ホーム > Microsoft 365 での情報保護とコンプライアンスの管理 (SC-400T00) バウチャー付き

Microsoft 365 での情報保護とコンプライアンスの管理 (SC-400T00) バウチャー付き


対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  4日間 時間  9:30~17:30
価格(税込)  308,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習(オンラインラボ) コースコード  MSC0870V
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年4月23日(火) ~ 2024年4月26日(金)

オンラインLive

  キャンセル待ち

実施確定

2024年6月18日(火) ~ 2024年6月21日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年9月10日(火) ~ 2024年9月13日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年11月12日(火) ~ 2024年11月15日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

▼バウチャなしコースは下記リンクからお申込できます。

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室とオンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

重要なご連絡・ご確認事項

テキストおよび演習環境について
 本コースでは、マイクロソフト社から提供される電子テキストを使用します。(一部英語となっておりますが、講義は日本語です)
電子テキストのプラットフォームはMicosoft Learnを使用します。受講に際して事前にテキスト参照用に Microsoft アカウントが必要となります。
 詳しくはガイドをご覧ください。

●演習環境について
 本コースでは、演習環境としてリモートラボ(Skillable)を使用します。リモートラボ(Skillable)接続テストをご覧のうえご確認ください。

 コースの内容は予告なく変更される可能性があります。

対象者情報

対象者
・コンテンツの分類、データ損失防止、ガバナンス、および保護のためのポリシーとルールを作成する、情報保護の管理者
前提条件
□Microsoftのセキュリティおよびコンプライアンステクノロジに関する基礎知識(SC-900もしくは同等の知識)
□情報保護の概念に関する基本的な知識
□クラウドコンピューティングの概念の理解
□Microsoft 365製品およびサービスの理解(MS-900もしくは同等の知識)

学習内容の詳細

コース概要
Microsoft 365 の展開にある情報を保護する方法について説明します。
このコースは、組織内におけるデータ ライフサイクル管理と情報保護およびコンプライアンスに焦点を当ており、データ損失防止ポリシー、機密情報の種類、秘密度ラベル、データ保持ポリシー、Microsoft Purview メッセージの暗号化、監査、電子情報開示、インサイダー リスクや、関連するトピックの実装について説明します。
このコースは、受講者がMicrosoft Information Protection 管理者試験 (SC-400)の準備をするのに役立ちます。
学習目標
● Microsoft 365 で Information Protection を実装できる
● データ損失防止を実装できる
● データ ライフサイクルとレコードの管理を実装できる
● Microsoft Purview を使用してデータとアクティビティを監視および調査できる
● Microsoft 365 でインサイダーとプライバシーのリスクを管理できる
学習内容
1. Microsoft Purview に情報保護を実装する
  - Microsoft Purview の情報保護の概要
  - データ保護およびガバナンスを行うためにデータを分類する
  - 機密情報の種類を作成および管理する
  - Microsoft 365 暗号化について説明する
  - Microsoft Purview にメッセージ暗号化を展開する
  - Microsoft Purview で情報を保護する
  - 秘密度ラベルを適用して管理する

2. データ損失防止の実装
  - Microsoft Purview でデータ損失を防止する
  - エンドポイント データ損失防止を実装する
  - Microsoft Defender for Cloud Apps および Power Platform 用に DLP ポリシーを構成する
  - Microsoft Purview で DLP ポリシーとレポートを管理する

3. データ ライフサイクルとレコード管理の実装
  - Microsoft Purview のデータ ライフサイクル管理
  - Microsoft 365 でデータ保持を管理する
  - Microsoft 365 にレコード管理を実装する

4. Microsoft Purview を使用してデータとアクティビティを監視および調査する
  - Microsoft 365 でのコンプライアンスを探索する
  - Microsoft Purview コンプライアンス ポータルでのコンテンツの検索
  - Microsoft Purview eDiscovery (Standard) を管理する
  - Microsoft Purview eDiscovery (Premium) を管理する
  - Microsoft Purview 監査 (Standard) を管理する
  - Microsoft Purview 監査 (Premium) を管理する

5. Microsoft 365 でインサイダーとプライバシーのリスクを管理する
  - Microsoft Purview コミュニケーション コンプライアンスを準備する
  - Microsoft Purview でインサイダー リスクを管理する
  - Microsoft Purview 情報バリアを実装する
  - Microsoft Priva を使用して規制とプライバシーの要件を管理する

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Microsoft 365

関連試験や資格との関連

MCP試験 SC-400: Microsoft 365 での情報保護とコンプライアンスの管理

ご注意・ご連絡事項

・コースの内容は予告なく変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・本コースでは、マイクロソフト社 から提供される電子テキスト(日本語、一部英語)を使用いたします。
・演習はオンラインラボで行います。オンラインラボ内のWindows OSの言語は英語です。