ホーム > Javaによるデータ構造とアルゴリズム

Javaによるデータ構造とアルゴリズム

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル Javaによるデータ構造とアルゴリズム
コースコード JAC0080G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:00 価格(税抜) 68,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年7月18日(木) ~ 2019年7月19日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年8月5日(月) ~ 2019年8月6日(火)

名古屋LC

  空席あり

2019年8月29日(木) ~ 2019年8月30日(金)

大阪LC

  空席あり

2019年9月9日(月) ~ 2019年9月10日(火)

新宿LC

  空席あり

2019年10月7日(月) ~ 2019年10月8日(火)

新宿LC

  空席あり

2019年10月28日(月) ~ 2019年10月29日(火)

大阪LC

  空席あり

2019年12月5日(木) ~ 2019年12月6日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

対象者情報

対象者
・プログラミング言語にはじめて触れる方
・データ構造とアルゴリズムをプログラミング言語を用いて体験し理解したい方
・これからJavaによるシステム開発に携わる方
・開発環境にEclipseを導入したい方
前提条件
□フォルダ(ディレクトリ)やファイルの概念を理解している
□Windowsの基本操作(アプリケーションの起動、ファイルの作成・コピー・移動・削除など)ができる
□フローチャートが読める

学習内容の詳細

コース概要
プログラミング言語にはじめて触れる方を対象に、Java言語を用いてデータ構造やアルゴリズムを学習します。
また、Javaの統合開発環境として広く利用されているEclipseの使い方も学習します。
ただし、オブジェクト指向についてはこのコースでは触れません。
学習目標
● Javaのプログラムをコンパイル・実行できる。
● 変数を利用したプログラムを作成できる。
● 分岐や繰り返しを用いたプログラムを作成できる。
● 配列を利用したプログラムを作成できる。
● メソッドを定義し、利用することができる。
学習内容
1. Java概要
  - Javaの特長
  - Javaの環境
  - プログラミングの手順

2. Javaプログラムの構造
  - Javaプログラムの基本構造
  - 命名規約と予約語
  - 変数とデータ型
  - リテラルと定数
  - 式と演算子
  - データ型の変換
  - 演算子の優先順位と結合規則


3. 制御文
  - 基本制御構造
  - 分岐
  - 繰り返し
  - スコープ
  - 制御構造の応用

4. 配列
  - 配列とは
  - 配列と繰り返し
  - 配列変数への代入
  - 多次元配列

5. メソッド
  - メソッドとは
  - メソッドの呼び出し
  - メソッドの定義
  - オーバーロード
  - 値渡しと参照渡し

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Java SE 8以降
Eclipse 2018-12以降
※ ソフトウェアのバージョンは変更になることがあります。
実習/演習/ デモ内容
講義と演習を交互に繰り返すことにより、実際に手を動かしながらプログラミングの基礎を習得していきます。

ご注意・ご連絡事項

・ソフトウェアのバージョンは変更される可能性があります。
・ファイルのお持ち帰りについて
環境構築に使用したファイルや演習ファイルをお持ち帰りいただくことができます。
ご希望の方は、ご受講の際にUSBフラッシュメモリやポータブルHDなどをお持ちください。
・「Javaによるデータ構造とアルゴリズム(PR0076CG)」の改訂版コースです。

受講者の声

『今回はJavaの基本的な部分の研修でしたが、いろいろ忘れがちではあるが重要な箇所をしっかり強調して講義をすすめてくださったおかげで、基本をしっかり押さえることができました。安心して来週受講するオブジェクトの講義にすすめます。2日間ありがとうございました。』
『分かりやすい例え話でプログラムの構造等を説明してくださったので、難しいと感じていた部分も理解できました。』