ホーム > DiSC (行動スタイル分析)ベーシック編 ~自己理解・他社理解・他者適応、自分の行動スタイルを知り関係構築に活かす~

DiSC (行動スタイル分析)ベーシック編 ~自己理解・他社理解・他者適応、自分の行動スタイルを知り関係構築に活かす~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • Select6
    Select6

コース基本情報

コースタイトル DiSC (行動スタイル分析)ベーシック編 ~自己理解・他社理解・他者適応、自分の行動スタイルを知り関係構築に活かす~
コースコード PMC0157G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 1日間 時間 9:30~17:00 価格(税込) 66,000円(税込)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2020年12月21日(月) ~ 2020年12月21日(月)

新宿LC

  空席あり

2021年3月29日(月) ~ 2021年3月29日(月)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

多様な価値観、行動スタイルのメンバーが集まったチームを、成果が出るチームに成長させるために、まずはメンバー間の信頼関係構築が必要です。効果的なチームビルディングの土台となる、自己理解、他者理解、他者適応の基礎を学べるコースです。

重要なご連絡・ご確認事項

DiSC® アセスメントは診断テストではなく、職場における行動スタイルの分析ツールです。あなた自身そして他者を理解するためのシンプルな枠組みを提供し、コミュニケーションの「共通言語」として機能します。 DiSC® を効果的に活用することで、以下の効果が得られます。 ・チームに共通言語を提供し、相互理解を促します ・会話やチームビルディングの出発点として機能します ・職場のコミュニケーションを改善します ・これまでどうしても理解できなかった人を理解する助けとなります ・コンフリクトを減らし、お互いの誤解を防止します ・顧客のニーズに合わせて、アプローチを調整できるようになります ・部下をより効果的に育成する手がかりになります ・「DiSC®」、「Everything DiSC®」は米国John Wiley & Sons社の登録商標です。 ・日本語版開発及び、総販売代理権はHRD株式会社が所有しています。

対象者情報

対象者
・業務経験3年以上のメンバー
・後輩を指導する立場にある方
・プロジェクトマネージャやプロジェクトリーダーなど、チームやメンバを育成する立場にある方
・あらゆるチームのリーダー、もしくは、これからリーダーになる方
前提条件
事前課題として、DiSC行動スタイルのアセスメントを実施し、アセスメント結果を印刷して読み込んでから受講いただく必要があります。
コース受講時には、印刷したアセスメント結果を持参していただく必要があります。

学習内容の詳細

コース概要
自分のリーダーシップを強化する土台として、コース受講前に自分の行動スタイルについてアセスメントを実施します。
コースでは、個人別のアセスメント結果を参照しながら、自己理解、他者理解、他者適応の基礎を学びます。
自分の行動スタイルと、他者の行動スタイルの特徴を把握し、相手と良好な関係を築くために、どのようなアプローチが効果的なのかを体験するコースです。
学習目標
自己理解
自分の行動スタイルを特定し、行動の動機となる優先事項を確認する

他者理解
自分と異なる行動スタイルの人に対するあなたの反応を理解し、一緒に働く人を理解するために行動スタイルを応用する

他者適応
職場でより効果的な人間関係を築くために、行動スタイルを活用する
学習内容
モジュール1: 自分の行動スタイルを知る
 自分の行動スタイルを特定し、行動の動機となる優先事項を確認する
 各スタイル間の類似点や相違点を理解する

演習
参加者は各スタイルを紹介する映像を見て、自分の行動スタイル、優先事項が自分の行動にどう影響するか、何が動機づけになり、何がストレスになるかを学びます。

モジュール2: 他のスタイルを理解する
 自分と異なる行動スタイルの人に対するあなたの反応を理解する
 各スタイルの人と働く際に、自分にとって役立つことと課題となることを特定する
 一緒に働く人を理解するために行動スタイルを応用する

演習
 参加者は4人の行動スタイルの違う登場人物に関する映像を見て、彼らと共に働くことで得られる利点と課題点について話し合います。
 参加者は、行動スタイル別にグループに分かれ、自分たちとは対照的な行動スタイルを持つ登場人物について、共に働く際に難しい点と理解できる点を話し合います。

モジュール3: より効果的な人間関係を築く
 他の人から、人との違いに適応する方法を学ぶ
 職場でより効果的な人間関係を築くために、行動スタイルを活用する
 より効果的な人間関係を築くための行動計画を立てる

演習
 参加者は、各行動スタイルの人と働く際の課題と、その対応策について語る4名の登場人物の映像を見ます。
そして、特定のスタイルの人とより効果的な人間関係を築くための対応策を考え行動計画を立てます。

講師からのメッセージ

インストラクター
行動スタイルのアセスメントを実施し、信頼できるデータにもとづいて、自己理解、他者理解、他者適応の演習を行います。 演習を通じて、自分とは違う行動スタイルの受講者と会話し、気づきを共有することで、職場のチームの良好な人間関係を築くためのヒントが得られます。