ホーム > 【PDU対象】ソフトウェア品質管理 ~品質向上のための基礎知識~

【PDU対象】ソフトウェア品質管理 ~品質向上のための基礎知識~

  • Select6
    Select6
  • 14 PDU (Technical)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】ソフトウェア品質管理 ~品質向上のための基礎知識~
コースコード SWC0009G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 95,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2018年8月29日(水) ~ 2018年8月30日(木)

新宿LC

  空席あり

2018年10月24日(水) ~ 2018年10月25日(木)

新宿LC

  空席あり

2018年12月12日(水) ~ 2018年12月13日(木)

新宿LC

  空席あり

2019年1月30日(水) ~ 2019年1月31日(木)

新宿LC

  空席あり

2019年3月13日(水) ~ 2019年3月14日(木)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

■■早割キャンペーン対象コース■■
10月末までのお申し込みで、対象コースが10% OFF !
170コースからお好きな組み合わせでご受講いただけます。



ソフトウェアの品質向上・品質確保をお考えの方に最適のコースです。


対象者情報

対象者
・ソフトウェアの品質活動に関与する方
前提条件
□ソフトウェア開発プロジェクトに何らかの形で関与したことがある方

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、ソフトウェア開発に携わるすべての方を対象として、品質状況の判定や品質確保・向上のための考慮点など、ソフトウェアの品質管理において身につけておくべき基礎知識を習得します。
学習目標
● 品質管理とはどのようなことをするのかを説明できる
● 品質状況を判断し対策案を挙げることができる
● 品質向上のための考慮点を具体的に挙げることができる
学習内容
1. 品質とは

2. 品質管理とは

3. 品質計画

4. 品質保証

5. 品質コントロール

6. レビューによる検査

7. テストによる検査

8. 品質判定

9. 品質向上の取り組み

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
Microsoft Excel(※ソルバーアドインを使用)
実習/演習/ デモ内容
Lab 1. 品質コストの算出
Lab 2. 品質指標を利用した見積り
Lab 3. QC7つ道具の実際的な使用方法(層別、散布図、管理図)
Lab 4. 品質状況の分析と対策立案
Lab 5. バグ曲線の作成(計画段階、途中段階)

ご注意・ご連絡事項

・本コースは、2012年7月以降の開催分からコース名称を「実践 品質管理~プロジェクトを成功に導く品質マネジメント~」から変更してご提供しているものです。研修内容に変更はございません。
・PMP®継続認定プログラムの要件として、14PDUを申請取得できます。
・演習で配布した電子ファイルをお持ち帰り頂けます。USBメモリ等記憶メディアをご持参ください。
・本コースと「ソフトウェアエンジニアのための品質管理」(SW0031CG)は、研修内容が一部重複しています。内容をご確認の上お申し込みください。

受講者の声

『理屈を説明するだけでなく、経験談やご自身の意見を交えて説明頂けたのが大変良かったです。また講習会の内容以外のことでも積極的に質問に対応頂けました。ありがとうございました。』
『テキストの内容だけでなく、体験談を織り交ぜて説明していただいたことで、内容の理解が深まった。』
『品質管理の活動については、データの収集・蓄積と試行錯誤が重要であることがわかった。今後、業務に活かすべく、学習内容を振り返りたいと思う。』