ホーム > マイクロソフト デスクトップ仮想化ソリューション (リモートデスクトップとVDI) ~Windows Server 2019/2016対応~

マイクロソフト デスクトップ仮想化ソリューション (リモートデスクトップとVDI) ~Windows Server 2019/2016対応~

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  9:30~16:30
価格(税込)  71,500円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  MSC0779V

対応チケット/ポイント等

  • Select6
    Select6
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年2月21日(月) ~ 2022年2月21日(月)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

シンクライアントによるセキュリティ強化や管理コスト削減を検討中の方に最適です。

対象者情報

対象者
・シンクライアントソリューションを提案するSE
・シンクライアント環境を構築するITエンジニア
前提条件
以下のコースを受講済みと同程度の知識
□「Windows Serverシステム管理基礎(前編)」(MSC0765G)
□「Hyper-Vの構成と管理基礎」(MSC0641V)

学習内容の詳細

コース概要
本コースでは、Windows Server 2019および2016の「リモートデスクトップサービス」を使ったセッションベースのデスクトップ展開と、仮想マシンベースのデスクトップ展開(VDI: Virtual Desktop Infrastructure)について学習します。
学習目標
● リモートデスクトップセッションホストを構成する
● リモートデスクトップWebアクセスを構成する
● RemoteAppを構成する
● VDI環境を構築し、個人用仮想デスクトップを作成する
● VDI環境を構築し、仮想デスクトッププールを作成する
学習内容
1. デスクトップ仮想化ソリューション
  - デスクトップ管理の課題
  - リッチクライアントの利用
  - シンクライアントの利用

2. リモートデスクトップサービスのインストール
  - リモートデスクトップサービスの基本構成
  - リモートデスクトップサービスのインストール手順
  - リモートデスクトップサービスの管理ツール
  - リモートデスクトップサービスの可用性と負荷分散
  - ユーザープロファイル
  - リモートデスクトップクライアント

3. セッションベースのデスクトップ展開(リモートデスクトップ)
  - インストールモード
  - セッションコレクション
  - シングルサインオン
  - リモートデスクトップWebアクセス
  - RemoteApp

4. 仮想マシンベースのデスクトップ展開(VDI)
  - VDIの基本構成
  - クライアントOSの展開
  - クライアントOSの管理(個人用仮想デスクトップ)
  - クライアントOSの管理(プールされた仮想デスクトップ)
  - リモートデスクトップWebアクセスとRemoteApp
  - Windows Serverの便利な機能

5. その他のリモートデスクトップサービス
  - リモートデスクトップライセンスサーバー
  - リモートデスクトップゲートウェイ

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Windows Server 2019 + Hyper-V
Windows 10 (仮想マシンとして)
演習/デモ内容
Lab1. 演習環境の確認と準備
Lab2. リモートデスクトップサービスのインストール
Lab3. セッションベースのデスクトップ展開
Lab4. 仮想マシンベースのデスクトップ展開
参考: リモートデスクトップゲートウェイ