ホーム > メンタルヘルスを考慮した上司としてのマネジメント術 ~ラインケアの基本と部下へのかかわり方~

メンタルヘルスを考慮した上司としてのマネジメント術 ~ラインケアの基本と部下へのかかわり方~


期間  1日間 時間  13:00~17:00
価格(税込)  40,700円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  HSC0231G
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年6月19日(水) ~ 2024年6月19日(水)

オンラインLive

  空席あり

実施確定

2024年7月4日(木) ~ 2024年7月4日(木)

オンラインLive

  空席あり

2024年8月5日(月) ~ 2024年8月5日(月)

オンラインLive

  空席あり

2024年9月18日(水) ~ 2024年9月18日(水)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

自身のメンタルヘルス・セルフケアとして実践することを洗い出し、必要性を理解したうえで、上司として部下のメンタルヘルス・ラインケアの方法を考えます。 部下のメンタルヘルス不調にいち早く気づくために観察すべきこと、部下マネジメントで工夫することを考え、ケーススタディによって部下へのかかわり方を明確にします。

対象者情報

対象者
・リーダーや管理職の方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
あらゆるビジネスパーソンが様々なストレスにさらされる今の時代、組織においては従業員・メンバーが心身ともに健康な状態でパフォーマンスを発揮できるよう、上司(管理職)は部下のメンタルヘルスケア(ラインケア)を担うことが求められます。
万が一、部下にメンタルヘルス不調の兆しが見られた際には即時、適切な対応をすることが求められる故、上司にはメンタルヘルスに関する正しい知識を持つ必要があります。
一方で、上司が部下に対するラインケアを行うためには、上司自らが自身のメンタルヘルスケアを管理できなくてはいけません。

本コースでは、自身のメンタルヘルス・セルフケアを実現する必要性を理解したうえで、上司として部下のメンタルヘルス・ラインケアの方法を学びます。
具体的に部下と接するうえで気をつけるべきこと、メンタルヘルスに不安のある部下への接し方・かかわり方を学びます。

(※)本コースは産業カウンセラー監修のもと開発し、現場で実際にメンタルヘルスケアの経験を積んだ講師が担当します。
学習目標
●上司としてメンタルヘルスの正しい知識を身につけ、セルフケアをする
●部下のメンタルヘルス不調を見逃さないための観察項目をあげる
●リモートワーク時の部下マネジメントで工夫することをあげる
●部下が相談しやすくなるための声かけをする
学習内容
1.メンタルヘルスについての正しい知識を身につける
 - メンタルヘルスとは
 - ストレスとは
 - メンタルヘルスとストレスの関係性
 - ストレスの多い時代を理解する
 - まずは、上司自身のメンタルヘルスが大事
 【演習】セルフケアのために実践すること

2.部下マネジメントの基本 ~メンタルヘルス不調を見逃さないための日常ルーティン~
 - 部下のメンタルヘルスに取り組むにあたっての留意点
 - 部下のメンタルヘルス不調を見逃さないための日常ルーティン
 【演習】異変を察知する方法


3.リモートワーク時の部下マネジメント
 - リモートワークでも『観察』と『気づき』が大事
 【演習】こういう時、どうする?
 - リモート環境におけるハラスメントに注意 

4.部下の相談に乗る ~部下の想いを受け止める~
 - 部下の相談に乗る
 - 部下が相談したいと言ってきたら
 - 部下に話しやすさを感じてもらう(環境を整える、傾聴する)
 - 話を受け止めたうえで、「解消」か「問題解決が必要か」を判断する
 【演習】ケーススタディ/部下の相談に乗る

5.【参考】メンタルヘルスに不安のある部下へのかかわり方
 - メンタルヘルスに不安のある部下へのかかわり方

6. まとめ ~明日から実践したいことを整理する~

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
講義、グループワーク、ディスカッション、ライティング(書く)などを行います。

ご注意・ご連絡事項

コース内容は、変更になる可能性があります。
演習は、学習の進捗、受講者のレベルやニーズによって、追加したり変更したりすることがあります。
リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。