ホーム > 【PDU対象】プロジェクト・マネジャーのためのリスク・マネジメント ~プロアクティブな対処でプロジェクトを成功に導く~

【PDU対象】プロジェクト・マネジャーのためのリスク・マネジメント ~プロアクティブな対処でプロジェクトを成功に導く~

  • New!
    新規コース(過去6ヶ月)
  • Select6
    Select6
  • PMP®事前学習時間 14時間
    PMP®受験前提として参入可能時間
  • 14 PDU (Technical)
    PDU対象コース

コース基本情報

コースタイトル 【PDU対象】プロジェクト・マネジャーのためのリスク・マネジメント ~プロアクティブな対処でプロジェクトを成功に導く~
コースコード PMC0152G  
コース種別 集合研修 形式 講義+演習
期間 2日間 時間 9:30~17:30 価格(税抜) 100,000円(税抜)
主催 トレノケート
日程 会場 空席状況 実施状況 選択

2019年2月25日(月) ~ 2019年2月26日(火)

新宿LC

  空席あり

実施確定

2019年3月11日(月) ~ 2019年3月12日(火)

大阪LC

  空席あり

2019年5月7日(火) ~ 2019年5月8日(水)

大阪LC

  空席あり

2019年5月20日(月) ~ 2019年5月21日(火)

名古屋LC

  空席あり

2019年5月27日(月) ~ 2019年5月28日(火)

新宿LC

  空席あり

2019年6月27日(木) ~ 2019年6月28日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年7月1日(月) ~ 2019年7月2日(火)

大阪LC

  空席あり

2019年7月8日(月) ~ 2019年7月9日(火)

名古屋LC

  空席あり

2019年7月25日(木) ~ 2019年7月26日(金)

新宿LC

  空席あり

2019年9月5日(木) ~ 2019年9月6日(金)

新宿LC

  空席あり

※「キャンセル待ち」でお申し込みの方には、別途メールにてご連絡いたします。
※「実施確定」表示のない日程は、お申し込み状況により開催中止になる場合がございます。
※ トレノケート主催コース以外の空席状況は、残席数に関わらず「お申し込み後確認」と表示されます。
※ トレノケート主催コース以外では、主催会社のお席を確保した後に受付確定となります。

詳しくはお問い合わせください。

ワンポイント

プロジェクトマネジメントはリスク・マネジメントと言っても過言ではありません。PMBOK® Guideをベースとしたリスク・マネジメントを学習します。

対象者情報

対象者
・プロジェクト・マネジャーおよびプロジェクトに参加するメンバー
前提条件
□「プロジェクトマネジメント(前編)」(PMC0132G)、「プロジェクトマネジメント(後編)」(PMC0133G)を受講済み、または同等の知識があり、できればプロジェクト管理の実務経験がある方

学習内容の詳細

コース概要
プロジェクトは、定められた期間に独自の成果を達成するための活動であり、一般の定常業務にはない不確定な要素が多く含まれます。これらの不確定な要素はリスクとしてプロジェクトの成功に大きな影響を与えます。リスク・マネジメントのスキルは、プロジェクトマネジャーにとってはもちろん、エンジニア等の専門職、また一般管理職にとっても非常に重要なスキルです。
このコースでは、講義と演習を通して、リスク・マネジメントとプロジェクト・マネジメントを統合できるスキルを身に付けることを目指します。
学習目標
実践的なリスク・マネジメントの手法を習得することを目指します。コースを修了すると次のことができるようになります
● リスク・マネジメントの必要性を理解する
● リスク・マネジメント計画を立案できる
● リスクを特定し適切に表現できる
● 代表的な分析手法を使用しリスクを評価できる
● 優先順位に基づきリスク対応計画を立案できる
● プロジェクト実行中に、リスクを効果的に監視しコントロールできる
● リスク・マネジメント活動を振り返り、次のプロジェクトに活かすことができる
学習内容
1. プロジェクトにおけるリスク・マネジメント

2. リスク・マネジメントの計画

3. リスクの特定

4. リスクの分析

5. リスク対応の計画

6. リスク対応策の実行、リスクの監視

7. まとめ

実習/演習内容詳細

ソフトウェア/ハードウェア
なし
実習/演習/ デモ内容
プロジェクトの事例について、グループで以下の演習を行います
1.リスク・マネジメント計画書を作成します
2.リスクの特定をし、リスク登録簿を作成します
3.リスク分析を行い、優先順位を決定します
4.リスク対応策を設定します
5.プロジェクト状況をもとにリスク・マネジメント全体を振り返ります

関連試験や資格との関連

PMI認定試験との関係 PMP®継続認定プログラムの要件として、14PDUを申請取得できます
PMI認定試験との関係 PMP®受験前提のための受講時間として、14時間算入できます