ホーム > デジタルフォレンジックコース ~侵害調査の基礎訓練~

デジタルフォレンジックコース ~侵害調査の基礎訓練~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)

コース基本情報

コースタイトル デジタルフォレンジックコース ~侵害調査の基礎訓練~
コースコード SCC0282R  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 10:00~17:30 価格(税込) 330,000円(税込)
主催 株式会社ラック
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年1月16日(木) ~ 2020年1月17日(金)

LAC東京(平河町)

  お申し込み後確認

2020年3月18日(水) ~ 2020年3月19日(木)

LAC東京(平河町)

  お申し込み後確認

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。

重要なご連絡・ご確認事項

2019年10月以降の開催コースより、お申し込みの変更(キャンセル、日程変更)に関する規定が変更となりました。

対象者情報

対象者
・IT技術者(インフラ系)
・情報システム・セキュリティ推進部門担当者
・SOC(セキュリティ運用)要員
・CSIRT要員(管理系)
・CSIRT要員(技術系)
前提条件
□マルウェアの基本的な動作に関する知識
□標的型攻撃で利用される一般的な侵害手口に関する知識(Persistence, Lateral Movement, Exfiltration)

※事前に「SCC0074R 情報セキュリティ事故対応2日コース 実機演習編」を受講されていると、より本コースの内容について理解が深まります。

学習内容の詳細

コース概要
標的型攻撃(※1)などにおける攻撃者の侵害手口は、近年ますます高度化しています。
この為、従来の"ウイルス対策ソフトによるフルスキャン"といった対応手順では、攻撃者が設置した遠隔操作マルウェア(リモートコントロールツール※2)などを発見できない事案が増加傾向にあります。
本コースでは、侵害が疑われる状況において、デジタル・フォレンジック技術を利用した初動対応を行うことにより、被害拡大の防止、影響範囲の確認、情報漏洩を判断する基礎的な手法について演習形式で学びます。(対象はWindows環境となります)
※1 APT:Advanced Persistent Threat
※2 RAT:Remote Access Trojan/Remote. Administration Tool
学習目標
● プロキシログから、マルウェアによる不正通信を発見し、影響範囲の確認などができるようになる
● Windowsのシステム内に設置されているマルウェアを発見し、被害状況、影響範囲の確認ができるようになる
● 削除ファイルの復元方法を学び、インシデント対応の幅を広げられるようになる
学習内容
--1日目午前--

1. プロキシログ解析
  - 遠隔操作マルウェアとC2サーバとの通信
  - マルウェアによる通信の特徴
  - マルウェアによる不正通信の調査演習

--1日目午後--

2. マルウェアの手動探索
  - マルウェアの特徴と自動起動の手口(TTPs)
  - マルウェアを発見する3つの観点
  - ツールを利用したASEP(自動開始拡張ポイント)の調査演習

--2日目午前--

3. プログラム実行痕跡調査
  - プリフェッチファイルを利用した侵害確認
  - プリフェッチファイルの可視化と調査
  - 侵害範囲調査演習

--2日目午後--

4. ファイルシステムのログ調査
  - ファイルシステムのログを利用した侵害確認
  - NTFS USNジャーナルの可視化と調査
  - USNジャーナルによる攻撃痕跡調査演習

5. 削除データの調査
  - 削除ファイルの状態遷移
  - 削除ファイルの復元手法「カービング」
  - 攻撃者の隠蔽手口を模したファイル探索演習

ご注意・ご連絡事項

・最少催行人数に達しない場合には中止になる場合がございます。
・コース内容は変更される可能性があります。
・株式会社ラック開催コースの受講お申し込みは11営業日前まで、キャンセル・日程変更は11営業日前まで、受講者変更は2営業日前までとさせていただきます。日程変更は同一コースにつき一回限りです。

なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
・コース開始日の10営業日前以降:受講料の全額を請求
・日程変更後のキャンセル:お申し出日に関わらず受講料の全額を請求