ホーム > 【PDU対象】問題解決スキル実践ワークショップ 基礎編 ~ロジカルな問題解決プロセスを活用し、納得感のある解決策を導くスキル~

【PDU対象】問題解決スキル実践ワークショップ 基礎編 ~ロジカルな問題解決プロセスを活用し、納得感のある解決策を導くスキル~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • Select6
    Select6
  • 13 PDU (Business/Strategic)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】問題解決スキル実践ワークショップ 基礎編 ~ロジカルな問題解決プロセスを活用し、納得感のある解決策を導くスキル~
コースコード BSC0033G  
コース種別 集合研修 形式
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 110,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年9月24日(火) ~ 2019年9月25日(水)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
顧客へソリューション提案を担当される方
顧客の問題解決を支援する立場の方
業務改善、改革プロジェクトを担当される方
プロジェクトに対して、コンサル的にかかわる必要のある方
プロジェクトマネージャやリーダー

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、ロジカルシンキングを活用し、論理的な問題解決のプロセスに沿って、チームで話し合いながら問題解決を進めていきます。
身近な職場の問題をテーマに、論理的な問題解決のプロセス(What問題の設定、Where問題箇所の特定、Why原因分析、How解決策の決定)の順番で、ロジカルな問題解決のプロセスを体験していきます。
単に知識としてのロジカルシンキングを知っているだけでなく、論理的な問題解決プロセスを明確にして、そのプロセスに沿って、職場の問題を構造的に把握し、納得感のある解決策を導けるようになることをめざします。
学習目標
問題解決プロセスの全体像を理解し、説明できる
解決すべき重要な問題を特定する手順について理解し、説明できる
特定した問題について、因果関係に注目して原因を分析し、根本原因を明確化する手順について理解し、説明できる
根本原因を解決し、あるべき姿を達成するための解決策を導き出す手順について理解し、説明できる
学習内容
0.オリエンテーション
 研修の進め方・自己紹介・お願い事項

1. 問題解決プロセス概要
  復習:問題解決のプロセス
  問題解決プロセス(What Where Why How)
  What 問題設定ステップ
  Where 問題箇所特定ステップ
  Why 原因分析ステップ
  How 解決策立案・評価・選択ステップ

2.問題設定What
 問題の捉え方(2つの視点)
  What 問題設定ステップの手順
 復習:MECE(ミーシー、モレなく、ダブリなく)
 【演習①】「問題設定What」

3.原因分析Where&Why
 Where&Why 原因分析ステップの手順
 復習:ロジックツリー
 【演習②】「原因分析Where&Why」
 【演習②】「原因分析Where&Why」(続き)

4. 解決策立案How1
  How1 解決策立案ステップの手順
 復習:フレームワーク
 【演習③】「解決策の方向性確認と解決策の立案How1」

5. 解決策の評価・選択How2
  How2解決策の評価・選択ステップの手順
  復習:オプション思考
 【演習④】「解決策の決定 プレゼンテーション意思決定How2」

まとめ
 【演習⑤】今後の目標設定

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
このコースでは、職場の問題を解決するために召集された業務改善チームメンバーとして職場の問題解決に取り組みます。
毎回の演習(問題解決の会議)は、論理的な問題解決のプロセス(What問題の設定、Where問題箇所の特定、Why原因分析、How解決策の決定)に沿って、受講者が交代で進行役のリーダーとなり、ファシリテーションを実施します。
演習では、受講者同士のディスカッションを中心に、受講者同士、講師からのフィードバックによるふりかえりをしながら進めていきます。