ホーム > REST APIによるインフラ管理実践

REST APIによるインフラ管理実践

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  71,500円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  NFC0455G

対応チケット/ポイント等

  • Select6
    Select6
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年10月22日(金) ~ 2021年10月22日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年11月22日(月) ~ 2021年11月22日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月17日(月) ~ 2022年1月17日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年2月21日(月) ~ 2022年2月21日(月)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月28日(月) ~ 2022年3月28日(月)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

様々な立場のIT業務担当者に役立つ、幅広い環境で効果を発揮できる研修です。
~例えば~
・Python初学者⇒基本文法を習得した次のステップとして、実践的な知識を身に付けることができる
・自動化検討中のインフラ運用担当者⇒実業務への転換がしやすいPython+REST APIのスキルを習得できる
・IT初学者⇒簡単な基礎知識のみで自動化ツールを作り上げられるという成功体験が得られる

一方で、Pythonの学習経験や、インフラ自動化プログラミングの事前経験は本研修には不要です。
是非お気軽にご参加ください。

重要なご連絡・ご確認事項

オンラインLiveでご受講の場合は、お手元に以下の演習用環境をご用意いただく必要があります。
  • Windows 10
  • Python 3.8 以上をインストール
  • シームレスなインターネット接続環境 (pipコマンドやPythonスクリプトが、HTTP/HTTPSでインターネットに直接接続できること)

対象者情報

対象者
インフラ管理の自動化スキルを習得したい方
前提条件
- Ciscoデバイスのご利用経験があること (CCNA合格程度を推奨)
- Python経験の有無は不問

学習内容の詳細

コース概要
この研修では、インフラ管理作業を自動化するためのテクニックである REST API を学習することができます。
REST APIの知識は、NW機器やクラウドサービスの管理で汎用的に利用できます。
Python + requestsライブラリの用法やHTTP通信の基礎知識を学習することで、ベンダーに依存しない業界標準のスキルを育むことができます。
学習目標
requestsライブラリをPythonスクリプトの中で利用してHTTPメッセージを送受信できる
APIドキュメントを参照して必要なパラメータ読解し、REST APIを実行できる
学習内容
- HTTPとJSON
  - テキストファイルにJSON形式でパラメータを記述する
  - dict型データ構造をJSON形式のテキストに変換してPythonプログラム内で利用する

- requests ライブラリの活用
  - requestsライブラリでHTTPリクエストを送信する
  - APIドキュメントを読解して、HTTPリクエストのヘッダやボディを構成する
  - HTTPレスポンスのメッセージを検査して、トラブルシューティングする

- Python基本構文
  - テキストファイルを読み書きする
  - Pythonの標準ライブラリ(os,datetime)を利用する

- (チャレンジ演習) 総合演習 インフラ管理の自動化
  - 複数のAPIを連携させるPythonスクリプトを作成する
  - ログの書き込みやAPI実行失敗時のアラート通知などの、自動化スクリプトの定番要件を実装する

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Windows 10
Python 3.8 以上
演習/デモ内容
- テキストファイルにJSON形式でパラメータを記述する
- dict型データ構造をJSON形式のテキストに変換してPythonプログラム内で利用する
- requestsライブラリでHTTPリクエストを送信する
- APIドキュメントを読解して、HTTPリクエストのヘッダやボディを構成する
- HTTPレスポンスのメッセージを検査して、トラブルシューティングする
- Pythonの基本構文(for,if/else,関数)を利用する
- テキストファイルを読み書きする
- Pythonの標準ライブラリ(os,datetime)を利用する
- (チャレンジ演習) 総合演習 インフラ管理の自動化
- (チャレンジ演習) API利用時の認証手順

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

オンラインLiveでご受講の場合は、お手元に以下の演習用環境をご用意いただく必要があります。
Windows 10
Python 3.8 以上をインストール
シームレスなインターネット接続環境 (pipコマンドやPythonスクリプトが、HTTP/HTTPSでインターネットに直接接続できること)

受講者の声

●APIに触れるのは初めてで、講習前は少し不安な気持ちもありましたが、分かりやすくご説明頂き安心しました。
●実践的でしたので業務にすぐに生かせそうな内容でした。 参加できて大変有益でした。
●とても実用的でこれからプログラマビリティを向上させたいネットワークエンジニアにはとてもよい講習だと思います。