ホーム > 【PDU対象】ITIL(R)4 スペシャリスト:ハイベロシティIT (HVIT) コース (再試験1回付)

【PDU対象】ITIL(R)4 スペシャリスト:ハイベロシティIT (HVIT) コース (再試験1回付)


対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  3日間 時間  9:30~18:00
価格(税込)  323,400円(税込) 主催  株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック
コース種別  集合研修  
形式  講義 コースコード  MGC0155R

対応チケット/ポイント等

  • 13 PDU (Business Acumen)
    PDU対象コース
  • 2 PDU (Power Skills)
    PDU対象コース
  • 6 PDU (Ways of Working)
    PDU対象コース
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年7月8日(月) ~ 2024年7月10日(水)

ITP(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年8月5日(月) ~ 2024年8月7日(水)

ITP(オンライン)

  お申し込み後確認

2024年9月9日(月) ~ 2024年9月11日(水)

ITP(オンライン)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

これで安心!ITIL® 4上位のオープンコースが再試験バウチャ付きに

2024年4月以降、ITプレナーズが開催する当公開コースには、1回目の試験で不合格だった場合も追加料金なしで2回目の受験ができるバウチャが付与されます。
ITIL® 4上位コースをより安心して受験いただけるようになりましたので、ぜひご活用ください。

以下のWebページもご参照ください。(ITプレナーズのWebページが表示されます)
・弊社経由で他社主催研修へお申込みの場合、弊社が「訓練の実施機関」ではないため、人材開発支援助成金の申請書類にトレノケートは署名できません。「主催」欄をご確認ください。本研修コースはトレノケート経由のお申込では人材開発支援助成金の申請ができない旨を予めご了承のうえ、お申込みください。

重要なご連絡・ご確認事項

当コースの認定試験は、オンライン・プロクタリング試験での実施となります。 
オンライン・プロクタリング試験について詳細は以下でご確認ください。
オンライン・プロクタリング試験(PeopleCert社Webページ)
オンライン・プロクタリング試験-申込方法(PeopleCert社Webページ)

対象者情報

対象者
デジタル化が進む組織で働くITおよびサービスマネジメントの実践者を対象としています。
従来のITやサービスマネジメントの概念に慣れている人が、自信を持って「デジタル」について議論し、実践的な能力を身につけ、新しい概念、テクニック、技術を自分の仕事のやり方に取り入れることができるようになることを目的としています。
前提条件
□必須条件
本コースを受講するには、ITIL® 4 ファンデーション試験に合格している必要があります。

学習内容の詳細

コース概要
ITIL® 4 スペシャリスト:ハイベロシティITコースは、AXELOSのシラバスに基づき行うコースです。このコースでは、デジタルトランスフォーメーションの具体的な内容を取り上げ、組織がビジネスとテクノロジーの融合に向けて進化すること、または新しいデジタル組織を確立することを支援します。ITIL®4のコンセプトや用語、演習、およびコースに含まれるケーススタディを活用し、受講者はハイベロシティIT認定試験に合格するための関連知識を習得することができます。

ITIL® 4スペシャリスト ハイベロシティITコースは、デジタル組織とデジタル運営モデルがハイベロシティ環境においてどのように機能するかについて、実践者が探求できるように設計されています。このコースは、デジタルネイティブな組織と同じような方法で業務を遂行することを目指す組織を支援します。このコースでは、アジャイルやリーンなどの業務プラクティスや、クラウド、自動化、自動テストなどの技術的なプラクティスやテクノロジーを使用します。これらのプラクティスや技術の焦点は、最大の価値を得るために製品やサービスを迅速に提供することです。
学習目標
● デジタル企業のハイベロシティな性質に関するコンセプトを、それがITにもたらす需要を含めて理解できる。
● デジタル製品のライフサイクルを、ITILの運用モデルの観点から理解できる。
● ハイベロシティITの提供に関する、ITILの従うべき原則とその他の基本コンセプトの重要性を理解できる。
● デジタル製品を用いてどのように価値の達成に貢献するかを知る。
学習内容
ユニット1:はじめに

ユニット2:ハイベロシティITとは

ユニット3:ハイベロシティITのアプローチ

ユニット4:ハイベロシティITの運用モデル

ユニット5:ハイベロシティITのためのITILの構成要素

ユニット6:ハイベロシティITカルチャ

ユニット7:「目的」のためのサポートモデルおよびコンセプト

ユニット8:「人」のためのサポートモデルおよびコンセプト

ユニット9:「進化」のためのサポートモデルおよびコンセプト

ユニット10:ハイベロシティITの目標と技法

ユニット11:価値ある投資に関する技法

ユニット12:迅速な開発に関する技法

ユニット13:レジリエントな運用に関する技法

ユニット14:価値共創に関する技法

ユニット15:保証された適合に関する技法

模擬試験

関連試験や資格との関連

ITIL®認定試験 ITIL® 4 HIGH-VELOCITY IT

ご注意・ご連絡事項

・本コースは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックが開催いたします。
・株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック開催コースの、受講者変更・キャンセル・日程変更は、コースの開催日より7営業日前までとさせて頂きます。
・ITIL®はAXELOS Limitedの登録商標であり、AXELOS Limitedの許可のもとに使用されています。すべての権利は留保されています。
・キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
- コースの開催日より6営業日前~当日までに取り消した場合:受講料の全額を請求
(当該日が当社休業日の場合には直前の営業日までとなります。)