ホーム > 集合研修 分野別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:CCNA) > Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v1

Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v1

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • 30 CLC
    CLCトレーニング受講券利用対象コース

コース基本情報

コースタイトル Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v1
コースコード CSC0421V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 5日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 330,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年3月2日(月) ~ 2020年3月6日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年4月20日(月) ~ 2020年4月24日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年6月8日(月) ~ 2020年6月12日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年6月29日(月) ~ 2020年7月3日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年7月13日(月) ~ 2020年7月17日(金)

名古屋LC

  空席あり

2020年7月27日(月) ~ 2020年7月31日(金)

大阪LC

  空席あり

2020年8月17日(月) ~ 2020年8月21日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年9月7日(月) ~ 2020年9月11日(金)

大阪LC

  空席あり

2020年9月14日(月) ~ 2020年9月18日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

本コースは2020年2月24日に開始されるCisco認定試験「200-301 CCNA」に対応しています。
200-301 CCNA試験に合格することで、
・CCNA認定の取得(有効期間は3年間)
・継続教育プログラムを使用して30 CEクレジットを取得すれば認定を更新可能
となります。

【重要】本コースの学習内容は、講師による「講義」部分と、後日受講者が個別に行う「自習」部分があります。
・本コースの講義時間では、講師による「講義」部分の説明および演習を行います。
・本コースの期間中、講師は「自習」部分の説明はしませんのでご注意ください。

重要なご連絡・ご確認事項

★受講前の事前準備作業について(必ずお読みください)
本コースで使用するCiscoデジタルテキストへのアクセスには、CCO ID(Cisco.comのユーザID)が必要です。

●CCO ID をお持ちでない方は、上記「アカウントの登録」をクリックしてコース受講までに必ずCCO IDをご登録ください。CCO IDの詳細な情報やサポートが必要な場合は、Cisco.com ユーザID アクセス権限ガイドをご覧下さい。

●すでにCCO IDを登録済みの方は、上記「ログインの確認」をクリックしてCCO IDでログインできることをご確認ください。


※類似したIDにCSCO ID(CSCO+8桁の数値、例:CSCO87654321)がありますが、これはCisco認定試験の受験に使用するIDです。Ciscoデジタルテキストのアクセスには使用できませんのでご注意ください。

対象者情報

対象者
・Ciscoルータ、スイッチを使用して小規模~中規模のネットワークの提案、構築、サポートを行うネットワークエンジニア
・Cisco製品のリセラー・チャネルパートナー、へルプデスク担当
・エントリレベルのネットワークエンジニア
前提条件
□基本的なコンピュータリテラシーを習得している
□基本的なPC OSの操作スキルを習得している
□インターネットの利用方法を知っている
□IPアドレスに関する基礎知識を修得している

学習内容の詳細

コース概要
このコースはすべてのITキャリアの皆様向けに、幅広い基礎知識を修得いただけます。講義と演習を組み合わせることで、Ciscoネットワーク機器のインストール、運用、設定、および確認方法を学習します。このコースではスイッチ、ルータ、無線LANコントローラーなどのネットワーク機器の基本構成や管理について説明します。また、基本的なセキュリティ上の脅威について学習します。更にネットワークプログラマバビリティ、自動化、SDN (Software Defined Network)の基礎も学習します。
学習目標
・小規模から中規模なネットワークにおいて、インストール、設定、運用に関する知識とスキルを修得する
・ネットワーキング、セキュリティ、およびネットワーク自動化の基礎技術を修得する
・200-301 CCNA認定を取得するための準備を行う
学習内容
1. ネットワーキングの主要な機能
2. ホスト間通信モデルの概要
3. Cisco IOSソフトウェアの操作
4. LAN基礎
5. TCP/IPリンクレイヤ
6. スイッチについて
7. TCP/IPインターネット層概要、IPv4アドレスとサブネット
8. TCP/IPトランスポート層とアプリケーション層
9. ルーティング機能
10. Ciscoルータの設定
11. パケット配信プロセス
12. 簡単なネットワークのトラブルシューティング
13. IPv6の基礎
14. スタティックルーティングの設定
15. VLANとトランクの設定
16. VLAN間ルーティング
17. OSPFの基本
18. 冗長スイッチトポロジの構築(*自習)
19. EtherChannelを使った冗長スイッチトポロジの改善
20. レイヤ3冗長化(*自習)
21. WAN技術入門(*自習)
22. ACLの基本
23. インターネット接続の有効化
24. QoSの基礎(*自習)
25. 無線LANの基礎(*自習)
26. アーキテクチャと仮想化(*自習)
27. インテリジェントネットワークの進化
28. システムモニタリングの基礎
29. Ciscoデバイスの管理
30. セキュリティ脅威の状況(*自習)
31. 脅威防御テクノロジーの実装(*自習)
32. セキュアな管理アクセス
33. デバイスの強化の実装

(*自習)が付いているセクションは自主学習用の資料です。
講師は「自習」部分は説明しません。本コース受講後にご自身で学習を進めて下さい。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
シスコ社が提供するリモートラボを使用
実習/演習/ デモ内容
1. Cisco CLI(Command-Line Interface)の利用
2. スイッチ動作の確認
3. スイッチの基本設定
4. TCP/IPアプリケーションの確認
5. Ciscoルータ インターフェース設定
6. CDP/LLDPの設定と確認
7. デフォルトゲートウェイの設定
8. パケット転送の確認
9. スイッチ媒体とポートの問題のトラブルシューティング
10. ポートの二重化に関する問題のトラブルシューティング
11. 基本的なIPv6接続の設定
12. IPv4スタティックルーティングの設定と確認
13. IPv6スタティックルーティングの設定と確認
14. VLANとトランクの設定
15. Router on a Stickの設定
16. シングルエリアOSPFの設定と確認
17. EtherChannelの設定と確認
18. IPv4 ACLの設定と確認
19. プロバイダ割り当てIPv4アドレスの設定
20. スタティックNATの設定
21. ダイナミックNATおよびPAT(ポートアドレス変換)の設定
22. WLCへのログイン
23 WLCのモニタリング
24. ダイナミックVLANインターフェイスの設定
25. DHCPスコープの設定
26. WLANの設定
27. RADIUSサーバの定義
28. 管理オプションの確認
29. Cisco DNA Centerの確認
30. NTPの設定と確認
31. Cisco IOSイメージバックアップの作成
32. Cisco IOSイメージの更新
33. GUIを使用したWPA2 PSK(事前共有鍵)による無線LANの設定
34. セキュアなコンソールアクセスとリモートアクセス接続
35. リモートアクセス接続の有効化と制限
36. ポートセキュリティの設定と確認

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 200-301 CCNA

ご注意・ご連絡事項

・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
・学習内容は予告なく変更される可能性があります。
・2020年3月開催分は英語版テキストでの実施となります。日本語版テキストについては、詳細が決まり次第ご案内いたします。