ホーム > CI614-H SharePoint & Power Apps & Power Automate 実践ラボ

CI614-H SharePoint & Power Apps & Power Automate 実践ラボ

期間  1日間 時間  10:00~17:00
価格(税込)  110,000円(税込) 主催  株式会社イルミネート・ジャパン
コース種別  集合研修  
形式  講義+実機演習 コースコード  MSC0694R
コース日程が決定次第、ご案内いたします。マイページ会員様は「お気に入り」にご登録いただければ、日程が公開された際にメールで通知が届きます。
詳しくはお問い合わせください。

ワンポイントアドバイス

人材開発支援助成金を申請予定の場合、担当営業もしくはWebにご相談ください。


※ ​前提知識の習得には、 「CI631-H Sh​arePoint Online サイト構築 基礎​​​​」もしくは 「CI613-H PowerApps と Flow による Office 365 活用」 がおすすめです。

対象者情報

対象者
・SharePoint サイト構築担当者
・情報システム部門の IT 技術者
前提条件
□SharePoint サイト構築を行うための基本スキルをお持ちの方 (サイトの作成、リスト・ライブラリの設定、アクセス権の設定など)
□Power Apps でキャンバスアプリを作成する基本操作 (作成経験があるとなおよい)

学習内容の詳細

コース概要
Power Apps ではモバイル 対応のアプリを作成する機能に加えて、SharePoint のリスト フォームを編集できる機能が提供されています。SharePoint Online のリストを活用する際に、フォームを編集したいニーズは多いといえるのではないでしょうか。しかし、Power Apps の基本を理解した方であっても、実際に作成しようとすると、自分が行いたいことが Power Apps でどのように設定すべきか設計が難しいという声をよく聞きます。本実践ラボでは、Power Apps の基本をご存知の方を対象に、実際にフォームを作成する際によくある疑問点をあげつつ、実践的なテクニック、Tips を解説します。また承認機能を Power Automate でフロー作成し、作成したフォームと連携する方法も解説します。

※ 実践ラボシリーズのコースは、基礎的な内容、操作手順に関する解説は行いません。詳細な手順書はなくテーマに沿って実践的な構築作業や考察作業を講師とともに行います。前提知識をご確認の上、お申込みください。
学習目標
● オンプレミスとクラウドでの IT インフラ管理の違いについて理解する
● オンプレミスのサーバーを利用せずに企業の IT インフラを実装・運用できる
● キッティング作業をクラウドベースでできる
学習内容
ラボで作成する内容確認
「QA 管理」や「社内イベント申込管理」、「申請フォーム」を題材に、ラボで作成する内容の全体像を確認します。

ラボ: 全体の設計

ラボ: SharePoint リストの準備

ラボ: Power Apps でのフォーム作成

ラボ: Power Automate でのフロー作成

ラボ: フォームとフローの連携

考察: その他 設定バリエーションや構築手法、利用/展開時の注意点

※ コース内容やラボ内容は予告なしに変更される可能性がございます。

実習/演習内容詳細

ソフトウェア
ハードウェア
SharePoint Online、Office 365 で利用できる Power Apps、Power Automate

ご注意・ご連絡事項

・株式会社イルミネート・ジャパン開催コースの受講お申し込みは2営業日前までとなります。
・受講者変更は前営業日まで、日程変更・キャンセルのお申し出はコース開始日の16日前までとさせていただきます。
・日程変更は同一コースにつき一回限りです。
なお、キャンセル料の扱いは以下のとおりです。
・コース開始日の15日前~9日前のキャンセル:受講料の半額をご請求
・コース開始日の8日前~当日のキャンセル:受講料の全額をご請求
・日程変更後のキャンセル:お申し出日に関わらず受講料の全額をご請求

講師からのメッセージ

インストラクター
SharePoint Online と Power Apps、Power Automate を組み合わせたアプリを作成したい際に、それぞれの基本を理解されていたとしても、どのようにそれぞれをつなげるべきか、どの機能を利用して設定すべきかなど、最初はどのように構築すべきかなかなかわからないという声から生まれた実践ラボです。基本を理解しており、基本コースへの参加は躊躇される方や、基本コースの受講後に実践的な構築を体験したいという方におすすめです。ラボ内容では、直近で講師が実案件で対応した経験をもとに実践的な題材を用意します。