ホーム > VoIP技術概要 ~SIP, QoSを使用した音声ネットワーク~

VoIP技術概要 ~SIP, QoSを使用した音声ネットワーク~

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル VoIP技術概要 ~SIP, QoSを使用した音声ネットワーク~
コースコード OI336  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~16:30 価格(税抜) 110,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年12月25日(火) ~ 2018年12月26日(水)

新宿LC

  残りわずか

2019年2月18日(月) ~ 2019年2月19日(火)

新宿LC

  空席あり

2019年6月27日(木) ~ 2019年6月28日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

VoIPシステム構築に必要とされる基本技術、運用/管理のポイントについて学習します。

コンピュータ通信に精通した方がはじめて音声通信を学習するのに最適です。


対象者情報

対象者
・コンピュータ通信に精通しているが、音声通信は初めてという方
前提条件
□「コンピュータネットワーク技術」(NWC0110G)および「TCP/IPプロトコル詳解」(NWC0141G)を受講もしくは同等の知識がある
□スイッチやルータなどのネットワーク機器の仕組みや特徴を説明できる
□IP、TCP、UDP等のTCP/IPの基本的な仕組みや用語の説明ができる

学習内容の詳細

コース概要
音声データをIPネットワーク上で扱う上で必要な技術全般について学習し、VoIPシステム導入におけるポイントを修得します。また、シンプルなVoIPネットワークで、基本的な設定手順やSIPとRTPによるVoIP通信の仕組みなどを、実機演習を通して修得します。
学習目標
● 既存システムに合わせたIP電話導入ポイントについて説明する
● VoIPゲートウェイ、呼制御サーバ、ハードフォン、ソフトフォン、VoIPターミナルアダプタなどVoIPシステムを構成する機器について理解した上で、機器選定を行う
● SIPを適用したVoIP構成について説明し、SIP基本メッセージをトレースする
● システム要件に合わせた適切な音声帯域計算および調整を行う
● 音声/データ統合をIPネットワークで実装するにあたり適切なQoS適用について説明する
● 音声品質の基本的な評価方式を説明する
● VoIPで使用されるサービスを説明する
学習内容
1. VoIP概要
  - 従来型電話システムの概要
  - PBX(Private Branch eXchange)
  - PBXのメリットとデメリット
  - VoIPの概要
  - VoIP機器
  - VoIPのメリットとデメリット
  - PBXからVoIP/IP電話システムへの移行

2. VoIP技術
  - 電話の仕組み
  - シグナリングプロトコル(SIP)
  - IPパケット化(RTP)
  - ネットワーク帯域幅
  - VoIPのセキュリティ

3. VoIPネットワーク設計
  - 音声品質劣化要因
  - ネットワークQoSの評価
  - 音声品質評価基準
  - VoIPネットワーク設計考慮事項

4. VoIPを使用したサービス
  - 音声メール
  - 音声会議
  - プレゼンス(在席管理)
  - モバイルセントレックス(VoWLAN)

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
Lab1. SIPサーバへの登録
Lab2. 各操作によるSIPメッセージの確認
Lab3. RTPパケットの確認
Lab4. コーデックによる音声品質の違い
Lab5. QoSを使用した音声トラフィックの優先制御