ホーム > C#によるオブジェクト指向プログラミング

C#によるオブジェクト指向プログラミング

  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル C#によるオブジェクト指向プログラミング
コースコード MSC0591G  
コース種別 集合研修 形式 講義+実機演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税込) 132,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2021年3月10日(水) ~ 2021年3月11日(木)

オンラインLive

  残りわずか

実施確定

2021年6月10日(木) ~ 2021年6月11日(金)

オンラインLive

  空席あり

2021年8月26日(木) ~ 2021年8月27日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

C#によるオブジェクト指向プログラミングの基礎と、ジェネリックやラムダなどの最新言語仕様に関して学習したい方にお奨めです。

重要なご連絡・ご確認事項

・オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。

【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています


会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。


  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・C#でアプリケーションを開発される方
・オブジェクト指向の概念を学びたい方
・C#を用いてオブジェクト指向のメリットを理解したい方
・C#を用いてオブジェクト指向的なプログラミングスタイルを身につけたい方
前提条件
□C#の基本文法を理解している
□Microsoft Visual Studioの基本操作ができる
□あるいは以下のコースを受講済みか同程度知識があること

-「C#によるデータ構造とアルゴリズム(MSC0590G)」

学習内容の詳細

コース概要
このコースはオブジェクト指向の重要概念(カプセル化、継承、ポリモーフィズム、インターフェイス)を理解し、C#で実現する方法を学習します。それによりオブジェクト指向のメリットを体感し、理解します。また、Visual Studio 2019 に至るバージョンアップの過程でC#に施された言語仕様の拡張(ジェネリック、ラムダなど)を有効活用し、保守性、拡張性が高く効率的なコーディングを可能にする実装方法について学習します。
学習目標
● 基本クラスを継承する派生クラスを定義する
● 抽象クラスを定義する
● インターフェイスを実装する
● オーバーライドによるポリモーフィズムを実装する
● ジェネリックを活用し、クラス定義を効率化する
● デリゲートとラムダを活用し、コード定義を効率化する
学習内容
1. オブジェクト指向概要
 - オブジェクト指向とは
 - オブジェクト指向の利点
 - オブジェクト指向の重要概念

2. クラスとインスタンス
 - クラスの定義
 - インスタンスの生成
 - インスタンスの利用
 - 静的メンバ
 -【参考】列挙型と構造体

3. カプセル化
 - カプセル化の利点
 - フィールドのカプセル化
 - メソッドのカプセル化
 - クラスのカプセル化
 - アクセス制御
 -【参考】ジェネリック型
 - 部分クラス

4. 継承とポリモーフィズム
 - 継承の利点
 - 継承時のコンストラクタの動作
 - メソッドのオーバーライド
 - System.Object クラス
 - 抽象クラス
 - インターフェイス
 - ポリモーフィズムの利点
 - オーバーライドによるポリモーフィズム
 - 参照の代入とキャスト

5. クラスライブラリ
 - クラスライブラリの利用
 - 名前空間の定義
 - クラスライブラリの作成

6. デリゲートとラムダ
 - ローカル変数の型推論
 - オブジェクト初期化子
 - 匿名型
 - 自動実装プロパティ
 -【参考】タプル型
 -【参考】デリゲート
 -【参考】カスタムイベント
 -【参考】匿名メソッドとラムダ式

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Visual Studio 2019
Microsoft .NET Frameowrk 4.7.2
実習/演習/ デモ内容
演習 1 クラスとインスタンス
- 携帯電話クラスの作成
- 携帯電話を使う

演習 2 カプセル化
- フィールドのカプセル化
- インスタンスを操作する

演習 3 継承(その1)
- 携帯電話クラスを拡張する
- インスタンスを操作する

演習 4 継承(その2)
- インタフェースを定義する
- カメラ機能付き携帯電話を定義する
- ToStringメソッドをオーバーライドする
- インスタンスを操作する

演習 5 ポリモーフィズム
- 携帯電話屋クラスを定義する
- インスタンスを取得して操作する

演習 6 クラスライブラリの作成と利用
- クラスライブラリプロジェクトを作成する
- 簡単日付時計クラスを定義する
- 携帯電話クラスに日付時刻の表示機能を、SimpleClockクラスを利用して実装する
- インスタンスを取得して操作する

演習 7 カスタムイベントの作成と利用
- 時計クラスを拡張する
- 携帯電話クラスにアラーム機能を追加する
- 携帯電話クラスにアラームを設定する

ご注意・ご連絡事項

・オンラインで参加する際、演習環境にはGoogle Chromeでアクセスしてください。
・コースの内容は変更される可能性があります。最新情報は本Webページにてご確認ください。

受講者の声

『休憩を適宜取ることができ、集中して取り組むことができました。 講師の方の説明も非常に分かりやすく、進むペースもちょうど良いと感じました。 2日間ありがとうございました。』