ホーム > Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v2

Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA) v2


対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  5日間 時間  9:30~18:00
価格(税込)  330,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  CSC0461V

対応チケット/ポイント等

  • 30 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年5月13日(月) ~ 2024年5月17日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年6月24日(月) ~ 2024年6月28日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年7月22日(月) ~ 2024年7月26日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年8月19日(月) ~ 2024年8月23日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年9月2日(月) ~ 2024年9月6日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年9月30日(月) ~ 2024年10月4日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年10月28日(月) ~ 2024年11月1日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年11月18日(月) ~ 2024年11月22日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年12月2日(月) ~ 2024年12月6日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

【重要】本コースの学習内容は、講師による「講義」部分と、後日受講者が個別に行う「自習」部分があります。
・本コースの講義時間では、講師による「講義」部分の説明および演習を行います。
・本コースの期間中、講師は「自習」部分の説明はしませんのでご注意ください。
・自習部分の解説と学習をご希望の方はCCNA BOOT CAMPをご検討ください。 

重要なご連絡・ご確認事項

【重要】コース参加のための必要準備があります。こちらの内容に従ってお手続きをお願いします。

Ciscoサイトへのアカウント登録

本コースで利用する電子テキストの閲覧には、Cisco社へ登録したシスコアカウントを使用します。

アカウントがない場合、コース当日にテキストをご覧いただくことが出来ません。
アカウントをお持ちでない方は、こちらを参考に受講時までにご用意ください。


本コースはオンライン対応です

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程はオンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


オンラインで参加される場合

電子テキスト、リモートラボの接続にGoogle Chromeブラウザを使用します。(一部のアドオン含む)


対象者情報

対象者
・Ciscoルータ、スイッチを使用して小規模~中規模のネットワークの提案、構築、サポートを行うネットワークエンジニア
・Cisco製品のリセラー・チャネルパートナー、へルプデスク担当
・エントリレベルのネットワークエンジニア
・保有シスコ認定をCE (継続教育プログラム)で更新予定の方
前提条件
□基本的なコンピュータリテラシーを習得している
□基本的なPC OSの操作スキルを習得している
□インターネットの利用方法を知っている
□IPアドレスに関する基礎知識を修得している

学習内容の詳細

コース概要
このコースはすべてのITキャリアの皆様向けに、幅広い基礎知識を修得いただけます。講義と演習を組み合わせることで、Ciscoネットワーク機器のインストール、運用、設定、および確認方法を学習します。このコースではスイッチ、ルータ、無線LANコントローラーなどのネットワーク機器の基本構成や管理について説明します。また、基本的なセキュリティ上の脅威について学習します。更にネットワークプログラマバビリティ、自動化、SDN (Software Defined Network)の基礎も学習します。
学習目標
・小規模から中規模なネットワークにおいて、インストール、設定、運用に関する知識とスキルを修得する
・ネットワーキング、セキュリティ、およびネットワーク自動化の基礎技術を修得する
・200-301 CCNA認定を取得するための準備を行う
学習内容
1. ネットワーキングの機能について
2. ホスト間通信モデルの概要
3. Cisco IOS ソフトウェアの運用
4. LAN の概要
5. TCP/IP リンク レイヤについて
6. スイッチの起動
7. TCP/IP インターネット レイヤ、IPv4アドレシング、およびサブネットの概要
8. TCP/IPトランスポート レイヤおよびアプリケーション レイヤの説明
9. ルーティングの機能について
10. Cisco ルータの設定
11. パケット配信プロセスについて
12. 簡易ネットワークのトラブルシューティング
13. 基本的な IPv6 の概要
14. スタティック ルーティングの設定
15. VLAN とトランクの実装
16. VLAN 間のルーティング
17. OSPF の概要
18. EtherChannel による冗長スイッチド トポロジの改善
19. ACL の基本を説明する
20. インターネット接続の有効化
21. インテリジェント ネットワークの進化について
22. システム モニタリングの概要
23. シスコ デバイスの管理
24. 管理アクセスのセキュリティ保護
25. デバイス強化の実装
26. 冗長スイッチド トポロジの構築(*自習)
27. レイヤ 3 の冗長性の調査(*自習)
28. WAN テクノロジーの概要(*自習)
29. QoS の概要(*自習)
30. ワイヤレスの基礎の説明(*自習)
31. アーキテクチャと仮想化の概要(*自習)
32. セキュリティ脅威の状況の調査(*自習)
33. 脅威防御技術の実装(*自習)

(*自習)が付いているセクションは自主学習用の資料です。
講師は「自習」部分は説明しません。本コース受講後にご自身で学習を進めて下さい。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
シスコ社が提供するリモートラボを使用
演習/デモ内容
1. Cisco CLI について
2. スイッチの動作方法
3. 基本的なスイッチ構成の実行
FASTLab1. スイッチの初期コンフィギュレーションの実装
4. TCP/IP アプリケーションの検査
5. シスコルータのインターフェイスの設定
6. レイヤ 2 検出プロトコルの設定と確認
FASTLab2. ルータの初期設定の実装
7. デフォルト ゲートウェイの設定
8. パケット転送について
9. スイッチ メディアとポートの問題のトラブルシューティング
10. ポートのデュプレックス問題のトラブルシューティング
11. 基本的な IPv6 接続の設定
12. IPv4 スタティックルートの設定と確認
13. IPv6 スタティックルートの設定
FASTLab3. IPv4 スタティック ルーティングの実装
FASTLab4. IPv6 スタティック ルーティングの実装
14. VLAN とトランキングの設定
FASTLab5. VLAN およびトランクのトラブルシューティング
15. VLAN 間ルーティングの設定
FASTLab6. VLAN 間における複数の VLAN と基本的なルーティングの実装
16. シングルエリア OSPF の設定および確認
17. EtherChannel の設定と確認
FASTLab7. EtherChannel による冗長スイッチド トポロジの改善
18. IPv4 ACL の設定と確認
FASTLab8. 番号付きおよび名前付き IPv4 ACL の実装
19. プロバイダー割り当ての IPv4 アドレスの設定
20. スタティック NAT の設定
21. ダイナミック NAT および PAT の設定
FASTLab9. PAT の実装
22. Cisco DNA Center について
23. NTP の設定と確認
FASTLab10. システムメッセージ ロギングの設定
24. Cisco IOS イメージ バックアップの作成
25. Cisco IOS イメージのアップグレード
26. セキュアなコンソールとリモートアクセス
27. リモート アクセス接続の有効化と制限
FASTLab11. デバイス管理機能のアクセス保護
28. ポート セキュリティの設定と確認
FASTLab12. デバイス強化の実装
29. WLC にログインして監視する
30. オープン ワイヤレス ネットワークの設定
31. RADIUS サーバーを定義し、SNMP と Syslog を有効にする
32. WPA2 PSK を使用する WLAN の設定

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 200-301 CCNA

ご注意・ご連絡事項

・オンライン参加の場合、テキスト閲覧と演習環境アクセスにGoogle Chromeブラウザが必要となります。
・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
・本コースにはトレノケートが独自作成した各種資料が付属します。
・学習内容は予告なく変更される場合があります。
・本コースのセクション26~33の8セクションは、コース中にインストラクタは説明せず、自習していただく部分です。(自習部分も200-301 CCNA試験の範囲に含まれています)
・自習セクションは 学習内容項目の右に(*自習)と記述しています。
・自習セクションの講義と解説をご希望の方は、CCNA BOOT CAMPコースをご検討ください。
・受講取り消し期限はコース開始の15日前、日程変更期限は5営業日前まで(当該日が当社休業日の場合は、その直前の営業日まで)となります。