ホーム > Implementing Cisco SD-WAN Solutions (ENSDWI) v2

Implementing Cisco SD-WAN Solutions (ENSDWI) v2

対応チケット/ポイント等

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
期間  5日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  363,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  CSC0445V

対応チケット/ポイント等

  • 32 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年9月27日(月) ~ 2021年10月1日(金)

オンラインLive

  残りわずか

2022年1月24日(月) ~ 2022年1月28日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

本コースはCisco認定試験 300-415 ENSDWI試験 に対応しています。
(『Implementing Cisco SD-WAN Solutions (SDWAN300) v1』の後継コースとしてリリースされました)
300-415 ENSDWI試験に合格することで、以下のようになります。
・Cisco Certified Specialist - Enterprise SD-WAN Implementation認定を取得できます。
・ENSDWI試験に加えて 350-401 ENCOR試験 に合格することで、CCNP Enterprise認定を取得できます。

重要なご連絡・ご確認事項

【重要】コース参加のための必要準備があります。こちらの内容に従ってお手続きをお願いします。

■Ciscoサイトへのアカウント登録
本コースで利用する電子テキストの閲覧には、Cisco社へ登録したCCOアカウントを使用します。
アカウントがない場合、コース当日にテキストをご覧いただくことが出来ません。
アカウントをお持ちでない方は、こちらを参考に受講時までにご用意ください。


■オンラインで参加される場合
テキスト閲覧、演習環境へのアクセスにGoogle Chromeブラウザを使用します。

【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています


会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。


  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・システム導入担当者
・システムインテグレーター
・システム管理者
・ネットワーク管理者
・ソリューションデザイナー
・保有中のシスコ認定をCE (継続教育)プログラムで更新予定の方
・CCNP Enterprise認定取得を計画されている方
・CCIE Enterprise Infrastructure認定取得を計画されている方
前提条件
□Cisco SD-WAN Operation and Deployment (SDWFND/旧:ENSDW) コース修了程度の知識とご経験
□大規模なライブネットワークの展開に適した、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の概念に関する知識
□エンタープライズWAN設計に関する深い理解
□内部ルーティングプロトコル操作と外部ルーティングプロトコル操作の両方を含む、ルーティングプロトコル操作に関する深い理解
□トランスポート層セキュリティ(TLS)及びIPセキュリティ(IPsec)に関する知識

学習内容の詳細

コース概要
このコースは、レガシーWANからSD-WANへの移行方法など、大規模ネットワークでのCisco SD-WANソリューションの設計、展開、構成、及び管理に必要なスキルについて、またデータセンターとブランチでルーティングプロトコルを構成するためのベストプラクティスと、高度な制御、データ、及びアプリケーション対応のポリシーを実装する方法を学習します。
その他、Cisco SD-WANの導入と以降のオプション、コントローラの配置、エッジデバイスの導入と交換の方法、マルチキャストとQoS、及びダイレクトインターネットアクセス(DIA)ブレークアウトの設定方法や、アプリケーション対応のエンタープライズファイアウォール、IPS、URLフィルタリング、AMP、SSL/TLSプロキシ、Umbrella Secure Internet Gateway(SIG)など、Cisco SD-WANセキュリティオプションとして利用可能な様々な要素について説明します。
このコースの前提知識として、SDWFND/旧:ENSDWコースへのご参加、あるいは同等の知識をお持ちであることが必須です。
学習目標
・Cisco SD-WANソリューションと、従来のWANとSD-WANで動作モードがどのように異なるかを説明する
・CiscoSD-WANクラウドおよびオンプレミス展開のオプションについて説明する
・WANエッジデバイスを展開する方法を説明する
・ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)プロセスを確認し、オンプレミス展開の技術的な詳細を調べる
・デバイス構成テンプレートを確認し、デバイス構成テンプレートの新機能について説明する
・スケーラビリティ、高可用性、および冗長性を提供するためのオプションを説明する
・動的ルーティングプロトコルがSD-WAN環境で、サービス側とトランスポート側でどのように展開されるかを説明する
・Cisco SD-WANポリシーの概念を説明する
・カスタムトポロジやサービス挿入のポリシーなど、高度な制御ポリシーを定義して実装する
・トラフィックエンジニアリングやQoSのポリシーなど、高度なデータポリシーを特定して実装する
・アプリケーション対応ルーティング(AAR)ポリシーを定義して実装する
・DIAおよびCiscoSD-WANクラウドOnRampオプションを実装する
・CiscoSD-WANセキュリティコンポーネントと統合について説明する
・純粋なハイブリッドCiscoSD-WANソリューションを設計する方法、およびCiscoSD-WANへの移行を実行する方法を説明する
・モニタリング、レポート、ロギング、トラブルシューティング、アップグレードなど、Cisco SD-WANDay-2の運用について説明する
・マルチキャストに対するCiscoSD-WANのサポートについて説明する
学習内容
1. Cisco SD-WANアーキテクチャの調査
2. Cisco SD-WAN展開オプションの調査
3. WANエッジデバイスの展開
4. ZTP及びPnPを使用したWANエッジデバイスのオンボーディング
5. デバイス構成テンプレートの使用
6. 冗長性、高可用性、及びスケーラビリティの調査
7. サービス側及びトランスポート側のルーティングの有効化
8. Cisco SD-WANポリシー設定の基本を理解する
9. 高度な制御ポリシーの定義
10. 高度なデータポリシーの定義
11. AARの実装
12. ダイレクトインターネットアクセスとクラウド展開オプションの調査
13. Cisco SD-WANセキュリティの調査
14. Cisco SD-WANの設計と移行
15. Cisco SD-WANネットワーク管理の実行とトラブルシューティング
16. Cisco SD-WANマルチキャストサポートの調査

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
シスコ社提供のリモートラボを使用
演習/デモ内容
1. Cisco SD-WANコントローラを導入する
2. ZTPを使用してWANエッジルーターを追加する
3. 設定テンプレートを使用してCisco SD-WANデバイスを展開する
4. Cisco SD-WANコントローラアフィニティを設定する
5. サービス側ルーティングの実装
6. TLOC拡張機能の実装
7. 制御ポリシーの実装
8. データポリシーの実装
9. アプリケーション対応ルーティングの実装
10. ブランチ及びリージョナルインターネットブレイクアウトの実装
11. アプリケーションファイアウォールの構成
12. ブランチサイトの移行
13. Cisco SD-WANソフトウェアのアップグレードを実行する

関連試験や資格との関連

シスコ技術者認定試験 300-415 ENSDWI

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

・講習会開催日の30日前にあたる営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)以降は、無償キャンセル・日程変更はお受けできませんので、十分にご注意ください。
・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
・内容は変更される可能性があります。
・テキストは英語、講義は日本語で行います。英語テキストは翻訳ツールを使って閲覧します。
・テキスト閲覧、演習環境へのアクセスにGoogle Chromeブラウザを使用します。
【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。