ホーム > Cisco SD-WAN Operation and Deployment (SDWFND) v2

Cisco SD-WAN Operation and Deployment (SDWFND) v2


期間  2日間 時間  9:30~17:00
価格(税込)  220,000円(税込) 主催  トレノケート
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  CSC0456V

対応チケット/ポイント等

  • 12 CEクレジット
    Cisco継続教育プログラム対応クレジット数
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2024年5月13日(月) ~ 2024年5月14日(火)

オンラインLive

  空席あり

2024年6月13日(木) ~ 2024年6月14日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年7月16日(火) ~ 2024年7月17日(水)

オンラインLive

  空席あり

2024年9月19日(木) ~ 2024年9月20日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年11月21日(木) ~ 2024年11月22日(金)

オンラインLive

  空席あり

2024年12月12日(木) ~ 2024年12月13日(金)

オンラインLive

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ お申込期日が過ぎた日程は、「お問い合わせください」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。
お申込みに関するお問い合わせはこちらから

ワンポイントアドバイス

コース略称が"ENSDW"から"SDWFND"へ変更となりました。内容に変更はございません。

Cisco SD-WANソリューションは、企業のデジタルおよびクラウド変革を促進する、クラウド提供型のオーバーレイWANアーキテクチャです。
Cisco SD-WANは、WANコストと新サービス導入までの時間を大幅に削減する他、ハイブリッドネットワークに欠かせない堅牢なセキュリティアーキテクチャを構築し、データセンター、支店、キャンパス、コロケーション施設にまたがる強力なポリシーフレームワークを提供できます。

重要なご連絡・ご確認事項

【重要】コース参加のための必要準備があります。こちらの内容に従ってお手続きをお願いします。

■Ciscoサイトへのアカウント登録
本コースで利用する電子テキストの閲覧には、Cisco社へ登録したシスコアカウントを使用します。
アカウントがない場合、コース当日にテキストをご覧いただくことが出来ません。
アカウントをお持ちでない方は、こちらを参考に受講時までにご用意ください。


■オンラインで参加される場合
テキスト閲覧、演習環境へのアクセスにGoogle Chromeブラウザを使用します。

【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています


会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、PCやタブレット等を通してオンラインでご参加いただけます。


  • オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
  • 教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。

★オンラインLiveトレーニングの詳細はこちら

対象者情報

対象者
・企業ネットワークの設計担当者、導入担当者
・システムインテグレーター
・システム管理者
・ネットワーク管理者
・ソリューションデザイナー
前提条件
以下の項目を満たしている方
□企業ネットワークにおいてWAN設計を理解、説明できる
□IGPおよびEGP(BGP)のルーティングプロトコル動作を理解している
□TLS(Transport Layer Security)およびIPsecを理解している

あるいは以下のコースを受講済みの方
□Implementing and Administering Cisco Solutions (CCNA)
□Implementing and Operating Cisco Enterprise Network Core Technologies (ENCOR)

学習内容の詳細

コース概要
このコースでは、Cisco SD-WAN(Software-Defined WAN) ソリューションと vManage、vSmart、vBond などの SD-WAN コンポーネントについて包括的に説明します。
Viptela とIOS XE Cisco SD-WAN 製品を使用して、安全でプログラマブル、かつスケーラブルな SD-WAN ファブリックを作成、管理、運用する方法を学びます。
Cisco vManage 管理コンソールを使用して、SD-WAN ネットワーク全体のオーバーレイルーティングを設定、運用、監視する方法を学びます。
さらに、SD-WAN オーバーレイネットワークにおけるデータポリシーやコントロールポリシー、QoS の展開について学び、スピード、セキュリティ、パフォーマンスを向上させます。
学習目標
・Cisco SD-WAN ソリューションのさまざまなネットワーク要素を特定する
・WAN エッジルーターを導入する
・Cisco SD-WAN ネットワークの展開と運用を支援するテンプレートを作成する
・Cisco SD-WAN オーバーレイルーティングを設定し検証する
・Cisco SD-WAN ファブリックを通過するトラフィックフローを制御するためのシンプルなポリシーを作成する
学習内容
1. Cisco SD-WAN ソリューションの構成要素
 - Cisco SD-WAN ソリューションの概要
 - Cisco SD-WAN の構成要素
 - Cisco SD-WAN コンポーネントの管理

2. Cisco SD-WAN ネットワークデプロイメント
 - セキュアなコントロールプレーンの運用
 - セキュアなデバイスオンボーディング
 - セキュアなデータプレーンの運用
 - サイトの冗長化

3. Cisco SD-WAN の構成管理
 - Configuratin Management の概要
 - デバイスと機能のテンプレート
 - Configuration Group と Feature Profile
 - Device Configuration を展開する

4. Cisco SD-WAN Overlay Routing
 - Overlay Routing の概要
 - OMP ルートアドバタイズメント
 - OMP のルート再配送とネットワークセグメンテーション
 - Overlay Routing の設定と検証

5. Cisco SD-WAN ポリシー
 - ポリシーの概要とフレームワーク
 - vSmart Policy の運用と構築
 - フォワーディングと QoS の概要
 - Application Quality of Experience の概要
 - Direct Internet Access の導入

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
Cisco vManager
Cisco vBond オーケストレータ
Cisco vSmart コントローラ
Cisco vEdge クラウドルータ
CSR 1000v クラウドサービスルータ
Catalyst 8000v ルータ
Linux - 証明機関(CA)、ホスト
演習/デモ内容
1. Cisco SD-WAN コンポーネントの管理・監視
- Cisco vManage Main Dashboard へのアクセス
- vSmart デバイスの詳細の表示と監視
- WAN Edge デバイスの詳細の表示と監視
- vBond デバイスの詳細の表示と監視

2. Cisco SD-WAN Edge Router の導入と検証
- WAN Edge Router のシステムパラメータとインターフェイスの設定および検証
- エンタープライズルート証明書チェーンのインストールと検証
- WAN Edge Router の登録とアクティベート
- デプロイメントに関する問題のトラブルシュート

3. Cisco SD-WAN エッジ構成の導入
- 現在のデバイス構成と既存の構成グループの確認
- Configuration Group のセットアップ
- SD-WAN Edge Router の提供

4. Cisco SD-WAN Overlay Routing の実装
- 現在の Overlay Routing の運用の見直し
- サービス VPN の構成
- サービス VPN ルーティングの設定
- Overlay Routing の動作の解析

5. Cisco SD-WAN ポリシーの導入
- 一元的なポリシーの構築
- ポリシーのアクティベートと展開
- ポリシーの検証およびトラブルシューティング

コース関連付加情報

ご注意・ご連絡事項

・講習会開催日の18日前にあたる営業日(当該日が当社休業日の場合は、直前の営業日)以降は、無償キャンセル・日程変更はお受けできませんので、十分にご注意ください。
・本コースの受講証明書は、シスコ社より発行されます(発行基準 100%の出席)。
・テキストは英語、講義は日本語で行います。英語テキストは翻訳ツールを使って閲覧します。
・テキスト閲覧、演習環境へのアクセスにGoogle Chromeブラウザを使用します。
【本コースはオンライン対応です】※一部日程をオンラインで開催しています
会場が「オンラインLive」または「教室Live配信」の日程は、オンラインでご参加いただけます。
オンラインLive:受講者の方はオンラインのみとなります。
教室Live配信:教室・オンラインから受講される方が混在します。