ホーム > Windows PowerShell コマンド・スクリプト入門 ~Windows Server 2012R2/2016対応~

Windows PowerShell コマンド・スクリプト入門 ~Windows Server 2012R2/2016対応~

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル Windows PowerShell コマンド・スクリプト入門 ~Windows Server 2012R2/2016対応~
コースコード MSC0482V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 110,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年7月23日(火) ~ 2019年7月24日(水)

新宿LC

  お問い合わせください

実施確定

2019年8月26日(月) ~ 2019年8月27日(火)

新宿LC

  空席あり

2019年9月10日(火) ~ 2019年9月11日(水)

大阪LC

  空席あり

2019年9月24日(火) ~ 2019年9月25日(水)

新宿LC

  空席あり

2019年10月8日(火) ~ 2019年10月9日(水)

名古屋LC

  空席あり

2019年10月29日(火) ~ 2019年10月30日(水)

新宿LC

  空席あり

2019年11月26日(火) ~ 2019年11月27日(水)

新宿LC

  空席あり

2019年12月3日(火) ~ 2019年12月4日(水)

大阪LC

  空席あり

2019年12月17日(火) ~ 2019年12月18日(水)

新宿LC

  空席あり

2020年1月21日(火) ~ 2020年1月22日(水)

名古屋LC

  空席あり

2020年3月10日(火) ~ 2020年3月11日(水)

大阪LC

  空席あり

2020年3月24日(火) ~ 2020年3月25日(水)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

2017年7月以降より、終了時間が17:30となります。

以下のコースの内容と同等の知識をお持ちであると本研修内容を効率的に習得できます。

  • 「Windows Server システム管理基礎(前編) ~Windows Server 2016 / 2012 R2 対応~」 MSC0616V
  • 「プログラミング入門」PR0083CG

対象者情報

対象者
・Windowsシステム管理者、PowerShellでスクリプトを作成するITエンジニア
前提条件
□基本的なWindowsシステムの管理ができる、あるいは「Windows Server システム管理基礎(前編) ~Windows Server 2016 / 2012 R2 対応~」(MSC0616V)受講済みと同程度の知識
□「変数」「繰り返し」「条件判断」の意味を理解している、あるいは「プログラミング入門」(PR0083CG)受講済みと同程度の知識
□コマンドプロンプト上で何らかのバッチファイルの作成経験があり、何らかのプログラム言語でのコーディング経験があると望ましい

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、PowerShellをコマンドベースでおよびスクリプトベースで利用するための基礎知識を習得します。コマンドプロンプトとの差異などの学習から入り、文法(分岐やループ)や関数について学習を進めていきます。本コースを修了することで、PowerShellをコマンドベースで利用したり、スクリプトベースで利用する際の下地を身に着けられます。
学習目標
●コマンドレットの使用法を調べることができる
●パイプを理解し組み立てることができる
●PowerShellの文法(分岐やループ)を理解し、スクリプト作成に役立てることができる
学習内容
1. PowerShell概要
  - PowerShellの特徴
  - 対話型(コマンドベース)としての利用
  - バッチ型(スクリプトベース)としての利用
  - PowerShellのルール

2. リダイレクトとパイプ
  - リダイレクト
  - パイプ
  - パイプを想定したコマンドレット

3. データ型と配列
  - 変数の概要
  - 配列の概要

4. 制御構造
  - 分岐構造
  - 反復(ループ)構造

5. 関数
  - 関数の概要
  - 関数の構文
  - 変数のスコープ
  - 関数の呼び出し方
  - 関数への値の渡し方(call by value)
  - 関数からの値の戻し方
  - 関数への値の渡し方(call by reference)

6. その他の便利な機能
  - PSドライブ
  - コマンドライン入力
  - バッチファイルとの連携
  - 内部コマンドの利用
  - セキュア ストリングデータの作成
  - 特殊キーの処理
  - サブコマンドモードでの配列利用

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2012 R2(PowerShell 4.0)/Windows Server 2016(PowerShell 5.0)

ご注意・ご連絡事項

コース内容は変更される可能性があります。

受講者の声

『sampleが実運用に適したものを使用していただいていたので、ありがたかったです。』
『説明が丁寧なため、細かな点、素朴な疑問が解消しながら講習を進めることができたので、苦手意識をあまり抱えずに理解することができました。 使いこなすにはまだまだだが、入門としてはとても有用でした。』
『ユーザー企業の立場であり、まったくの初心者として参加したのは私だけのようで後半のほうで理解しきれていない部分があるが、サンプルファイルとテキストの見直しで保管して行きたいと考えている。会社に帰ってすぐに使用したくなる内容でした。』