ホーム > C#プログラミング基本パック

C#プログラミング基本パック

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  5日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  330,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  MSC0808G
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

これから開発部門 (C# が主な開発言語) に配属される方にお薦めです。C# および Visual Studio の入門から、C# によるオブジェクト指向開発基礎に関して 5 日間で集中的に学習します。初心者の方にとってハードルが高いオブジェクト指向開発の部分を、通常の定期開催コースより時間をかけて、ゆっくり取り組めます特に配属直前の新入社員の方にお勧めです。(事前・事後の予習・復習のための動画教材、理解度確認テスト(2 回) 付き)

重要なご連絡・ご確認事項

本基本パックは、以下の2コースをまとめて研修日数を1日増やし、事前・事後の予習・復習のための動画教材、理解度確認テストを加えて、パッケージにしたものです。
・MSC0590G : C#によるデータ構造とアルゴリズム (標準2日間のまま)
・MSC0591G : C#によるオブジェクト指向プログラミング (標準2日間を3日間に延長)

【事前課題について】
集合研修にお越しいただく前に必ず「動画」をご覧ください。
動画は、演習内容を学ぶもので、研修開始日の約5日前から30日間ご覧いただけます。
※利用開始日は集合研修開催日に応じて多少前後することがあります。

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・これから開発部門に配属される新入社員・中途入社・別部門から異動の方
・プログラミング初心者の方に難易度の高い、オブジェクト指向プログラミングを、標準の定期開催研修より時間をかけて着実に習得したい方
・事前・事後の予習・復習のための動画教材をつかって効果的に学習した方
・研修受講後の理解度確認テストによって受講効果を確認したい方
前提条件
□コンピュータに関する基本用語を理解している
□構造化プログラミングの考え方を理解している

学習内容の詳細

コース概要
前半は、Microsoft Visual Studio が提供する開発環境を使用して、C#言語で.NET Framework 対応のアプリケーション開発を行うために必要となる文法や開発環境の使い方を学習します。
後半はオブジェクト指向の重要概念(カプセル化、継承、ポリモーフィズム、インターフェイス)を理解し、C#で実現する方法を学習します。それによりオブジェクト指向のメリットを体感し、理解します。また、Visual Studio 2019 に至るバージョンアップの過程でC#に施された言語仕様の拡張(ジェネリック、ラムダなど)を有効活用し、保守性、拡張性が高く効率的なコーディングを可能にする実装方法について学習します。
学習目標
● Microsoft Visual Studio を使用してアプリケーションを開発する
● C#プログラミング言語の基本文法に基づいてアルゴリズムを記述する
● 基本的なオブジェクト指向プログラミングを理解する
● 簡単なGUI を持つWindows アプリケーションを作成する
● 基本クラスを継承する派生クラスを定義する
● 抽象クラスを定義する
● インターフェイスを実装する
● オーバーライドによるポリモーフィズムを実装する
● ジェネリックを活用し、クラス定義を効率化する
● デリゲートとラムダを活用し、コード定義を効率化する
学習内容
(前半 2 日間) MSC0590G : C#によるデータ構造とアルゴリズム

1. Visual Studio と.NET Frameworkの概要
 - アプリケーション概要
 - Microsoft Visual Studio
 - .NET Framework

2. 基本文法
 - C#のプログラム構造
 - C#の定義済みの型の使用
 - 式の記述
 - 条件ステートメントの作成
 - 繰り返しステートメントの作成
 - 配列の作成
 - デバッグと例外処理

3. オブジェクト指向入門
 - オブジェクト指向とは
 - new 演算子
 - メソッド
 - プロパティ

4. Windows アプリケーション
 - Windows フォーム
 - コントロール
 - イベント ハンドラー


(後半 3 日間) MSC0591G : C#によるオブジェクト指向プログラミング

1. オブジェクト指向概要
 - オブジェクト指向とは
 - オブジェクト指向の利点
 - オブジェクト指向の重要概念

2. クラスとインスタンス
 - クラスの定義
 - インスタンスの生成
 - インスタンスの利用
 - 静的メンバ
 -【参考】列挙型と構造体

3. カプセル化
 - カプセル化の利点
 - フィールドのカプセル化
 - メソッドのカプセル化
 - クラスのカプセル化
 - アクセス制御
 -【参考】ジェネリック型
 - 部分クラス

4. 継承とポリモーフィズム
 - 継承の利点
 - 継承時のコンストラクタの動作
 - メソッドのオーバーライド
 - System.Object クラス
 - 抽象クラス
 - インターフェイス
 - ポリモーフィズムの利点
 - オーバーライドによるポリモーフィズム
 - 参照の代入とキャスト

5. クラスライブラリ
 - クラスライブラリの利用
 - 名前空間の定義
 - クラスライブラリの作成

6. デリゲートとラムダ
 - ローカル変数の型推論
 - オブジェクト初期化子
 - 匿名型
 - 自動実装プロパティ
 -【参考】タプル型
 -【参考】デリゲート
 -【参考】カスタムイベント
 -【参考】匿名メソッドとラムダ式

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Visual Studio 2019
Microsoft .NET Frameowrk 4.7.2
演習/デモ内容
(前半 2 日間) MSC0590G : C#によるデータ構造とアルゴリズム

演習 1 C# 概要
- 簡単な Windows アプリケーションの作成

演習 2 基本文法 1
- 三角形の面積を求める
- 偶数か奇数かを判定
- 検診の判定。
- 0 から6 までの値をそれぞれ曜日に変換
- BMI 指数を計算し肥満度を判定

演習 3 基本文法 2
- 配列要素内の数値合計
- 配列要素内の最大値表示
- 二次元配列で九九の結果を表示

演習 4 メソッド
- 戻り値のないメソッドを作成
- 戻り値のあるメソッドを作成
- メソッドのオーバーロードを定義

演習 5 Windows アプリケーション
- タイマーコントロールによるキッチンタイマーの作成
- 簡易電卓の作成


(後半 3 日間) MSC0591G : C#によるオブジェクト指向プログラミング

演習 1 クラスとインスタンス
- 携帯電話クラスの作成
- 携帯電話を使う

演習 2 カプセル化
- フィールドのカプセル化
- インスタンスを操作する

演習 3 継承(その1)
- 携帯電話クラスを拡張する
- インスタンスを操作する

演習 4 継承(その2)
- インタフェースを定義する
- カメラ機能付き携帯電話を定義する
- ToStringメソッドをオーバーライドする
- インスタンスを操作する

演習 5 ポリモーフィズム
- 携帯電話屋クラスを定義する
- インスタンスを取得して操作する

演習 6 クラスライブラリの作成と利用
- クラスライブラリプロジェクトを作成する
- 簡単日付時計クラスを定義する
- 携帯電話クラスに日付時刻の表示機能を、SimpleClockクラスを利用して実装する
- インスタンスを取得して操作する

演習 7 カスタムイベントの作成と利用
- 時計クラスを拡張する
- 携帯電話クラスにアラーム機能を追加する
- 携帯電話クラスにアラームを設定する

ご注意・ご連絡事項

【事前課題について】
・集合研修にお越しいただく前に必ず「動画」をご覧ください。
・動画は、演習内容を学ぶもので、研修開始日の約5日前から30日間ご覧いただけます。
※利用開始日は集合研修開催日に応じて多少前後することがあります。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。
・コースの内容は変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。