングセレモニーでスピーチする様子

ピーター・ドラッカー氏


世界に広がるネットワーク

永年蓄積された豊富なノウハウと世界に広がるAMAのネットワークが、世界中に事業展開するお客様の人材に、グローバルスタンダードな視野、知見、スキルをご提供致します。

AMAのネットワーク

↑ページの先頭へ戻る

AMAコースの特徴

企業の課題・ベストプラクティスを反映したコース開発

ビジネスの課題は、市場のニーズや景気動向とともに刻々と変化します。
AMAでは業種やテーマ別にカウンシル*(委員会)を設置しており、市場調査や会員企業の経営幹部が共有した企業の課題やベストプラクティスをもとに、コース開発を行っています。

AMA創設

※ AMAカウンシル
AMAでは会員企業からメンバーを選出し、テーマ別のカウンシルを運営しています。Finance、General Management for Growing Organization、Human Resources等、20ほどのテーマのもとで最大40名のメンバーが所属し、年2回テーマに基づいた最新情報を共有する場を設けています。


詳細: AMA Webサイト「Our Councils」

実務に役立つコースを、日本語/英語で受講可能

AMAのコースは、グローバル化に対応し、 日本語/英語で実施しています。
講義と講師と参加者同士のインタラクティブ(双方向)なやり取りで、時にはゲーム形式の演習を交えて進行します。受講者は、自ら考え、発言し、行動することによって気づきを得て理解をより高めます。


情報交換の場として発展したAMA

実務経験、スキル、共に豊富でバイリンガルな講師陣

●ビジネス経験豊富な講師陣
  AMAでは、ビジネス経験豊富な講師が、実務で活用できる研修を提供しています。

●バイリンガルな講師陣
  講師陣は、日本をはじめ世界各国の慣習や文化に精通したバイリンガルです。
  地域の文化的特性に適応したローカライズを行いコースを提供します。
  また、実務経験談や事例紹介など、受講者が職場で直面する悩みや課題を解決するための支援をします。


講師紹介はこちら

↑ページの先頭へ戻る


AMAの実績

75カ国以上、2万5000社で採用


AMAは、75カ国以上、2万5000社で採用され、過去数十年で400万以上の方々に受講され、その能力開発に寄与してきました。

リーダーシップアワード受賞

アワード受賞

AMAは、TrainingIndustry.comが選出する2019年優秀なリーダーシップトレーニング会社トップ20の一社として選出されました。本賞に選出されたのは、2010年度より9回目となります。


↑ページの先頭へ戻る


公開コースと一社向け研修

公開コース(定期開催コース)

●一人から参加できる
ご希望の公開コース(定期開催コース)日程へ、おひとり様からお申し込みになれます。
公開コースには、様々な業種や職種、国籍のビジネスパーソンが参加します。多様な人材との"他流試合"は、人材の多様化に対応するビジネスシュミレーションにもなり、多くの気付きとやる気を促します。

詳細:AMA公開コースのご紹介


一社向け研修(AMA企業内研修)

●組織全体に育成効果をもたらす
日程や会場、コース内容をアレンジできる一社向けコースは、トレノケートグループの クインテグラルAMA一社向け研修サービスにお任せください。
お客様の企業戦略を理解・確認することからスタートし、戦略を最短で実行するために最適化した一社向け研修を提供します

詳細:クインテグラル Webサイト 一社向け研修のご紹介

↑ページの先頭へ戻る

AMAコース一覧


↑ページの先頭へ戻る

ご質問、お問い合わせはお気軽に!

定期コースのお申し込み方法やご利用方法、一社向けでのご活用など、まずはお問い合わせください。

お問い合わせ

↑ページの先頭へ戻る