ホーム > IT人材のためのロジカル・シンキング入門 ~仕事で「使える」論理的思考を身に付ける~

IT人材のためのロジカル・シンキング入門 ~仕事で「使える」論理的思考を身に付ける~

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  1日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  55,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+演習 コースコード  BSC0049G
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2022年9月28日(水) ~ 2022年9月28日(水)

オンラインLive

  空席あり

2022年11月7日(月) ~ 2022年11月7日(月)

新宿LC

  空席あり

2022年12月27日(火) ~ 2022年12月27日(火)

オンラインLive

  空席あり

2023年2月10日(金) ~ 2023年2月10日(金)

新宿LC

  空席あり

2023年3月28日(火) ~ 2023年3月28日(火)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

IT現場業務でよくあるケースを題材にした演習を通して、ロジカル・シンキングのスキルを基礎から体験的に学習します。

重要なご連絡・ご確認事項

【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています

会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら


※当コースは、「若手社員のためのロジカル・シンキング入門 ~仕事で「使える」論理的思考を身に付ける~(CNC0021G)」の後継コースです。(2022年1月末で提供を終了しました。)

対象者情報

対象者
・「ロジカル・シンキング」を初めて学ぶ新入社員・若手社員の方
・論理的に考えるスキルを身につけ仕事に活かしたい方
前提条件
□特になし

学習内容の詳細

コース概要
「ロジカル・シンキング」を初めて学ぶ方を対象に、仕事への活用法を学ぶコースです。
議論、問題解決、説明など具体的な活用シーンを想定して演習を行います。
学習目標
このコースを修了すると、受講者は次のことができるようになります
● ロジカル・シンキングが、なぜビジネスに必要か説明できる
● ロジカル・シンキングのための考え方とツールを説明できる
● ロジカル・シンキングを「議論」に活用するポイントを説明できる
● ロジカル・シンキングを「問題解決」に活用するポイントを説明できる
● ロジカル・シンキングを「説明」に活用するポイントを説明できる
学習内容
1. ロジカル・シンキングとは
  - ロジカル・シンキングとは
  - ロジカル・シンキングの必要性
  - ロジカル・シンキングの活用場面

2. ロジカル・シンキングの考え方とツール
  - モレなくダブりなく考える:MECE
  - ロジカル・シンキングのためのツール

3. 「議論」に活かすロジカル・シンキング
  - 議論が行われる場面
  - 議論で陥りやすい問題
  - 適切に議論するためのポイント

4. 「問題解決」に活かすロジカル・シンキング
  - 日常で発生する問題
  - 問題とは
  - 解消できない問題の存在
  - 適切な問題解決のためのポイント

5. 「説明」に活かすロジカル・シンキング
  - 説明が必要な場面
  - 説明で陥りやすい問題
  - 適切に説明するためのポイント

実習/演習内容詳細

演習/デモ内容
講義に関する演習を個人別/グループ別に実施します。

ご注意・ご連絡事項

・リラックスして受講できるように軽装 (カジュアルウェア) でお越しください。
【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。

教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

おすすめのコースフロー図を見る