Microsoft Azure 基礎(AZ-900T01)バウチャ付き

コース基本情報

コースタイトル Microsoft Azure 基礎(AZ-900T01)バウチャ付き
コースコード MSC0676V  
コース種別 集合研修 形式 講義+デモ
期間 1日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 80,850円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年12月14日(月) ~ 2020年12月14日(月)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2020年12月24日(木) ~ 2020年12月24日(木)

オンラインLive

  空席あり

実施確定

2021年1月8日(金) ~ 2021年1月8日(金)

オンラインLive

  残りわずか

2021年1月18日(月) ~ 2021年1月18日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年2月15日(月) ~ 2021年2月15日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年3月15日(月) ~ 2021年3月15日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年4月5日(月) ~ 2021年4月5日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年4月19日(月) ~ 2021年4月19日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年5月17日(月) ~ 2021年5月17日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年5月31日(月) ~ 2021年5月31日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年6月14日(月) ~ 2021年6月14日(月)

オンラインLive

  空席あり

2021年6月28日(月) ~ 2021年6月28日(月)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

Microsoft Azure認定資格 合格応援キャンペーン2020 実施中!
 

本コースはAZ-900:Microsoft Azure Fundamentals の受験予定の方に最適です。
本コースには「Microsoft Fundamentals Certification Exams」バウチャがついています。
このバウチャはAZ-900などのFundamentals試験のみ受験できます。
(通常のMCPは受験できませんのでご注意願います)
▼バウチャなしコースは下記リンクからお申込できます。

重要なご連絡・ご確認事項

コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


※本コースに付属する電子テキスト(PUBLUS Lite)の補助教材は、印刷できません。

対象者情報

対象者
・現在または将来的にクラウド コンピューティングに携わる方
・クラウド ベースの製品、ソリューション、サービスの販売または購入に関与している方
・クラウド コンピューティングと Azure を初めて学習する方
・MCP試験 「AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals」受験予定の方
前提条件
□ このコースを受講するための前提条件はありません。
□ 技術的な IT 経験は必須ではありませんが、一般的な IT の知識または経験があれば望ましい。

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、クラウド サービスの基礎レベルの知識を身につけ、クラウド サービスが Microsoft Azure でどのように提供されるかを学習します。このコースは、クラウド サービスと Microsoft Azure について学習するときの最初のステップとして、Microsoft Azure や Microsoft のクラウド サービスのコースに進む前に必要に応じて受講できます。
このコースでは、クラウド コンピューティングの一般的な概念を説明するとともに、クラウド コンピューティングの一般的なモデルとサービスを取り上げます。たとえば、パブリック、プライベート、ハイブリッドのクラウドと、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) などです。
また、Azure のコア サービスとソリューションも取り上げるほか、セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、および信頼性に関する Azure の柱となるサービスについても説明します。最後に、Azure の価格体系と、利用可能サポート サービスについて説明します。
学習目標
● 一般的なクラウド コンピューティングの概念を理解する
● Microsoft Azure で利用可能なコア サービスを理解する
● Microsoft Azure でのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信頼性を理解する
● Microsoft Azure の価格体系とサポート モデルを理解する
学習内容
1. クラウドの概念
 - 学習目標
 - クラウド サービスを使う理由
 - クラウド モデルの種類
 - クラウド サービスの種類
 - モジュール 1 復習問題

2. コア Azure サービス
 - 学習目標
 - Azure のコア アーキテクチャ コンポーネント
 - Azure のコア サービスと製品
 - Azure ソリューション
 - Azure 管理ツール
 - モジュール 2 復習問題

3. セキュリティ、プライバシー、コンプライアンス、信頼性
 - 学習目標
 - Azure でのネットワーク接続のセキュリティ保護
 - コア Azure ID サービス
 - セキュリティ ツールと機能
 - Azure ガバナンスの方法論
 - Azure での監視とレポート
 - Azure のプライバシー、コンプライアンス、データ保護の標準
 - モジュール 3 復習問題

4. Azure の価格体系とサポート
 - 学習目標
 - Azure サブスクリプション
 - コストの計画と管理
 - Azure で利用可能なサポート オプション
 - Azure サービス レベルアグリーメント (SLA)
 - Azure のサービス ライフサイクル
 - モジュール 4 復習問題

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Windows Server 2016
Windows 10
Microsoft Azure
実習/演習/ デモ内容
このコースでは、コンポーネントに関するラボやグループ構造のハンズオンはありません。
録画されたデモ、コース全体で利用可能なステップバイステップ形式のチュートリアルでは、必要に応じて、これらの一部またはすべてをフォローするか、試してみることをお勧めします。

デモ(英語):
無料の Azure アカウントを作成する
Azure 仮想マシンを作成する。
Blob Storage を作成する
Azure Portal をカスタマイズする

チュートリアル:
Azure Portal を使用して仮想マシンを作成する
Azure Portal を使用して仮想ネットワークを作成する
Azure Portal を使用して Azure Container Instances (ACI) をデプロイする
Blob Storage を作成する
SQL Database を作成する
Azure IoT Hub に IoT デバイスを追加する
Azure Portal 内で Azure Functions でサーバーレス コードを実行する
Azure CLI の操作
Azure PowerShell を使用してスクリプトから VM を作成する
Azure Cloud Shell で VM に IIS Web サーバーをインストールする
Azure Advisor で推奨レポートを保存する
Azure Portal を使用して Azure Firewall を実装する
Azure 料金計算ツールの見積もりをダウンロードする
Azure TCO 計算ツールのコスト比較レポートをダウンロードする
※コース内ですべてのチュートリアルを実施するわけではありません。

関連試験や資格との関連

MCP試験 AZ-900:Microsoft Azure Fundamentals

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・本コースに付属する電子テキスト(PUBLUS Lite)の補助教材は、印刷できません。