ホーム > JavaScript文法編 ~基礎から応用まで~

JavaScript文法編 ~基礎から応用まで~

期間  2日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  110,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  WSC0096G
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年9月21日(火) ~ 2021年9月22日(水)

オンラインLive

  お問い合わせください

実施確定

2021年10月26日(火) ~ 2021年10月27日(水)

新宿LC

  空席あり

2021年11月30日(火) ~ 2021年12月1日(水)

オンラインLive

  空席あり

2022年1月24日(月) ~ 2022年1月25日(火)

オンラインLive

  空席あり

2022年3月29日(火) ~ 2022年3月30日(水)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

本コースは「エンタープライズJavaScript ~プロトタイプ、関数オブジェクト、jQueryの利用~」(WSC0019G)の内容を最新の言語仕様に大幅リニューアルしたものです。

重要なご連絡・ご確認事項

【本コースはオンライン対応です】

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。

  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


※本コースに付属する電子テキスト(PUBLUS Lite)は、印刷できません。

対象者情報

対象者
・JavaScriptの基礎を学びたい方
・Webブラウザーで動作するアプリケーションの作り方の基礎を学びたい方
・ECMAScript 2015から導入された構文や機能について学びたい方
前提条件
□HTMLを利用して入力フォームを含むWebページを記述できること
あるいは
□「基礎から学べるHTML5 ~CSS とJavaScript を使用したWebページの作成~」(WSC0022G)と同程度の知識を持っている方
□なんらかのプログラミング言語の学習経験があること
※プログラミング未経験の方のご受講も可能ですが、コース内でプログラミングの基本的な考え方などの説明は行いませんので、実習を含んだ事前学習を行ってからご受講されることをお勧めします。

学習内容の詳細

コース概要
JavaScript言語の仕様であるECMAScriptは、バージョン2015で大幅な改定が行われ、まったく新しい言語に生まれ変わりました。本コースは、そのECMAScript 2015を利用してJavaScriptプログラミングの基礎を学びます。
すでに主要なWebブラウザーはECMAScript 2015の大部分の機能をサポートしシステム開発の現場でも利用が広まりつつあります。古いWebブラウザーへの対応方法も確立していますので実行対象とするWebブラウザの新旧によらず、これからJavaScriptを使ってWebアプリケーションを開発するためには、ECMAScript 2015は必須の知識と言えるでしょう。
本コースは、JavaScriptを初めて学ばれる方、あらためて新しいJavaScriptを再学習をしたい方の両方にお勧めできるコースです。
学習目標
●JavaScriptの基本構文や標準ライブラリを利用して簡単なプログラムを記述する
●Webブラウザーで動作する簡単なアプリケーションを作成する
学習内容
1. 概要と準備
  - JavaScriptとは
  - ECMAScript

2. ECMAScript 2015の基礎文法
  - 変数
  - 演算子
  - 制御構文
  - 例外
  - Canvas 

3. 関数
  - 関数の定義
  - 関数リテラル
  - アロー関数
  - 変数のスコープ
  - イベント・リスナー

4. クラスの定義
  - クラス
  - 継承

5. モジュール/webpack導入
  - モジュールの作成とエクスポート
  - webpack導入

6. Babel

7. サーバーとの通信

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Windows 10
Microsoft Edge
Google Chrome
VisualStudio Code
Node.js

ご注意・ご連絡事項

・コース内容の詳細、および使用ソフトウェアは変更される可能性があります。
【本コースはオンライン対応です】
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
・オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
・教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。
・本コースに付属する電子テキスト(PUBLUS Lite)は、印刷できません。