ホーム > PythonによるWebアプリケーション開発

PythonによるWebアプリケーション開発

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル PythonによるWebアプリケーション開発
コースコード PRC0124G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 108,900円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年8月16日(月) ~ 2021年8月17日(火)

オンラインLive

  空席あり

2021年10月7日(木) ~ 2021年10月8日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

豊富なサンプルプログラムを掲載し、多くのコードに触れることでプログラムの動作の理解を促します。

対象者情報

対象者
・Webアプリケーション開発が初めての方
・Webアプリケーションに興味のあるエンジニア
・これからDjangoを導入したWebアプリケーション開発をされる方
・これからDjangoを導入したWebシステム開発プロジェクトに関係される方
前提条件
□「Pythonプログラミング1 基本文法編(PRC0103G)」を受講または同等の知識を持つ
□「Pythonプログラミング2 オブジェクト指向編(PRC0104G)」を受講または同等の知識を持つことが望ましい
□「1日でわかる!Webテクノロジー」を受講または同等の知識を持つ
□ 何らかのプログラミング言語によるWebアプリケーションの構築経験があることが望ましい

学習内容の詳細

コース概要
本コースでは、Djangoを利用してPythonでWebアプリケーションを構築する方法を学習します。
DjangoはPythonで実装されたWebアプリケーションフレームワークであり、Pythonを利用してWebアプリケーションを構築する現場で、シェアの高いフレームワークです。多彩な基本機能を持ち、すばやいサイト構築をサポートします。
このコースでは、Djangoの特徴や仕組みを理解し、サンプルと実習を通して生産性の高いWebアプリケーション構築技法を習得します。
学習目標
● Djangoの特徴を理解する
● Djangoの開発環境を行うことができる
● Djangoを用いて簡単なWebアプリケーションを作成できる
学習内容
1. PythonによるWebアプリケーション開発 概要
  - Webアプリケーション
  - Webアプリケーションの仕組み
  - Pythonを利用したWebアプリケーション開発
  - (参考)フレームワークとは
  - Djangoとは

2. 開発環境を整えよう
  - (参考)Pythonのインストール
  - Djangoのインストール
  - Djangoプロジェクトの作成
 - Djangoプロジェクトのフォルダ構造
  - Djangoアプリケーションの作成
  - 動作確認
  - DjangoにおけるMVTの考え方
  - Visual Studio Codeの環境構築

3. 簡単なレスポンスを返してみよう
  - リクエストとレスポンス
  - views.pyのみを利用したレスポンスの作成
  - urls.pyを利用したURLディスパッチ
  - Templateを利用したレスポンスの作成
  - Templateを利用した動的なコンテンツ
  - Templateの応用
  - セッションの利用

4. Djangoフォームを利用してみよう
  - 一般的な入力フォームとDjangoフォームの違い
  - forms.pyを利用したDjangoフォームの作成
  - DjangoフォームのTemplateファイルへの組み込み
  - (参考) Djangoフォームのカスタマイズ
  - フォームに入力された値の取得
  - URLパスコンバータを利用した値の取得
  - クロスサイトリクエストフォージェリとは
  - Djangoのクロスサイトフォージェリ対策

5. Webアプリケーションでデータを扱おう
  - 各種RDBMSとの連携
  - SQLite3の概要
  - models.py概要
  - Modelを利用したテーブルの作製
  - Modelを利用したデータの操作
  - SQLite3以外のRDBMSの利用と移行

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
・Python3.5以降

ご注意・ご連絡事項

・ソフトウェアのバージョンは変更される可能性があります。
・環境構築に使用したファイルや演習ファイルをお持ち帰りいただくことができます。
ご希望の方は、ご受講の際にUSBフラッシュメモリやポータブルHDなどをお持ちください。
・学習内容は予告なく変更される可能性があります。