ホーム > 【PDU対象】ITプロフェッショナルのためのビジネス思考力養成(入門)~問題解決力とビジネス・コミュニケーションのベースを築く~

【PDU対象】ITプロフェッショナルのためのビジネス思考力養成(入門)~問題解決力とビジネス・コミュニケーションのベースを築く~

  • Select6
    Select6
  • 13 PDU (Business/Strategic)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】ITプロフェッショナルのためのビジネス思考力養成(入門)~問題解決力とビジネス・コミュニケーションのベースを築く~
コースコード CNC0069A  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 115,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年9月17日(火) ~ 2019年9月18日(水)

新宿LC

  お問い合わせください

2019年11月14日(木) ~ 2019年11月15日(金)

大阪LC

  空席あり

2019年12月12日(木) ~ 2019年12月13日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年1月30日(木) ~ 2020年1月31日(金)

新宿LC

  空席あり

2020年3月5日(木) ~ 2020年3月6日(金)

大阪LC

  空席あり

2020年3月23日(月) ~ 2020年3月24日(火)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・ビジネスに必要な思考力を身につけたいとお考えのITエンジニア、IT業界の営業の方
・仕事の中で、専門知識だけでなく、論理的思考をはじめ、思考力が求められる方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
今日では、ビジネスにおいてITは欠くことができない要素であり、ビジネスモデルの多くは、ITを前提として構築されています。そうした中で、ITエンジニアをはじめとしたITプロフェッショナルには、IT分野の知識・スキルだけでなく、論理的思考力や問題解決力などのビジネススキルが求められます。
本コースでは、ITエンジニアに求められるビジネススキルのうち、問題解決力やビジネス・コミュニケーションのベースとなる思考力の習得、向上を目的としています。具体的には、ビジネスの場面で必要な論理的思考、創造的思考、批判的思考の3つの思考方法を、演習を交えながら、理解し、習得していきます。
学習目標
● ビジネスに必要な3つの思考法について説明できる
● 論理的思考を使って分析ができる
● 創造的思考を使ってアイデアを構想できる
● 批判的思考を使って説得力のある説明ができる
● 3つの思考法の効果的な組み合わせについて説明できる
学習内容
1. ITプロフェッショナルに求められるビジネス思考力
  - ITエンジニアに求められるビジネス思考力
  - ビジネス思考力が求められる背景
  - ビジネス思考力向上のメリット
  - ビジネス思考力を支える3つの思考力

2. 論理的思考(ロジカル・シンキング)
  - 論理的思考が求められる背景
  - 論理的に考えるポイント
  - 前提を踏まえる
  - 手順を決める
  - 小さな要素に分ける
  - 関係を整理する
  - 全体を構造化する
  - 論理的思考に役立つツール

3. 創造的思考(クリエイティブ・シンキング)
  - 創造的思考が求められる背景
  - 創造的に考えるポイント
  - 前提にとらわれない
  - 量にこだわる
  - 発想を広げる
  - 他者から学ぶ
  - 環境を変える
  - 創造的思考に役立つツール

4. 批判的思考(クリティカル・シンキング)
  - 批判的思考が求められる背景
  - 批判的に考えるポイント
  - 前提を疑う
  - 仮説を立てる
  - 代替案を探す
  - 最悪の事態を想定する
  - 優先順位をつける
  - 批判的思考の役立つツール

5. 思考を統合する
  - 3つの思考法を融合する
  - プロセスをデザインする
  - 思考のモードを使い分ける
  - 継続して実践する

実習/演習内容詳細

実習/演習/ デモ内容
【演習】
講義に関連する演習を個人別/グループ別に実施します。
グループ演習としては、以下のものがあります。
1. 問題の分析
2. 解決策の検討
3. 真の問題の発見

ご注意・ご連絡事項

・PMP®継続認定プログラムの要件として、13PDUを申請取得できます。
・リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。