ホーム > 集合研修 分野別検索 > 集合研修 コース検索一覧(カテゴリ:コンサルタントスキル) > 【PDU対象】ソリューション提案スキル実践ワークショップ 基礎編 ~説得力のある論理的な提案書作成のポイント~

【PDU対象】ソリューション提案スキル実践ワークショップ 基礎編 ~説得力のある論理的な提案書作成のポイント~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • Select6
    Select6
  • 13 PDU (Leadership)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】ソリューション提案スキル実践ワークショップ 基礎編 ~説得力のある論理的な提案書作成のポイント~
コースコード BSC0043G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 121,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年3月22日(月) ~ 2021年3月23日(火)

新宿LC

  空席あり

2021年5月20日(木) ~ 2021年5月21日(金)

新宿LC

  空席あり

2021年6月3日(木) ~ 2021年6月4日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年6月24日(木) ~ 2021年6月25日(金)

大阪LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
ITエンジニア(SE、テクニカルサポート)や営業など、顧客へのソリューション提案の機会が多い方
提案型営業を必要としているITプロフェッショナル

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは顧客に選ばれるソリューション提案に必要な手順の全体像を理解し、その手順を実践的な演習を通じて段階的に学習します。
まず、これまでの商談で引き出した顧客のニーズを元に、ステークホルダーの期待値を想定し、期待値を超えるための提案コンセプトを考えます。
次に、提案コンセプトを元に、顧客にとって納得感がある、論理的な構成を考えます。ストーリーボードの手法を活用して、相手に刺さる、顧客に選ばれる提案になっているかどうかを徹底的に検証していきます。
最後に、顧客との最終提案直前の商談を想定したロールプレイ演習を通じて、学習したスキル、知識を総合的に習得していきます。真剣に提案を検討している、顧客の視点で、提案側のプレゼン・質問を受けることで、多くの改善ポイントに気づくことができます。
学習目標
顧客の期待値を想定して提案コンセプトを作れる
説得力のある論理的な構成を作れる
構成を活かした提案資料作成の流れを理解する
顧客との最終提案直前の商談で、説得力のある論理的な構成を活かして選ばれる提案ができる
学習内容
0.オリエンテーション
 研修の進め方・自己紹介・お願い事項

1.顧客の期待値を想定し、提案コンセプトを決める
 ステークホルダー分析
 プランニング
 提案コンセプト
【演習①】提案コンセプト作成
 
2.説得力のある論理的な構成を練る
 プランニングから構成への流れ
 提案ストーリー
 ストーリーボード
 【演習②】ストーリーボード作成問題設定
 
3.構成を活かした提案資料作成の流れ
 構成をもとに提案資料に落とし込む手順
 ソリューション提案の各項目の見せ方のポイント

4.顧客に選ばれる提案プレゼンの流れ
 説得力のある論理構成を活かして選ばれる提案をする
 
 【演習③】 顧客に選ばれるプレゼン 1回目
 ロールプレイ:最終提案直前の商談で、
 選ばれるためのプレゼンとヒアリングを実践する
 振り返りとフィードバック

 1回目の問題点を改善して2回目の会話の質を上げる
 【演習④】 顧客に選ばれるプレゼン 2回目
 ロールプレイ:最終提案直前の商談で、
 選ばれるためのプレゼンとヒアリングを実践する
 振り返りとフィードバック

全体のまとめ

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
このコースでは、提案コンセプトを元に、顧客にとって納得感がある、論理的な構成を考えます。ストーリーボードの手法を活用して、相手に刺さる、顧客に選ばれる提案になっているかどうかを徹底的に検証していきます。

最後に、顧客との最終提案直前の商談を想定した、本番さながらの、緊張感のあるロールプレイを実施します。
真剣に提案を検討している顧客の視点で、提案側のプレゼン・質問を受けることで、選ばれる提案をするための、多くの改善ポイントに気づくことができます。