ホーム > 速習Cisco Wireless

速習Cisco Wireless

  • 22 CLC
    CLCトレーニング受講券利用対象コース
  • 18 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数

コース基本情報

コースタイトル 速習Cisco Wireless
コースコード CSC0411V  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 3日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 214,500円(税込)
主催 トレノケート
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

※Cisco試験対策コースではありません。

重要なご連絡・ご確認事項

■Ciscoサイトへのアカウント登録
本コースの修了には、Cisco社へ登録したCCOアカウントが必要となります。
アカウントをお持ちでない方は、下記を参考に受講時までにご用意ください。

ご登録、ご確認方法
1. アカウントの作成 (既にお持ちの方は2へ)
https://learningspace.cisco.com/ より、[今すぐ登録する] をクリック

2. Cisco Learning Network Spaceにログインする
https://learningspace.cisco.com/ より、[ログイン] をクリックし、作成したアカウントでログインができることを確認

対象者情報

対象者
・ネットワークエンジニア
・ネットワークアドミニストレータ
・ネットワークマネージャ
・システムエンジニア
・無線LANの設計、計画、実装を行う方
前提条件
□「コンピュータネットワーク技術」(NWC0110G)を受講、あるいは同等の知識がある
□ネットワークに関する基本知識がある
□(推奨)Ciscoのネットワーク機器(レイヤ3スイッチ)の操作経験がある
□(推奨)VLAN、IEEE802.1Qタグ(トランク)について理解している

学習内容の詳細

コース概要
集中管理型の実機を用いて学習できます。
Cisco WLANの基本の説明、Cisco WLANコンポーネント(アクセス ポイントとコントローラ)のインストール、WLANセキュリティの実装が含まれています。
学習目標
● 無線の基礎知識を習得する
● Ciscoワイヤレスネットワークの基礎や、Ciscoワイヤレスコントローラーの設定方法を学習する
● ワイヤレスセキュリティの設定方法を学習する
学習内容
1. 無線LANの基本
  - ワイヤレスの基礎
  - 無線の原則
  - 無線に関する数字
  - スペクトラム拡散の基本
  - 無線LANの媒体アクセス制御
  - 無線の管理

2. セキュリティとクライアントアクセス
  - セキュリティの構成要素
  - 802.11セキュリティ
  - 802.1X/EAPフレームワーク
  - EAP認証
  - WPA/WPA2セキュリティ
  - ゲストアクセスの提供
  - OS毎の無線LAN接続

3. シスコ ワイヤレス ネットワーク アーキテクチャの定義
  - シスコ ワイヤレスネットワークの導入オプション
  - Cisco Oneネットワーク
  - モビリティアーキテクチャ
  - クライアントのRF条件とパフォーマンスの最適化
  - レイヤ2インフラストラクチャ サポート

4. 集中型ワイヤレスアクセスの実装
  - WLCの初期化
  - APの初期化
  - クライアント アクセスの設定
  - ローミングの実装

5. 小規模なリモート ワイヤレスアクセスの実装
  - FlexConnectアーキテクチャ
  - 自律型アーキテクチャ
  - クラウドアーキテクチャ

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Cisco Aironet Access Point
Cisco Catalyst レイヤ3スイッチ
Cisco Virtual Wireless LAN Controller
実習/演習/ デモ内容
Lab1.演習環境のセットアップ
Lab2.Wireless Controller の構成
Lab3.アクセスポイントの構成
Lab4.トラブルシューティング
Lab5.PKI 環境の構築
Lab6.EAP-TLS の構成
Lab7.ダイナミックVLAN の構成

ご注意・ご連絡事項

・テキストは英語ですが、講義は日本語で行います。
・本コースは、「速習Cisco Wireless」(CSC0348V)の後継コースです。
・学習内容は予告なく変更される可能性があります。